家庭用のソーラーパネル(自作キット)を購入

 数年前から、真夏のベランダでソーラー発電をやってみたいと思っていたが、どんなものを買えばいいのかわからずにいた。あまりにも簡単なものだと耐久性も心配だったし、かといって本格的なものは賃貸住宅では難しいだろう、と。

 そして今年の春から「夏になったらこれを買う」と、ブックマークしておいたのが、こちら。楽天の「工具広場」という店の商品である。

 7月になったときに注文したら、やはり世の中の人が考えることは同じなのか、品薄だったようだ。9月中旬までお待ちくださいとのことだったので、注文はそのままで待機。だがそのときキャンセルなどをしなくてよかった。その直後に2000円値上がりしたので!!

 9月中旬に到着したのがこちら。
 左側が到着時(パネルは別梱包)、右側が設置時。

ソーラーDIYキット
 奥の黒いものがバッテリー。ここに蓄電する。中央のブルーのものがインバーター。家庭用の電圧に変換するもの。手前の小さめパネルは、充電中かどうかを光って知らせる。

 こちらがパネル。右側の正面を向いているのが到着時で、室内が映りこんでいる。左側は窓際(室内)設置時で、外の物干し竿が映りこんでいる。
ソーラーDIYキット

 ほとんどすべてのものがセットになっていて、同梱の説明書を見ながら組み立てるが、おそらくほとんどの家になさそうなものが、こちら。インバーターから家庭用のテーブルタップにつなぐ際に必要なアダプタだ。
(購入したのはヨドバシだが、楽天の画像をリンク)

 賃貸住宅なので壁に穴を開けることができないため、パネルは室内に置いた。朝になれば勝手に日が差す(雨戸をしない)場所があれば、屋外よりこのほうが安心かと思う。カーテンと窓のあいだに倒れないように設置し、窓とパネルのあいだの床に、除湿のシリカゲルを置いた。冬の結露で、万が一にもパネルに影響があってはならない。

 シリカゲル製品は、こちら。(こちらも購入したのはヨドバシだが、楽天の画像をリンク)

 部品等を確認してから設置となったので、到着から少し日数がかかったが、昨日からようやく使用開始。
 ただ、到着したバッテリー内部にけっこう残量があったようで、何回かスマホ充電などに利用したものの、まだ自分の発電ではなくその残量を使っているのではないかと思われる。
 これは最安セットだったので、充電中かどうかをランプで知らせるが、もっと細かく液晶で数字として残量を見せてくれるものは、別の商品に付属しているらしい。
 初回なので、数値が見えなくても、まあよしとしよう。

 秋の日差しをたっぷり浴びて、発電してもらいたいものだ。楽しみ。

ココカラファインのクーポン付きくじ

 ドラッグストアは散歩ルートに大きめのツルハがあるため、だいたいそこで買い物をしている。以前はココカラファインやマツキヨも使っていたが、マツキヨで買っていたものが経営統合でココカラファインでも買えるようになり、行かなくなった。

 ココカラファインは高円寺にも都立家政にもあるが、まあ、店舗の大きさからしてツルハだよな〜と思っていたところに…!!

 いつまでやるのかは不明だが、ココカラファインがアプリで1日2回引かせてくれるくじを用意するようになった。そのくじは、外れることもあるものの、1日に2回引けるためだいたいはどちらかが当たる。ものによっては10%オフ、あるいは15%オフというクーポンが出るのだ。

(ただし、うまいことできていて、そのクーポンはくじを引いた時間から48時間以内に利用しないと消える)

 しょっちゅう当たりが出るのでいつでもいいやと思ったものの、ツルハ以外の散歩ルートのときにそのクーポンを使うべくココカラファインに入店すると、やはりけっこう買ってしまう。買う予定があったのは額に貼る冷却剤くらいだったのだが、ゴミ袋、入浴剤、トイレ用洗剤など、あれよというまに2200円以上の表示された。ただしクーポンのおかげで250円〜300円くらいは、引いてもらえたと思う。

 おかげでアプリを立ち上げる回数が増えたし、実際にこうして買ってしまうし、ビジネスとしてどうなっているのか収支は不明だが、客としては楽しい。

 そういえば、半年くらい前だったか、Amazonでちょっとしたキャンペーンにより4000円分のポイントをもらって座椅子を買った。そして先週は1年に1回使うかどうかのPayPalに1500円のクーポンが来て、部屋着を買った。こういうカネはどこから出るのか、素人が考えても仕方がないことだが、マーケティングを兼ねた何らかの実験なのだろう。

窓用のフィルム

 冬が近づくと結露の心配がはじまる。窓ガラスの下に置くと湿気を吸ってジェル状になるシリカゲル製品があるらしく、それを検索していたところ、別のものに目を引かれた。

 窓に貼れるフィルムだ。貼ると外から中が見えにくくなる曇りガラス効果があるものや、はっきりと模様がついて見えるもの、あるいは日光や紫外線を軽減するものなどがあるらしい。また、防犯用のものを貼れば、空き巣が窓を割ろうとしても時間がかかるので途中であきらめてくれるという利点も。

(種類はいろいろあるが、この画像は楽天でたまたま目にはいった店のもの)

