疲れているときの心理状態

 あとになって考えると、なぜあれほど不安だったのかと思うことがある。重大な用件でも軽い用件でも、そういう思考回路に陥ってしまうと抜けられない。

 1週間くらい前からレンタルスペースを探していた。
 あちこちのサイトを見ては検討し、貸してくれる人または会社に質問メールを出してみた。そういう場所を真剣に探すのは初めてのことで、作業そのものは楽しかった。まだ質問をするだけの段階だから料金が発生しているわけでもなく、気軽でいいはずなのだが、なぜか一喜一憂があった。
 思いがけず15分で返事をくれた担当者もあれば、週末ならまだしも週明け1日以上経過しても連絡がもらえないことや、あるいはさらに不可解なことに、途中まで何通もスムーズに話が進んでいたのに、いきなり返事が1日近く途絶えた相手——ほんとうに、さまざまだった。
 そんなとき「急な外出でもあって、あとでメールをくれるのかな」と、思うのが普通の人である。ところがわたしは「何か手違いがあったんだ」やら、「こちらがまずいことでも書いたのだろうか」やら、あれこれと考えてしまう。気晴らしにほかのことをしようにも、気づくとまた考えている。あげくに「レンタルスペースなんか探しちゃいけなかったのかも」まで、ちらっと考えた(←これはなぜなのか、自分でもよくわからないが、たしかにそんな思いが頭をよぎった)。

 だがついに理想的なレンタルスペースが見つかった。場所がよいのに良心価格で(おそらく2か月近くも前から予約をしたため割引きが適用になったらしい)、もうこれで場所について悩むことはなくなった。
 あとになって思えば、なぜ自分が「返事をもらえない理由が何かあるに違いない」という風に考えてしまうのか、不思議に思う。こういう人間はとても嫌われる。気をつけなければいけない。

 あれこれと暗く考えそうになっていたあいだも、昔のことを思い出して気持ちを落ちつかせようと努力した。
 たとえば、こんなことがあった。わたしは言葉を額面通りにとるところがあり、初めての通販するお店の人から「何かお気付きの点や問題がありましたら、お知らせください、商品は○○日に到着予定です」とメールが来たとき、お気付きの点も問題もないのだから返事をしなくていいのだと考えたのだ。お店の人にはどうもそれが不安だったらしく、何度も「○○日に到着予定です」などのメールを送ってくる。わたしは「なぜこんなに何回も来るのだろう」と思っていた。そして、相手がわたしに対して不安をいだいていたらしいと、ずいぶん経ってから気づいた。
 それに類することをいくつも思い出しながら、自分だって悪気はなくとも人を不安にさせたのだからと、ひたすら待っていたところ、ようやくひとつの会社と無事にレンタル契約が結べたというわけだ。

 義母が臨時とはいえ施設に入所したことで、少し笑いが出る回数が増えたと思う。わたしはまだ疲れているのかもしれないが、これからは、小さなことをあれこれ考えずに、普通にゆったりと過ごしていきたい。

BlueGriffon(HTMLエディタ、WYSIWYG)

 実はmikimarche.comのほうのネタとしてWYSIWYGのHTMLエディタの話を書きかけていたのだが、昨日になってやっとBlueGriffonというものを見つけた。これもかつてのKompoZerや、現在もつづいているSeaMonkeyのようにMozillaの流れを汲み、Geckoエンジン(ブラウザのFirefoxと同じもの)を使っている。それらのブラウザに慣れている人にならばとくに、操作性はよいと思われる。

 SeaMonkeyをときどき使っていたが、HTML5に対応しているようには思えないため(少なくとも新規作成をするときにどうしたらHTML5ではじめられるのかを設定する欄が見当たらず)、できればHTML5を楽に書きたいと思うことが増えてきた昨今は、利用が減ってきていた。

 そんなときに見つけたのが、このBlueGriffonだ。人によってはホームページ作成ソフトなどと紹介しているので、HTMLエディタとかWYSIWYGという単語で検索していても、なかなか気づかなかったようだ。ダウンロードしてみると、便利な使い方に気づいた。
 たとえば自分が大昔に作った古い文法のHTMLファイルをいったん読み込み、それをソースではなく見た目のままクリップボードにコピーして、新規作成の画面を用意してからペーストすると、だいたい似たようなものを、HTML5の文法で書き換えて作ってくれるのである。これは楽だ。
 古いHTMLに手を入れたくなったら、この方法でどんどんやり直そうと思う。

