Kindle Unlimited(Kindle読み放題)を体験中

 AmazonではKindle本の読み放題に関して、2か月で199円というキャンペーン中だそうで、わたしも申しこんでみた。4月中旬まで読み放題のサービスを体験中である。

 ダウンロードして、思っていた本と違う気がするとわかったら利用停止を押し、新たな本をダウンロードする仕組みだ。1回に10冊までダウンロードすることができるが、読まないと思われる本をいつまでもハードディスクに入れておくわけにもいかないので、次々に入れては利用終了を押している。

 幼いころ、父がときどき街の書店まで連れていってくれて、1冊だけ何か買ってよいと言ってくれたのを覚えている。おそらく年に1〜2回くらいのことだったように思うが、わたしはその日がとても好きだった。そして時間をかけて選び、買ってもらうと、家に帰ってきてページを開いた。わくわくした。
 だが父はかならず「1日ですべてを読んではいけない」と言った。もったいないからだ。楽しい時間を1日で終わりにするなということだったのだろう。ほんとうは1冊の大部分を読んでしまっていても、わたしはとっさに「まだ半分しか読んでいない」と答えるようにしていた。ご機嫌を損ねればもう本屋に連れていってもらえないという危機感があったのかもしれない。
 だがわたしは1冊の本を何度でも、穴の開くほど読む子供だったので、父の心配は杞憂だったように思う。

 あのころは、本の世界に自分がはいれた。すっぽりとはいれた。
 自分で本を買うようになってからも、しばらくはそれがつづいた。
 だがいまは、世の中のせわしなさなのか、自分が変わってしまったのか「こういうことが書かれている本を読みたい」という気持ちが強すぎる。そういう本であるのかないのかを事前に確認したいと思うばかりで、純粋に「本が読みたい、世界にはいりたい」という思いからはかけ離れてきている。
 さらに、自由になる金額が子供時代から考えて桁違いであるからか、これはいま買わないと入手困難になるかもしれないと思えば「とりあえず買っておく」ことができてしまうのも、本への思いをもしかしたら曇らせているのかもしれない。

 Kindle Unlimitedでは、とりあえずきちんと読んだものが1冊(これは大昔の漫画だ)、読みかけの参考書的なものが3冊ある。4月中旬まではこんな調子で使ってみようと思うが、そのあとは…さすがに月額980円というのは、ちょっと気軽に出せる金額でないことだけは言える。ぎりぎりまで考えてみる予定だ。

最近さりげなく食パンがブームのようで

 都内でも、並んで買う食パンでは有名処がいくつかあるものの、なにげにイトーヨーカドーが出している食パンが、原材料がバター使用だったりして好感度が高い。
 自分で好きな暑さに切るタイプで、スライスはしていない。
 

 
 税込み300円でこのお味と原材料なら、寒い日にも暑い日にも店に並ぶ根性のないわたしには、ちょうどよいかと思う。いや、気温に関係なく並べるパン屋があったら、並ぶけれども(笑)。

反ワクチン運動に思う

 米国の元FOXニュースの幹部で、現在は広報担当の大統領次席補佐官であるビル・シャイン氏の夫人ダーラ・シャイン氏が、通日前にトンデモなツイートをして話題になった。
 各国ではしかの大流行に頭をかかえている現状に「子供のころは誰でもかかった病気で、(自分や周囲の人々は)天然の免疫を持っている。子供時代の病気が復活すれば、健康になるし、がんとも闘える」だそうだ。Darla Shine tweets で検索すればたくさん引っかかると思うが、こちらのワシントンポスト紙( → 2019.02.15 ‘Bring back our #ChildHoodDiseases,’ White House official’s wife says as she criticizes vaccines )に、ツイートが紹介されている。

 ここまですごいことを公的な人物の夫人がツイートするというのは、口あんぐりである。わたしなどはただ驚いているだけでもよいが、実際にお子さんをなくされた親御さんが読めば、どれほど傷つくことだろう。
 子供やご家族をなくされたという、ただその悲しみだけではないかもしれない。病気が大流行する理由の何割かには、ワクチン接種をしていない人たちの輪における集団感染が挙げられることは間違いない。その人たち(ワクチン反対という考え)を苦々しく思いつつ気持ちをおさえていたところに、堂々とツイートをされたならば、腸が煮えくりかえる可能性もある。

