マイクを買った話

 いま、音声の録音に凝っている。
 マイクが3000円前後で買えるなどと知らなかった人間としては「1年の遅れをこれから取り返すぞ」の気分である。

 以前から何度か書いているかと思うが、去年の4月か5月ころに、童話など著作権切れの話を朗読して、ネットに載せようかと考えた。
 そのとき…

  •  雑音除去の問題で引っかかったこと(音声ファイル形式やソフトの問題、そして音のいいマイクは高いから買えないと思いこんでいたハードの問題ともに)
  •  当時わたしが利用を考えていた音声配信のプラットフォームが、録音のインポート機能なし(つまりその配信サイトのメニューで録音を開始し、生でしゃべったものを簡単な編集をして配信する)だったので「そんなんいくらなんでも無理っしょ〜」と思ったこと
  •  …で、結果として、話が塩漬けになってしまった。

     ところが、つい先日マイクの話をFacebookで書くと、20年以上も前から知り合いの知人が「安いのもあるんだよね」と話をはじめた。安いマイクを比較している動画もあるからYouTube見てみれば、と。
     動画を見て、改めてマイクを検索すると、たしかに3000円台から買えるらしい。しかもWi-Fiのヘッドセットではなくて置き型タイプでも、それくらいからあるのだ。

     そして、マイクが音を一方向から拾うものであれば、多くの問題が解決する。周囲の覆いを以前より強固な段ボールで作れば、雑音除去のソフトについて心配しなくても、なんとかなるような気がしてきた。さらに、最初に考えていたものと別の配信サービスを使えば、作っておいた音声ファイルをそのサイトにインポートできることもわかった。

     すっかりやる気になって、たった半日の検討後、Amazonでポチッ。そして翌日これが家にやってきた。

     到着後、ただ広げてみたところ。これがすべて付属で2980円。
    Amazon限定品のマイク(マランツ)

     組み立ててみたところ。
    Amazon限定品のマイク(マランツ)

     ここには付属していないが、アダプタに接続するイヤホンまたはヘッドフォンは、あったほうがいい。挿す穴の数はその分だけ余裕がある。
     イヤホンは家に余っていたので、ほとんど何も買わずに使用を開始することができた。

     なお、付属のアダプタケーブルは、type-cのパソコンやタブレットにつなげるものなので、それ以外のものにつなげたい場合は、買いに行く必要があるかもしれない。

     数日ほど実験してみて、いまのところ問題なし。音声はクリア。よほどのこと——たとえば家の前を石焼き芋屋でも通らないかぎりは、なんとかなりそうな気がする。ほとんど雑音除去のソフトにもお世話になっていない。

     今回購入したのは…

     Amazonの、この商品。
     なお、よく似た名前で6000円のものもあるので、注意。

     というわけで、現在のところ音声のテスト中である。目指せ、朗読。 

    (それにしても、その知人とはずっといろいろな話をしてきたつもりだが、なぜ20年以上ものあいだ安いマイクの話が出なかったのか、その謎は残る…)

    なぜ、いままでなかった…「冷凍のマルセイバターサンド」

     六花亭のサイトを見ていたら、冷凍商品のなかにマルセイバターサンドがあった。冷凍してまずくなるバターサンドというものをわたしは知らないが、よく考えたら六花亭では、いつも冷蔵販売だった。

     六花亭は通販で冷凍商品も販売しているが、おこわ、ホットケーキなどの詰め合わせ商品が主で、目を引くような華やかさがなかった。そこにマルセイバターサンドの登場だ。

     これはいいなぁ、ほしいなと、いったいいつからあったのか検索したら、笑ってしまった。2月16日に発表といことは、発売の翌日に気づいてしまったのだ。

     いいなぁ、これ。そのうち買ってみよう。

    今年は、よい買い物をした

     冷凍食品や冷凍パンを保存できる冷凍庫(85L)、小型だが急ぎのTシャツやタオル類が乾かせるだけでありがたい衣類乾燥機など、今年はよい買い物ができた。日常のことが、だいぶ気軽になった。

