「求めるものが見つかるまで」の危うさ

 ネットで人と話がかみ合わないなと、思うことはたびたびある。話が合おうと合うまいと、誰しも学業やビジネスなどで頻繁に顔を合わせる関係でもなければ、実害がないものだろう。たいていは放置だが、たまには「ちょっとコメントをしてみようか」と思うこともあり、そんなときにあらためて驚かされる。
 立場や考え方の基本が違うと、こうも話が合わないのかと、何度目かわからないほどの衝撃を受けそうになり、深く考えないようにして、そっとその場を去る。

 たとえば先日、クラウドファンディングで資金が貯まったら全国で花火を上げたいという秋田県の団体(日本の花火「エールプロジェクト」の話が、英語の記事で紹介されていたときのことだ。6月1日にすでに実現していた全国の花火(5分程度の詳細は非公開なサプライズ企画 Cheer Up! 花火プロジェクト)がネットで話題になってすぐだったと思う。

 日本にお住まいもしくは関心のある外国人が英語で参加していた場をちらちら読んでいると、割合としてはごく少ないのだが、カネの無駄だと熱く語る人が何人かいた。どうも、全国の花火に税金が使われると(どうしてそう考えたのかは不明だが、それは間違いないことであるかのように)認識している人もいたようで、そんなことより新型コロナで困っている人を助けるべきだ、と書いていた。

 無駄なエネルギーを使いたくなかった根性なしとしては、それらのうちの誰かへ個別にコメントするではなく、単体の意見として「花火というのは何ヶ月も前から準備しているもので、いまから作るわけではない。職人さんたちはすでに在庫を持っている。そして今年の花火の回数は少なくなるはずで、この夏にこうした企画があった場合に、それらはおそらく花火業者さんの持ち出しとなるはず」といったことを書いた。

 同じ意見の方もいらしたようで、すぐさま「いいね」がそこそこいただけたのだが、半日ほどして、コメントがついた。

 そんな高い金額を、(花火業者が)寄付するなどあり得ない、国のカネが使われるはずだ、と。

 すでに「もう作ってしまっている花火だ」と書いてあったのだが、それでもこのコメントかと、首をかしげながらも「6月1日の花火は業者さんの団体が主催、現在進行中のものはクラウドファンディング、リンク先等にもそう書いてある」とコメントしたのだが、また返信がついた。
 そうした関連ページのどこにも、国のカネが使われていないという表現がない、という。そして「クラウドファンディングというのは商品を買うために資金を集めるためにやるものなのに、話がもう決まっているかのようで逆だ。すでに国が払ってしまっていて、いま集めているということはないのか」と。
 もう、お手上げだった。なぜか国が関与しているという思いは強いらしいが、それ以外の説明(業者からの持ち出しや、クラウドファンディング)が書かれているのであるから、書く側もそれ以外の文言を記事に含めないし、読む側も期待もしていないものではないだろうか。

 仕方ないので、もう一度だけ、資金を集めるとしてもそれは商品代のためではなく、もしうまくいったところで、当日の作業の足しにできるかどうかである、と返事をした。また、花火業者が花火(製品)の支払いを誰かから受けるというお考えであるなら、わたしは持ち出しであると考えているので、これ以上の話は実を結ばないとお伝えした。

 ネットというのは、疑問を検索すれば答えが出るものもあるが、自分の考えがすでに頭の中で強く固まっている場合に「同じ意見の人を見つけられるかを目的にしてしまう」とすると、なかなか危険な展開になる。

 同意見を探せば、それは見つかるには見つかるだろう。だが見つけることを目的にしてしまうと、それ以外の意見も読んでみて自分の意見を再検討してみる機会を、自ら捨ててしまうようなものだ。

 わたしはネットで「ブロック」というものを、ほとんどしたことがない。自分のブログや関係先にスパムを書きにくる人やロボットがいた場合には対処するが、個人的に気が合わない人に自分の投稿が見られないようにブロックしたことは、たぶんない。ただ自分が見たくなくて「○○さんの投稿を減らす」を押したことはあるが、その方は数年前に他界されていたとわかったので、現在のところ、どなたもブロックしていないはずだ。

 疲れそうな人にはできるだけ近寄らないようにすることと、その人がいないようにふるまう(ブロックして見えなくする)ことは、けっこう違う。よほどこの先に何かあれば別だが、自分と考えが違う人たちがいることを、忘れないように日々を過ごしていきたいと考えている。