 あるグループの大多数がワクチンを接種していた場合と、逆にほとんどが無防備であった場合とでは、その人たちの輪と接触を持つことで感染させられる確率は、比べものにならない。まして本人が体調や体質などの理由でワクチン接種ができない事情があるならば、周囲の大多数が接種を済ませていると信じることにより、どれほどにか安心できることだろう。

 ダーラ・シャイン氏のことで、東日本大震災の年に雑誌対談で心ない暴言を吐いた作家(女性)のことを思い出した。大意だが、避難所でただ助けを待つのではなくその辺のがれきから燃えるものをとってきて暖をとれ、石でかまどを作って煮炊きしろ、などである。検索すればすぐ当時の記事を解説してくれているブログ等が見つかるはずだ。
 このふたつの例を考えていて、事実誤認(*1)があっても思いこみを堂々と発する人がいること、とくに「年齢的には大人で、物事をきちんと理解する能力がありそうなのに、みょうな考えを堂々と主張する人がいるのはなぜか」と、しばし思いを巡らせた。

(*1 事実誤認とは、たとえば自然に得た免疫であっても一生ものではなく消滅する場合もあること、ワクチンで擬似的に罹患させて得る免疫は自然のものではないからよくないという考え方は短絡的ではないかということ。もう1件では、塩水にずっと浸かったがれきから燃えるものを拾ってきてそれで暖をとれとは、薪のなんたるかも考えずに発言しているであろうこと、など)

 そして、こちらの記事を発見した。2015年に体験者が英語で書いた記事を日本語に翻訳されたブログだ( → 反ワクチン運動をやめたわけ)。読みやすいので、ぜひおすすめしたい。

 人は、ひとつの考えに固まっている環境のなかにいると、ほかを見ることが難しくなる。ほかに考え方があるかもしれないという発想すら、なくなってしまう。そういうことなのだ。この方の例ですべてを説明できるわけではないが、多くの場合に共通する話だろう。

 この体験者は何かがおかしいと思って自分から調べはじめ、そして目が覚めたという。何を信じていても「おや、何かがおかしい」と思うきっかけがあれば、そのときの直感に素直にしたがって、立ち止まってみることが、誰しも必要なのではないだろうか。
 自分も、きっかけがあればいつでも立ち止まれる人間でありたい。そう願っている。

横浜みなとみらいに、ロープウェイ

 このニュースを読んだとき( asahi.com 2019.02.14 → https://www.asahi.com/articles/ASM2F4QXWM2FULOB00L.html ) いくつもの疑問符が頭をよぎった。

 たとえば、

そして、

 乗っている人たちは、もしかしたら楽しいかもしれない。だがわたしは去年の7月にみなとみらいに遊びに出かけて1泊した経験から、あの空にロープを渡してしまうのは、なにやらもったいないような気がしている。

 赤レンガ倉庫の方角へはたしかに距離があるが、徒歩で移動する人は少ないだろう。みなとみらい線やバスがあるので、交通の便としては、そこそこ足りているように思う。

日本の昔の食生活はよかったと聞くが

 よく健康の話題などで「日本の昔の食生活は健康的だった」という言葉を耳にする。だが現代の日本人が昔の食生活にただもどることは、けっこうたいへんである。理由は「労働をしなくなっているから」だ。ただ食生活を昔風にするだけでは、かえって体調を崩してしまいかねない。