     ずっとほしかったのに踏ん切りがついたのは、例の「ひとり10万円」の給付金がきっかけだったのかと思う。いつもうじうじと「パンを買いたいのに冷凍庫がいっぱいだ」とか、「雨が降っていて洗濯物が室内にる」とか、悩んでも自分の力でどうにかなるものでもないことに時間をとられていた。ところがいまは、そういう心配がないのである。

     必要なものは買う。何かで代用できるか、すぐに必要でないものはじっくり考える——今年はそれがうまくいった年だった。来年もこうありたいものだ。

    30年以上使った時計が壊れた

     おとといのことだが、昭和61年の日付がはいった目覚まし時計(置き時計として使っていた)が、壊れた。これまでも調子が悪いことはあったし、あまり動作に関係のない部品が外れてしまったことはあったが、なんとか使えていた。

     だが、おとといの晩、数十センチの高さから落としてしまった。針が内部で外れてしまい、今度こそ利用不可能に。

     ひっくり返して、日付を見た。昭和61年11月に、高円寺駅前に当時あった吉甚さんで買ったものだった。目覚ましとして使っていた期間はあまり長くなかったかもしれないが、台所などで、時間を見るのに使っていた。

     大きな存在と思わないまま、日に何度も何度も見ていて、壊してみて初めて、その大切さに気づく。
     あとで次を買いに行こうと思いながら、何度も何度も、その場所を見て「あ、ないんだ」と。

     不便さと喪失感に耐えられず、今日の夕方になって時計屋に出かけ、代わりを買ってきた(左側)。今度はセイコーだ。

    置き時計(新旧)

     ところで、時計屋を探すのがたいへんだった。最初は「あとできちんと買い直せばいいのだから、100円ショップで間に合わせを買おう」と、近所まで出かけていったところ、100円ショップで数百円で売られているものは、どれも「マンガン電池を使用、充電式は使わないで」と書かれていた。エネループが使いたかったので、それでは困る。数日の間に合わせのために主義に反してマンガン電池を買うのも嫌だった。

     そこで「野方の駅近くに時計屋はなかったか」と、散歩がてらに歩いていくことにした。

     野方駅の北口を少し進んだところに、以前に記憶していた時計屋があった。幸いなことに目覚まし時計も複数飾ってあったため、ひとつを購入できた。どれもだいたい3000〜3500円(税込み)だった。お店の人は親切に「鳴らしましょうか」と、音を確認させてくださるおつもりだったのだが、置き時計として使うのでと、それは辞退した。
     少し話をした。「安い時計はマンガン電池しか使ってはだめと書いてあって困っていた」と伝えると、驚いていた。そんな時計があるんですか、と。さらに、どうしても今日買いたくて、このあたりにお店があった気がして歩いてきたんです、見つかってよかったですと話すと、以前は界隈に時計店が8軒もあったという。

     時計店は、たしかに減っている。腕時計すらスマホの台頭で出番が減っているのだから、柱時計や置き時計も同じ運命だろう。かつては新築祝いや結婚祝いなどで活躍した柱時計も、小さめなサイズの壁掛けタイプが利用されているように思う。

     30年以上も同じ時計を使っていたことに気づかなかったが、時計店が減っていることにも、業界の変化にも無頓着だった。

     時計ひとつで、いろいろなことを考えるきっかけになった。
     今度の時計は、何年くらい使えるだろうか。

    混雑緩和のための年内福袋というが

     今日の午後遅くに、荻窪のルミネに出かけてきた。買いたいものは決まっていたので少しだけ立ち寄ったのみだが、気のせいか少し空いていた。平日の夕方近くで、新宿でもないのだから、空いていても自然なのかもしれないが、警戒していた分だけ、少し拍子抜け。