訃報: 横田滋さん

 13歳で北朝鮮に拉致されたお嬢さん、横田めぐみさんの帰国を待ち望んでいた横田滋さんが、お亡くなりになったとのこと。心よりご冥福をお祈り申し上げる。

 1976年のめぐみさんの行方不明から20年して、ようやく北朝鮮に拉致されていたことが判明するが、2002年に小泉首相(当時)が北朝鮮に渡って金正日(当時の北朝鮮指導者)と会談したかぎりにおいては、死亡を伝えられた。その死亡状況や説明はとても納得のいくものではなく、横田ご夫妻は北朝鮮に拉致された被害者家族の中心的役割を担いながら、ずっとこの年月を過ごしてこられた。

 消息のわからない拉致被害者の方々が、おひとりでも多くご家族と会えることを、あらためて祈っている。
 

 

ひさびさに隣駅へ

 何週間ぶりか不明だが、隣駅まで電車に乗ってみた。通院のためだ。
 2ヶ月前は混雑が怖くて病院まで歩いた。今回は人づてに、かつての通勤時間帯よりは人が少ないと聞いたために勇気を出したのだが、なるほど平日の昼間と同じような雰囲気だった。

 昼ころバスに乗って帰ってきたが、そちらは多少の混雑だった。なぜかといえば運転席に近い席をふたつ使用禁止にしていたことと、車内に「詰め合うことは推奨されていない(つまり詰めなくてもいい)」という雰囲気が形成されていて、みんながゆったりすわっていたため、途中から乗った人は数名ほど立っていたためだ。また今日にかぎっていえばだが、同乗した高齢者らにころころ転がすタイプのバッグ(歩行のバランスをとりやすいのだろう)を持つ人が多く、それも車内を狭く感じさせる一因だったかもしれない。

 マルイ2階のカルディは、平日の昼だったが入場制限があり、入り口で数分ほど待たされた。ここは阿佐ヶ谷駅ビル内と違ってずっと休んでいたので、やはり人気なのだろう。

 今後、町や日常はどうなっていくのか、多くの業種や消費者側も手探り状態だが、推移を見守っていきたい。

グッドナイト・オン・サンデーとは

 先ほど、団子の検索をしていた。○○駅近くの団子といった具合の、短い検索だ。

 わたしはGoogleの検索と地図を英語優先の表示にしているため、店の名前で読み方がはっきりしているものなどは、アルファベットが出る。読みが登録されていないものは、日本語だ。
 そんなわけで、つらつらと団子情報を求めて地図を見ていたのだが——ある場所で、「あれれこの和菓子屋はとっくに閉じたのに掲載は残っているんだな」と、何気なくクリックしてみた。

 そこに、お店の感想が載っていた。載せたご本人たちが書いたのは日本語で、Google翻訳で英語が表示されていたのだが、そこにあった言葉が、表題の Good night on Sunday である。

 なんだそれ。日曜日にグッドナイト?
 意味わからんなー、いったいなんだそりゃ。

 何気なく日本語部分に目をやると「日曜日は、お休みっぽい」だった。

 あぁ、なるほど。Googleの直訳、すごすぎる。お休みという文字が来たらgood nightと訳せと、決まっているのだろう。これはすごい。

 これから改善されていくのだろうけれども、ちょっと笑ってしまった。

チーズケーキが食べたい

 夜中にチーズケーキの検索にはまりこんだ。不思議なことに浮き沈みの激しい菓子業界において、わたしが記憶している名店はまだネットで検索できるものが多い。

 長崎のリトルエンジェルズも、ネットにあった。
 福島のプディングアリスのカップチーズケーキ6個セットも、ごくたまにだが、楽天の釜庄さんで売られている。
 岩手のトロイカも健在。
 なんと、京都のパパジョンズも。
 ケイ子おばあちゃんの農家風まろやかチーズケーキまでもが。。。

 夏になったからか、ツェラーのケーキは売り切れていた。
 えーっ、静岡のまるたやって、チーズボックスだけじゃないのかっ。チーズケーキこんなにあったのか。

 おっと、ひとつだけ、なくなったかなという店を思い出した。楽天などネット上で販売していた「横浜夢本舗」だ。一時期は横浜に臨時店舗を構えていたと聞いたことがあるが、いまはネットに情報がない。