 かつてわたし自身が半信半疑でメモまでとっておいたのだが、昭和4年(1929年)における日本人向け献立例は、1日ご飯9杯となっていた。そのメモがいまでも信じられなくて先ほど検索したが、やはり同じようなことがネット上でも話題になっているようだ。これはつまり、炭水化物を大量に摂取して、塩辛いものなど各種を少量ずつ食べていたことにほかならない。
 高血圧や脳卒中は塩分の影響で当時から問題だっただろうが、それでも糖尿病が現在ほどに顕在化しなかったのは、人が体を使っていたからだろう。
 当時の人はよく歩き、長時間労働で、人と連絡を取り合うためには自転車などで相手方まで出向いた。家事ひとつとっても洗濯は手洗いと手しぼり、掃除は箒とはたき、冷蔵庫が一般家庭に完備されるのは戦後のことであるから、食材は丁寧に下ごしらえをして腐敗をのリスクを下げると同時に、傷むまでのあいだに調理を終えて、食べ終えねばならなかった。
 迅速な調理が難しく食材を保存食とする場合には、その加工には塩か砂糖が必要であることがほとんどだが、砂糖は高価であったため正月などの祝い事のために用いられ、普段はもっぱら塩漬け中心であったことと思う。いずれにせよ、食材にはつねに人の手がかかっていた。

 当時の日本人は、いまの人間が想像できないほどに体を使っていたのだ。炭水化物が多めの食事では糖尿病になりやすいものだが、現在ほどにそれが表面化しなかったのには、消費カロリーが高かったからと推測される。

 外国の食文化の影響を大きく受けたこの70年あまりで、食べ物の好みに変化が生じただけでなく、日本人は(技術の進歩などにより)体を動かさなくなったわけだが、それにくわえて昨今の研究では、手軽な「できあいの食品」(ultra processed food / 超加工食品)が心臓発作のリスクを高めるとして話題になっている。それらを減らして昔のように手のかかった食品を食べるとした場合に、いったいどんなものが考えられるか。

 たっぷりライスとみそ汁、おかずを少しずつ、というのは、上述の通りに健康へのリスクが高い。また、固いものを食べる習慣がないまま成長した人や、やわらかいものを好んで食べていた影響で食物繊維の多いもので腸が荒れる人もいるため、あまり玄米や全粒粉のパンを強くすすめられない事情もまた、存在する。

 どうすべきか。

 まず食事の冒頭で、ゆで野菜を食す。そんな習慣は日本になかったと、噛みつかないでいただきたい。これは食事の吸収を穏やかなものにして血糖値を急激に上げずに済む方法であると同時に、満腹になりやすいためライスを減らすことが期待できる。
 茶碗蒸しを添える。卵がはいっていて、胃に優しい。かきこんで食べるものではないので、自然と食事がゆっくりになる。
 煮豆を小鉢に盛り、箸で一粒ずつ食す…

 うぅむ…たいしたものを思いつかない。

 とにかく、昔の食生活にもどすというのは、一筋縄にはいかない話である。

ケタミンの有効成分が、うつの薬に

 知らなかった。検索してみたら日本でも何年も前から記事を書いている人がいたらしいが、今日ニューヨークタイムズを読むまでまったく考えたこともなかった。

 F.D.A. Panel Recommends New Depression Treatment – Feb. 12, 2019 by NY Times
(FDA:米国食品医薬品局の委員会が、うつの新しい治療法を勧告)

 記事によれば、まもなくジョンソン・エンド・ジョンソンから鼻用スプレーが発売され、それに含まれるケタミンの有効成分によって、うつ症状が改善される見こみという。このままの流れが進めば、アメリカ国内の大部分の保険会社がそれを保険適用とするため、患者の負担も減るとのこと。

 ケタミンといえば、馬などの大きな動物にも使われる強力な麻酔薬である。人間用に悪用されたらたいへん危険なものだ。わたしの認識はそこまでだったが、この数年で、偶然の産物として、うつの人に短期間の使用で効果が現れることがわかったらしく、今回の正式な承認を待たずに治療に使用してきた医療機関もあったようだ。

 それにしても、どこで何が発見されるか、わからないものだ。かつて重篤な副作用で多くの人的被害をもたらしたサリドマイドも、その40年後に別の役割の薬として注目され、現在は日本にもはいってきているという(もちろん処方薬である)。