     館内にチラシがあり、年明けの福袋で並ぶ人を減らそうと、一部の店が年内の福袋販売を用意しているということだった。だが用意している店によっては限定数が数十程度であり、とても翌日以降に買いに出かけられる数量とも思えない。これではかえって、その販売の初日に人が集中して出かけてしまう可能性も……。
     そして予約ができる店舗の場合も、いったん店舗に出かけていって予約する事例を想定しているようだ。短期間のうちに2回も行くというのは、よほど駅近に住んでいるのでもなければ、面倒に思える。

     年末年始は、デパートなどで行列を防ぐための工夫がなされるとは思うが、やはりよほどうまく対処しないと、混雑は避けられないだろう。新春の福袋に出かけることがなくなったこの数年だが、かつてのファンとして、混乱がないことを祈る。

    忘れたころに、ミズノのマウスカバー

     夕方、スマホを見ていた家族が「えっ」だったか「げっ」だったか、とにかく短い言葉を発して硬直していた。何かと思ったら、初夏のころに申し込んだ記憶があるミズノのマウスカバーが、再抽選で当たったというメールで、あまりの時期のため、意味がよくのみこめなかったようだ。

     とりあえずあとで申し込むということになって一件落着だったのだが、わたしもその場で「ミズノのマスク」と検索したところ、別の人が(あまりにも時期が離れているので)ほんとうにミズノからのお知らせなのか嘘メールなのかと、メールをじっくり確認した話が見つかった。みなさんやはり、最初は驚きのあまり「げっ」なのかもしれない。

     わが家では、4月か5月くらいまで、家で大判ハンカチやバンダナにペーパータオルを入れて耳に引っかける簡易マスクにしていたのだが、夏には洗えるマスクが豊富に出まわるようになり、何種類か購入して順番に使ってきた。
     つい最近まで、そうした夏用を含むマスクを愛用していたが、このところ「けっこう傷んできたかも」、「生地がこの季節には薄すぎかも」などと、ときに不織布も使うように。この先どうしようかと考えていたタイミングだった。

     どんな生地なのかは到着してみるまでわからないが、ミズノのものが届いたら、まずは使ってみたい。

    100円ショップの「袋キャップ」

     なんという名前なのかわからなかったのだが、適当に言葉で検索したら「袋キャップ」と書いている人が多かった。小麦粉などの袋で、あまり大きく口を開けずにプラスチックの器具を挟んで固定し、そのあとは器具の蓋(キャップ)を開け閉めするだけで、スプーン要らずなのだ( → 長い言葉で画像検索してみた)。

     半月ほど前だったか、いつも行く100円ショップCan★Doで「新入荷」という棚にあったグッズを買ってみたうちのひとつだったが、その次に寄ったときは見かけなかった。時間がなかったのであまり探さず、それきりにしてしまったが、次回はいくつか買い置きしたい。

     強力粉は2kg以上で購入するし、その場合は袋にファスナーがついていることが多いので、この器具は使えないかもしれない。だが1kgの薄力粉や、いかにも「うちのショップはプロしか相手にしないからファスナー付きの小麦粉なんだそれ」という雰囲気の店から買った場合は、何kgの粉だろうとファスナーではないので、これがあれば重宝しそうである。

    冷風扇などの善し悪し

     小型の冷風扇は場所をとらない。ただし風向きを変えたり首を振ったりするものは、たいていは大きめサイズ。

     サーキュレータは低価格で売られているが(そこらへんのスーパーの店頭にすら2480円で置いてある)、音が大きめなものが多い。そしてもちろん、エアコンなどで冷たい空気を発生させておく必要がある。そうでなければただの扇風機だ。