 楽天に少しのあいだだけ店があった、名古屋の「メルタン」という店はチーズケーキが美味しかった。いまは地元でお店を展開しているらしい。ひらがなで「めるたん」と書いてある店と同じだと思われる。

 さて、冷凍庫が買えたら、少しずつ菓子を買って詰めておくことにしよう。

Numbersより、無料スプレッドシートか

 数日前、ごく単純な計算式なのに、Apple純正の表計算ソフトNumbersでデータの並び替えがうまくいかなかった。自分が間違えているようには思えず、同じデータをGoogleスプレッドシートにコピーしたところ、思い通りの結果が出た。まるで複雑な計算式ではなく、数値を割ってパーセンテージを出し、小数点以下は1桁にそろえるというだけのものだ。

 あれほど単純な内容だったのにきちんと結果がでないとは、Numbersは、あれで大丈夫なのだろうか。

 さて、Googleスプレッドシートだけでなく、無料で使えるオンラインの表計算には、Zohoのスプレッドシートもあるようだ。Zohoは以前からNotebookを愛用していて、シンプルで使い勝手がよいのに無料で使わせてくれるのがありがたいと思っていたが、提供アプリ一覧を見てくらくらした。数と種類の多さが半端ない。

 これで安価なデータベースソフトを提供してくれるサービスがあったら心強いのだが、かなり前に購入したTap Formsをいまだ愛用している。このブログにも購入時に書いた記事をいまだ検索して来てくださる方がおいでのようだが、最近は付加機能をプラスして販売しているらしく、App Storeによれば6100円だった。
 わたしの購入時の倍ではあるが、複数のOSやデバイスで利用できるライセンスになっているのかもしれず、わたしのときのようにMac / iOSで別々の料金を払う必要がなくなっているのであれば、ある意味でお得か。

 

かつて「ミーはおフランス…」

 テレビのアニメ「おそ松くん」で、イヤミという人物が「ミーはおフランス帰りざんす」のような不思議な言葉を操った。なぜフランスなのに「ミー」なのかなど、考え出したらきりがないが、誰もが知っているイヤミ語はすっかり有名になり、なかでも「おフランス」は、日常語としても定着した感がある。

 最近になって、そんなことを思い出し「漫画やアニメというのはすごいなぁ」と考えていたところだが、またしても、似たようなものを見つけてしまった。

 先日知人がFacebookで「王家の紋章の新刊がまだつづいているようだ」と書いていた。40年くらい余裕で経過していそうな漫画だ。数年前にもそんな話を聞いたが、さすがにもう、いったい中の世界がどうなっているのか(作中で何年が経過しているのか)が、さっぱりわからない。

 パターンは決まっていて、現代人のアメリカ娘キャロル(開始時16歳)が、家族の経営する事業が中心となって発掘したエジプト王墓にからんで呪いを受け、古代エジプトに連れていかれる → 白人で金髪なので目立つ → いろいろな陰謀に巻きこまれて、さらわれそうになったり、実際にさらわれたりしながら、愛し合うようになった小年王のメンフィスのもとにもどる → またさらわれたりする → 自力だったり、協力者がいたり、メンフィスが助けにきたりして、脱出 → たまに何かのはずみに現代にもどる → また古代エジプトにもどる → こんな感じのくり返し…

 わたしがきちんと覚えているのはキャロルとメンフィスが正式に結婚をすることになったとき、キャロルがライオンに襲われてナイル川に落ち、現代の世界にもどるあたりである。そのあとはもう、記憶曖昧。

 で、この話だが。
 検索してみたところ、わたしが強く記憶していたメンフィスの言葉「馬ひけーっ」を、複数の方々が「あの台詞が好き」と書いていることに気づいた。
 そしてネットで「馬ひけーっ」と検索すると、上位はほぼすべて、王家の紋章の話だった。

 メンフィスは最初の設定で若くして死んだことになっていたのだが(姉のアイシスの遺体とともに王墓から発掘されたとき、小年王で若く死んだという解説があったはず)、もう歴史が変わったということでいいのだろうか。とてもあの作中の話が1〜2年のこととは思えない。