 うつの方々の負担が、少しでも減ることになればと、願っている。

dittoすらも、たぶん言わない

 映画「ゴースト ニューヨークの幻」で、デミ・ムーア演じる主人公がいくら I love you, Sam. (愛している)と言っても、言われたサムは ditto (同じく)と答えるシーンが何度かあった。作中で重要なキーワードになってくる場面だ。
 このときのサム(演じたのはパトリック・スウェイジ)の言葉は、ゆくゆくは結婚をしたいものの気持ちの重さ(責任感)があり、どうしても気軽にアイラブユーが言える心境にない、という描かれ方だったように思う。

 今日、Facebookでアメリカの知人がシェアしていた短い動画に、強いメッセージを感じた。重い言葉なのに本気で言っているのか、アイラブユーを、そんな軽い気持ちならやめてしまえ、言葉ではなく姿勢で示せばいい…というものだ。

 英語での動画であるため、日本に暮らすわたしが受けた印象と作者の意図は少し異なるかもしれないが、アイラブユーの日本での表現とされる「愛している」について、以前から書きたいと思っていた。だがきっかけがないまま過ごしていたので、今日は書いてみたい。

 わたしは50代の人間である。映画作品など以外では、実生活において周囲に誰も「愛している」などという言葉を使う人間がいない環境で育った。自分も言ったことがないし、誰からも言われたことがない。わたしにとってはだが、それはなにやら作り物のような、嘘くさい響きしかないのだ。
 慣れの問題はあると思う。その言葉にどう接してきたか、その年数が長いかで、違いはあるはずだ。
 昔の本を読んでも「愛でる」は出てきて「愛」という漢字そのものはあったことがわかるが、愛するという動詞を対人関係で使うようになったのは、おそらく近代になってからなのではないかと想像している。わたしの場合は、文字として(たとえばエッセイなどで)個人間の「愛する」事例を見ずに育ってきた、だから外国の映像作品などで愛しているを見ても、外国だからかと考えがちだった。自分のこととして身近な環境に置き換えると、なにやらその言葉は嘘くさく作り物のように感じてしまったのだ。時代がくだって「愛している」が日本のメディアに出るようになっても、やはり自分には使えない、使いたくないという思いが強まった。敬遠する理由のうち大きな部分は、慣れるきっかけや期間がなかったという、そんな事情が占めているのかもしれない。

(余談だが、ある特殊な状況下において、否定形で「愛していない」と言ったことならば一度だけある。ある状況下においてのことであり、肯定形で自分の気持ちとして言ったことは一度もない。そしてこのブログでも念のため検索したが「愛してやまない」のような使い方で2件のみ引っかかった)

 この件については、検索してみたこともある。だがその言葉を言われたときにどう感じるかの話が、多めにヒットするようだ。
 さきほど見た何年か前のネット記事では、参加者に「愛している」という言葉について答えてもらった結果が書かれていた。半分くらいは、違和感なく聞いたり使ったりしているようだ。この割合はおそらくどんどんと増えていくことになるのだろう。

 思いやる言葉や、気遣う態度というのは大切だが、わたしはおそらくこの先もずっと、自分で「愛している」を使わないだろうと思う。言われることもないだろうから ditto も言わない。だが、別に不都合も生じそうにないし、それでいいだろうと考えている。

紙の辞書を買ったのは何年ぶりか

今日は日本橋の丸善の前を通りかかり「ひさしぶりに本屋でも見るか」と、3階で洋書売り場、ついでにコンピュータの棚を見てそれぞれ衝動買い。

 ひとつはこちら。ペーパーバックで1200ページ以上ある分厚い辞書だ。文字は細かいが、仮に大きな版が出ていたにせよめくりにくくなるし保管がたいへんだから、まあ仕方がない。この厚さで1440円+税だったのだから、よしとしよう。

(AmazonでKindle版なら900円前後のようだが、たまには紙もいいと思ってのことなので、今回は紙で満足している)