 ところで、日本語化する方法がわからなかった。少なくともネット上にある日本語ファイルセットは数年以上前のものだったので使いたくなかった。メニューが英語のままで使っているが、それでもまったく問題はない。楽ができるメリットのほうが大きい。

郵便ポストに見る10連休

 郵便の出し忘れに気づいて、いったん帰宅してから最寄りの郵便ポストへ。最寄りといっても、近所の道で工事の際にひとつ減ってしまい、工事が終わっても復活しない。あれは痛い…というのは、おいといて。

 年季のはいったこの郵便ポストに、こんな貼り紙が。

 普通郵便は、10日のうち2回しか配達されないそうだ(どひゃ〜)。
 速達、ゆうパックなどは、毎日やるらしい。

 民営化直後から、宅配業界のシェアを奪おうと必死になってあの手この手をくりだしていた郵便局が、現在は人手が足らないからと郵便物の土曜日配達をやめたいと総務省に申し出ているようだが、本末転倒だ。なぜかというと日本の現行制度上で郵便(信書)は郵便局にしか取り扱えないからだ。そちらの負担を軽減して宅配はそのままというのは、納得がいく話ではない。もちろん現在の日本の状況で宅配を縮小する会社があれば一般市民も困るが、それにしても、郵便局にしかできないサービスを手薄にしてしまうことになる。
 郵便局が民営化されるときに、サービスは低下させないだの、過疎地でも郵便局はなくさないだの、あれこれよい話ばかり聞こえてきたが、民営化になったらそれが難しいというのは、誰でも予想がついたことだ。

 小泉元総理さん、原発にノーを突きつける活動もけっこうだけれど、郵政民営化について、ひとこと語ってもらいたい。

ナカノさん

 今年にはいってからInstagramやTwitterに登場した中野区のイメージキャラクタ「ナカノさん」。なかなかいい味を出している。区役所に登場するイベントがあるとかないとか、お知らせをどこかで読んだ。
 表情や撮影アングルもいいのだが、なんといっても短いキャプションが最高。

 


 
 

 性別は、男女どちらでもないらしい。本人曰く「気にしたことなかった」そうだ。
 これからも、しばらくのあいだ楽しませてもらおう。

個人によるレンタルスペース提供という、ニッチな産業

 このところレンタルスペースの検索で気づいたのだが、個人の家または一部の部屋を登録サイトに掲載している人がそこそこいるらしい。わたしに土地勘がある住宅街での登録もあり、あれれ、あのあたりはただの住宅だったよなと、念のため地図やGoogleストリートビューで見てみると、どう見ても一般住宅。なるほど、その手があったか。

 ほとんど使わない家がある、あまっている部屋がある人でも、民泊にしてしまうと、届け出がいる。ご近所への周知を必要条件としている自治体が多いため、ご近所に挨拶にいかねばならない。
 だが家または一部を貸して、近所迷惑にならない昼間の時間帯などを利用時間に設定すれば、借りた人たちがキッチンでお湯を沸かそうとパスタをゆでようと、部屋とキッチンを貸したということにしかならないから、飲食業の許可もいらない。

 ああ、これは、あまっている部屋がある人には、なかなかよい稼ぎのチャンスだ。

 このところ、わが家の近所では、ご近所の住宅がどんどん壊され更地になっている。手間のかかる古い住宅をそのままにしておくよりも、親世代の死亡または引退をきっかけに、売り払ってしまうのだろう。中には味わいのあるお宅もあったように思うが、あちこちが虫食い状態で更地になっているのを見ると、寂しく思う。
 味わいのあるお宅ならばなおのこと、リフォームでもしてレンタルスペースに使うというのが今後の選択肢にならないだろうか。最低限の管理で昼間の賃貸しができるのなら、少しであれ収入にもなるし、静かな住宅街で講習会やワークショップをしたい人にもありがたいことだろう。

 

ホームページの作成で借金!?