なつかしさは、水割りのように薄く楽しむ

 山口百恵の曲がApple Musicほか多くの配信サービスに提供されたとのことで、さっそく好きだったアルバムを2枚ほどダウンロードしてみた。

 芸能界にいたのが約7年という短さでありながら、引退後にほとんど公の場に顔を出さずにいたことで、人の記憶から風化をまぬがれた歌手であり女優が、山口百恵だ。家族に熱心なファンがいたことで、わたしはアルバムのほとんどすべてを聞いていた。いまもカラオケで流れてきたらかなりの曲が歌えると思う。歌詞もある程度なら覚えている。

 だが、さっそくそのダウンロードしたアルバムを流していると——意外や意外、気分が重苦しくなってきた。
 なんというか、自分の体にそれが「濃すぎる」のだ。

 40年くらい前の田舎の子供というのは、遊べる選択肢がそれほどなかった。誰かが小遣いをはたいて漫画やレコードを買えば、みんなで交代で貸しっこをした。そして自分で購入したものは何度でも、本なら穴の開くほど、レコードならすり切れるほど、楽しんだものだった。

 そんな時代に聞いていた曲を、いま東京で片手間に流していると、耳を通じて過去が逆流してくるのがわかる。しかも怒濤のごとく。

 あのころどんな家に住んでいて、どんな部屋で曲を聴いて、そしてこうした昭和の曲(*1)に違和感を感じないなかったどころか、どっぷりと浸かっていた過去の自分——そうしたものすべてが、よみがえってしまう。

 そして誰しもそうだろうと思うが、子供のころは楽しいことばかりではなかった。
 子供時代にかぎらず、人生のある期間で楽しかった面を人はぼんやりと記憶し、そうでもなかったことは上手に忘れながら、また次の期間へと、先に進みつづける。

 だから子供時代と同じものがそのまま目の前に出てきたら、強すぎて吸収できない。水割りにしたほうがいいウィスキーをロックで目の前に出される気分だ。しかも、わんこそばのように、おかわりが次々と。

 かつての日々がなつかしいと思っても、上手に思い出しながら、それ以外は忘れたままでいるほうが、思い出や過去はよりまろやかな香りをたもてるのではないだろうか。

 山口百恵は、ときどき、水割りのように数曲だけを聴くことにしよう。

 
=====
 
(*1) たとえば、しばしば古くさくて時代遅れ、または女性が歌うものなのに男性作詞家の価値観がつづられた歌詞も含めて、ということである。

 以下、昭和のころに聞かれた歌詞…

 あなたの女の子の一番たいせつなものをあげるわ、やら
 聞き分けのない女の頬を、ひとつふたつはり倒して、やら
 悪いときはどうぞぶってね、やら

…こうした歌詞に違和感を感じない人がいたのが、昭和の一面である。

応募でギフト券のチャンス「大辞泉が選ぶ新語大賞 2020」

 こんなものが目にはいった。ギフト券がいくら分もらえるのだろう(って、すでに当選するつもりでいるところが、われながら怖い) → 大辞泉が選ぶ新語大賞 2020

 ちなみに2019年の受賞は「イートイン脱税」、2017年は「インスタ映え」だったそうだ。

 急には思いつかない。
 日々メモをして、忘れないよう、早めに応募しておこう。

冷凍庫を買おうかと思う

 冷蔵庫に付属の冷凍室だけでは、まったく足らない。以前は、冷凍庫を追加で買ったら食べないものまで永遠に貯蔵してしまうのではという思いがあったが、最近は買い物回数を減らしたいという理由のほかに、冷凍で買っておく商品というのが、思いのほか増えた。

 寝室に置いている小型冷蔵庫は45リットルだが、冷凍庫でもそれくらいのサイズのものが見つけられたら、台所の隅に置こうかと思う。安いものを探せば2万円前後で買えそうだ。

 前開きで、できれば白ではない色がよいのだが、ネットで検索すると冷凍庫はほとんどが白かシルバーだ。ダークブラウンか、ブラックなどがあったらほしいが、やっと木目調を見つけても容量が32リットルだったり、ブラウンなど色が選べるものが60リットルだったり。45リットルくらいのものがあったらいいのだが。

 これがもっと容量が大きかったら、デザイン的にはけっこうよさそう。
(画像は楽天から)
 

 
 さて、すぐ買うわけにもいかないので、もう少しのあいだ検討しよう。