 収録は見出しとして約6万語、シソーラス(類語辞典)としては13000語以上が掲載されているらしい。
 紙の辞書のよいところは、周囲の余計な単語までついつい目にはいって、余計な勉強をしてしまえることだ。電子版だとなかなかその機会がない。

 それにしても、ペーパーバックなので文字が細かい。渡辺謙がCMをやっている某ルーペは持っていないが、いざとなったら拡大して読んだほうが目にいいかもしれない(笑)。

 もう一冊は、JavaScriptの本だ。それもいずれは本のブログのほうでご紹介しようと思う。

新聞社サイトの料金設定

 Facebookを見る楽しみの大部分が、日本をはじめ諸外国の新聞社サイトだ。外国のものは、英語で書かれていて更新頻度が高く、そこそこ上品な内容ならば(いわゆるスポーツ紙のような記事ばかりでなければ)よくチェックしている。

 ニューヨークタイムズに関しては料金を払っている話を以前書いた。自宅では東京新聞を購読しているが、ネット上での東京新聞もまた、閲覧者に本数制限を設けるのではなくて速報などの記事はそのまま(広告付きで)読ませ、特集記事などは紙面または有料版アプリで読ませているところにも好感を持っている。
 朝日、毎日、日経のように購読者以外には閲覧本数制限をして、記事の見出しと頭の部分のみ読ませる方法は、けっこうストレスに感じるが、それでもしも購読者が増えているというのなら、ビジネスモデルとして仕方ないことなのだろう。ストレスに感じるだけで読まなくなる人とどちらが多いのかは、わからない。毎日新聞などは人生相談のコーナーすら回答を有料会員に限定しているので、わたしはけっこう腹が立っている。それほどのことをするならば、そっくり載せなければいいのにとも、思う。

 さて、今日の話は、もう少し先のことだ。
 朝日と毎日の「ここからは有料会員で」と書いてある記事だが、実はそのうちの何割かは、翌日くらいに英語で全文を配信している。無料である。これはどういうことだろうか。もしや英語で書いてあれば日本人はまず読まない、日本人には日本語版を有料で読んでもらうが英語で外国人に有料配信するほどには、まだ自分たちの知名度が高くない——そういう考えだろうか。
 手間がかかっているのは英語版のほうである。英訳と校正の手間だ。最初から英語圏向けに英語ネイティブが書いた記事ではなく日本人の記者が日本語で書いた物を英訳している。それで全文を掲載して、無料である。これはどこで料金を回収するつもりなのか。英語版ではまだ料金をとる実力はないが、その分を日本語版の読者が負担するという構図に思える。
 ちなみに「ここから先は日本語で読めないのか」と残念に思った翌日に、英語版を読み「この内容と分量で日本語版ではカネをとるんだな」と、苦笑することも。

 こんなことを書いたからといって朝日と毎日がすぐにでも英語版で本数制限や料金の回収を考えたら面倒なことになるが、やはり疑問に思わざるを得ない。

 各新聞社のオンライン版が、もう少し値段設定を見直してくれたら、情報をタダでとは思わないわたしは、料金を払うべきとの気持ちはある。だが何割かの記事で英語版を無料で提供している現状を考えると、そして無料では読めない日本語記事の後半部分を英語で読んでみると、やはり全体的には、料金に納得がいかない気がしている。
 新聞業界が赤字であることは想像できるが、紙媒体とは違う電子版ならではのメリットをどうにかして活かし、価格の合理化を進めてもらえるとありがたい。

中野区のモバイル用アプリ「なかのEYE」

 行政がやるサービスにしてはずいぶんスマートだなと思っているのが、こちらのアプリ( → なかのEYE )で、iPhone用とAndroid用が用意されている。道で危険な場所を見つけたり、不審なゴミ放置などがあれば、GPS機能をONにして撮影した画像を、アプリから中野区に送る。区で情報を確認してから、対応中または対応済みなどのマークと短いコメントをつけていくというもの。
 入力はモバイルからのみだが、パソコンからマップの閲覧も可能 → https://perze.jp/nakano/

 スマホも地域のためにこうして使えば、とても便利で有意義であると思える好例。