 東スポの記事で、気になる表現が。誤植だろうか? → 2019.04.11 羽田美智子 離婚で楽になった「仲間も協力者もいる。これが私の幸せ」

 150年つづいたご商売が、数年前に親御さんの代で終わりになったのだという羽田さん。思いきってご自分が6代目として食のセレクトショップをはじめたらしい。その文章の中に
>  ホームページの作成で借金を抱え、売り上げで返していく必要がある。それでも表情は明るい。
…という文章が。

 ホームページを見てきたが、おそらくここのことだろうと思われる。 → https://hadajinshop.co.jp/

 これを、借金で作った? いったいどういうことだろう。右も左もわからなくて業者に頼んだにせよ、それでも借金は不要に思えるが。

 誤植、なのだろうか。それともわたしが何かを勘違いしているのか。

加齢なのか、疲労なのか

 わたしは俳優の名前がすぐに口に出せることが自慢だった。どの役者が何年ころどんな映画に出ていたというのは頭の中にうまく収納されているようで、たとえば家で映画を見ていて「この役者は見たことがある、若かったときの顔はこんな感じだろうか。もし20年前に見たのなら、あの映画かも」と、だいたいの記憶で映画を検索し、役者名を確認してからつづきを見ることもある。そのあいだストーリーが進んでしまうかもしれないのに、そちらを優先させてしまうことがあり、なんとも落ち着きがない。

 だが、おとといだっただろうか。よりによって、ケネス・ブラナーが出てこなかった。頭に顔が浮かんでいて、出演作もたくさん思い浮かべることができて、邦題「ヴァージン・フライト」(原題: The Theory of Flight)ではあの女優(←実は二重のショックであることに、共演回数も多くかつては彼と恋人関係にあったヘレナ・ボナム=カーターの名前まで出てこない)と共演だったが…という具合だ。出演作で検索をかければ一発でわかるのに、どうしても思い出したくて粘った。
 カ行の名前だったとは思うが、キーファー・サザーランドになってしまう。だがキーファーの顔はわかっている。カ行の名前を片っ端から思い浮かべる。おそらく1〜2分以上も、ずっと考えていた。ヘレナ・ボナム=カーターの名前が出てこないことで「ほんとうに頭がどうかしてしまったのではないか」と気持ちが焦る。
 どうしても、自分と記憶の間に薄くて白い華奢な壁があるように思えてしまう。すぐそこにあるのに答えがわからない。その壁はすぐにでも倒せる華奢なものだが、できれば倒したくないと、焦燥感が強まる。
 仕方ないので、しばらく待って、検索した。とたんに頭の中から白い壁は消えた。

 認知症になったらどうしようかと、考えることがある。
 だが、おそらくいまの自分は、壁がそこにあるのがわかっていて、倒すつもりがあれば倒せると思いながらなんとか自力でと焦っているのだから、深刻な症状の手前の手前くらいであってほしいと、願っている。

本を売ろうかと思うのだが

 何年かおきに、本をやたらと買う時期がめぐってくる。とくに2006年ころから数年前まで、本を月に何冊も買う月が多かった。金額にすると1万円以上のこともけっこうあったと思う。とくに食材や料理、製菓・製パンの関連本、つづいて歴史上に実在した人物の評伝や、異文化関連のエッセイなどだ。
 とくに「食」がらみの本の数といったら、半端ではない。少しは手放したほうがいいと、何度考えたことやら。

 ネットで料理関係の本を専門にしている古書店を見つけた。本をまとめ撮影した写真や事前の問い合わせで、買いとりの金額目安を教えてもらえるらしい。そして相談ができたら実際のブツを着払いで送る、というものだ。

 以前にも、こうしたサイトを利用しようと思ったことがある。古書店によっては、書名を入力すると買いとり目安がその場で表示される機能がついていることもある。だが、入力してみて現実を思い知るのだ——自分が売ってもいいと思う本は、安い。世の中の人が同じことを考えるから、在庫がだぶつきやすいのだろう。そして大切にしたい本は、買いとり予定価格が高い。だがそうわかっていても、ぜったい売りたくない。