     大きめサイズの冷風扇は、もしや部屋を加湿してしまうのではないか、そして倒したときに水漏れが起きるのではないかと考えて、買えなかった。

     けっきょく、小さな冷風扇(首振りなし)の2個セットで、なぜか布団に敷くひんやりシーツも2枚付属した商品を家族が探してきて注文、今年の夏はそれを使っている。ひんやりシーツは到着した当日から使っているが、冷風扇はまだ1個しか使っていない。値段としては単体で2個買うより安かったのだが、フィルタは毎年購入し直す必要があるそうだ。

    100円ショップは偉大

     このところ、週に1回程度は100円ショップへ。いつも出かけるたびに「あれを見るのを忘れた」と、ひとつふたつが宿題になるが、昨日はついに思い出してメジャー(巻き尺)を。

     荷物を人に送るときに60cm以内にしたいのだが、いつも巻き尺を家族から借りていて「次こそ」と、何度も何度も考えていたのだ。やっと昨日は買ったのだが、置いてあった場所は裁縫コーナーだった。文房具の場所にもあったのかもしれないが、ともあれ、巻き尺は買えた。引っ張って使ったあとにボタンひとつで巻きもどるのも楽。これで110円なら、ありがたい。

     ところがドキッとしたのは、片面がインチ表示だったこと。自分としては20cmくらい引っ張ったつもりが、インチで10弱になっていたので「どうしたことだ、この巻き尺は〜っ」と驚いたのだが、裏面がセンチだった。

     ほかに最近の買い物でたすかったのは、ヘアカット用の梳きばさみと、櫛のあいだにカミソリがはいっているタイプの商品(あれはなんと呼ぶのか、あとで商品名を確認しよう)。このところヘアカットもなかなか出かけられないが、普通に売られている髪用のはさみでは直線にしか切れないし、なかなか毛先が整わない。梳きばさみやカミソリがあれば、適当にやってもなんとなく「ま、いっか」に仕上げられる。

     家族が先日から自宅でのヘアカットに関心を示しているため、義母用に買ってあった普通のはさみのほか、梳きばさみとカミソリがほしいと思っていたところだった。ドラッグストアなどでは、いろいろなものがセットになって1300円くらいしてしまう。それはちょっと、高いように感じていた。

     100円ショップ、ありがとう。

    小型の衣類乾燥機

     毎年7月上旬ころに「気持ちがどうにかなりそうだ、限界だ」と叫んでいるのが、洗濯物。部屋のいたるところに洗濯物があってじめじめし、気分が悪い。調べていたらFacebookでこの時期よく書いていた。今年は7月6日、去年は7月7日だ。

     というわけで、どうにかなってしまう前に今年こそはと、衣類乾燥機を調達。

    小型の衣類乾燥機

     隣に写っているのが中サイズの洗濯機(45リットルくらい)なので、比較して考えるとかなり小ぶり。だがそれでじゅうぶんである。こういった時期に部屋中が洗濯物に占領されるのを防ぐ程度の量(日々の洗濯のうち4割程度)を乾燥機にかけるようにすれば、あとはどうにかなる。

     さらには、いったん干して生乾きになったものを中心に乾燥機にかければ時間も短くて済むので、周辺が暑くなることも緩和できるだろうと計算。洗った直後のものをすべて乾燥機にかけようとすれば、電気の場合は2時間以上かかるだろうが、その場合は周辺の気温が上がるだけでなく、ほかの部屋でエアコンを使う際に心配で仕方ない——。容量を超過してブレーカーが落ちたらパソコンが危険であるため、使う時間は短いほうがいい。

     きょうはそのつもりで、生乾きのもので実験してみた。快適だ。明日からも少なめの量+生乾き状態のもので、使おうと思う。

     これで、明日からハッピーである。

     ちなみにこの商品はわたしが7月6日の午前に「どうにかなってしまうーっ」と叫び、その日のうちに家族が楽天で探したものだが、本日8日の夕方には設置が終わった。発送元は広島だが、ありがたいことである。配達業者さんも、ありがとう。

    参考リンク:
    今回の商品(楽天)
    送料も税もコミで、21900円だった。