 どうせならば、見た目が新しければひきとってもらえる某有名チェーン店に送りつけたほうがいいのだろうか。それならばあれこれと悩まずに済む。

ZOHO Notebookをインストール

 この1週間くらいだろうか。モバイルとパソコンなど複数の端末からクラウド経由で同期できるメモ系のアプリを探していた。メモする行為は大切で欠かせないものだが、ソフトによってはクラウドを使いたければ月額料金というものもあるようだ。使えるかどうかがわかる前に月額で料金を払う決断はなかなかできるものでなく、まよっているうちに、なぜか無料のソフトNotebookを見つけた。

 広告もなく、利用制限もなさそうで、それなのにタダである。なぜタダなのかと検索したら、きちんと答えまで用意されていた。よほど頻繁に聞かれるのだろう。これを読むかぎりは、ある日いきなり有料化ということは、まずなさそうである。

 まずはWeb版で雰囲気を確かめてからGoogleのIDでログインすることに決め、iPHoneとAndroidにそれぞれアプリをインストールして、やはりGoogleでログインした。どれかで書けばそれほどの時差もなく各端末にデータが複写される。
 文章だけではなく音声ファイルや画像ファイルなど、いろいろなものが記録できてそれが各端末に同期されるので、アクティブに使う場合は容量を補強したほうがいいかもしれないが、わたしは当面のあいだ文章と、せいぜい写真を使う程度だろうと思う。必要に応じてSDカードなどを使うのもいいかもしれない。
(いま手もとのiPhoneを見てみたら、データはiCloud保存になっていた。Androidでは端末保存になっていた。どちらもわたしはとくに指定していないので、それがデフォルトなのだろう)

 これまでも、すでに有料会員であるEvernoteや、Mac / iOSに標準でついてくる「メモ」などを利用しているが、これらはもう自分の中で何に対してどう使うかの用途がきっちり決まってしまっている。
 たとえばEvernoteは、パソコンからならば、ほぼ間違いなくニュース記事のクリップに使用し、そしてiPhoneからは8割以上が食事の写真記録と、残る2割がニュース記事クリップだ。ネット上での自分の書いた物を自動でコピーしてくることにも使っている。それ以外の用途でも新たに使っていくと、今度はそれらを分類してあとから見つけやすくする手順が、必要になってくる。
 そして「メモ」は、出先で見る必要があるが1日もしたら消してしまってよい単発の用件で使うことが多いほか、ときには菓子やパンを作るときに配合をメモしていく(←わたしは見ながら作るのではなく作りながらメモしていって後日の参考にし、それを何度かくり返して作っては、定番の味にする)——そのふたつの用件が多い。

 今回インストールしたNotebookは、思いついたことをただ単に記録していくことを目的としている。すぐには公開しないがいつかは使うかもしれない写真と簡単なメモ、いわば、ひとまずInstagramに載せるほどでもないかなというようなものを溜めるのもよいかと思う。タイムスタンプ管理なので自分で日付などをいちいち書かずにおいても、勝手に日付順に整理してもらえる。ずぼらでも、なんの気負いもなくつづけられるのが、よさそうだ。

印象的な夢

 木曜日の朝、そろそろ目覚めようというときに印象的な夢を見た。
 もう少しくらいいいだろうと眠りにもどろうとしたとき、目の前に(昭和のご家庭によくあったような)薄いガラスの障子——やや模様がはいっていて透明ではないものが現れ、そのうしろから白っぽい手首が2〜3回ほど軽くガラスをたたいた。
 不思議と、リアルではあっても恐怖を感じるほどではなかったのだが、すっきりと目覚める結果になってしまった。

 そして金曜日の朝だ。こちらは幸せな夢だった。
 毎年秋になるとiPhoneの指紋認証が指の乾燥で無効となってしまい、春になるとまた認識されるようになるのだが、朝方の夢では、布団の中からiPhoneに手を伸ばしたら指が触れるか触れないかで画面が立ち上がった。そしてわたしは「春が来た」と、喜んでいた。もちろんきちんと目が覚めてからは何度やってもまだ指紋は認識されない。だが夢の中では、わたしはとても幸せだった。