 現在の家ではそれほど必要ではないのだが、今後は「ああ、こういうのがあるのか」と知っておくことで、気が楽になる。というのも、人は南向きの家を好むものだが、1階の窓は怖くて開けられないお宅がけっこうあるのも事実。実際にご近所でも、家に人の気配はするのに1階は窓シャッターを閉めたままということもあるのだ。

 わたしも将来の引っ越しにそなえて間取りをネットで検索しているが、人通りのある道に面している家ならば、1階の窓は、覗かれるのではないかと気が気ではないはず。現在わが家は道に面しているのが南ではないため、南向きの窓もそれほど神経質にならずに済んでいるが、今後はこうしたフィルムと薄いカーテンを併用する方法があると、覚えておきたい。

買い物や食レポは「自腹」が原則

 何年か前に書いたような気がして検索したら、10年以上前に1件。

「自腹を切って取り寄せる」ということ

 そして今年の2月に1件。

顧客を利用したマーケティングのもろさ

 わたしは食べ物についてネットに書くには、自腹での購入が原則という方針を持っている。あらかじめのリサーチはほどほどに、うまいかまずいか自腹で取り寄せて試してみる。うまかったらにんまりし、まずかったらがっかりする。それでいい。

 ありがたいことに、バウムクーヘンのサイトを10年以上運営していると、差し上げましょうかとお声をかけてくださる店がときおりある。その都度、お気持ちに感謝しつつも丁重に辞退している。可能ならば自分で買うが、レアものなどは通常ルートによって自分で手配できないため、あきらめる。順番待ちや抽選で心待ちにしている従来の顧客の脇から、こっそりいただくわけにはいかないし、買ったふりをしてそれをレポートすることはできない。

 このところあまり取り寄せをしていなかったが、この夏はいくつか、またバウムクーヘンを入手する機会がありそうだ。

マルエツの Scan & Go で、疑問

 めずらしくScan & Goのレジに先客がいて、なかなか動かなかった。たいていは、カゴをカメラの前に置いて、入力してあるデータで「会計」を押し、会計が済んだらQRコードをカメラに見せて終わるのだが——何かトラブルでもあったのか。もしや大量の会計を、買い物しながらではなく、その場で読みこみしていたのか。

 少し待っていると、ようやく会計の手続きが終わったようだ。やっと動くのかと思ったら、そのとき。

 …女性が決済のタブレットを子供に渡し、自分だけはカートを押して歩いていってしまった。いや、待て、それでいいのか? 

 わたしはずっと、決済したQRコードをカメラに読ませるとき、同時に商品のカゴも一緒に撮影するシステムなのだろうと思っていた。だがその子供がタブレットのコードをカメラにかざすとき、母親らしき人はすでに彼方へ。あれでは、空っぽのテーブルとQRコードを撮影ということに、なりはしまいか。

 それでもとくにエラーにならなかったようなので、あの商品カゴを撮影するカメラがどういう役割なのか気になってしまった。

 もしや、撮影していないのか? 映しているだけ?
 あるいは、瞬間的な撮影ではなく、録画?
 真横に係員が常駐のカウンターがあるため、不審な行動への抑止力になると考えている…?

 不思議である。

割高でも、パーツを購入

 愛用しているスクリュートップキーパー(岩崎工業のキッチン用品)で、蓋のシリコンパッキンがゆるんできているものがあり、気になっていた。

(スクリュートップキーパーの参考画像、楽天から)

 以前調べたところでは、公式サイトにおける「郵便切手を送ってくれたら、商品を送ります」といった、ゆる〜い購入方法しか案内されておらず、どうしたものかと思っていたところ…

 シリコンパッキンの通販サイトが出来ていたっ → https://lustroonline.theshop.jp/

 商品の本体を買っても300円台くらいであるところ、シリコンひとつに200円というのはちょっと考えてしまうが、本体や蓋に問題がないのに価格のことだけ考えて買い足すのは性に合わない。さっそく注文を検討しようと思う。何本かまとめて購入しておこう。

 郵便代が込みであるらしく、送料は別途発生しないようだ。

吉祥寺東急に、Seriaができたのか

 以前に吉祥寺の南口にあるマルイでSeriaの混雑に驚いて以来(平日ならともかく週末は会計に長蛇の列だった)、Seriaは気軽に買い物出来る場所ではないなぁと思っていたのだが、東急百貨店のページを見ていたら、吉祥寺店の上階にSeriaの新店舗ができたという。

 ちょっと洒落っけのある商品があって、たまに見るには楽しいSeria——普段はダイソーとCan★Doを愛用しているが、店舗が減ってしまったシルクも好きだった。シルクはWattsと同系列だが、シルクという名称のものは減っている。高円寺の南口に伸びていたルック商店街の三平ストアに、好きな店舗があった。中野ブロードウェイにも以前にはあった。

 さらに、わたしが気づいていなかっただけで、西友吉祥寺店にもSeriaがあるのだそうだ。先日は服飾品の売り場がなくなる直前のセールに立ち寄ったが、上の階まで見なかったので気づかなかった。
 2階の元衣料品フロアは改装工事予定、4階の生活用品フロアはすでに改装工事になっているらしい。改装が終わったころ、また寄ってみたいと思っている。

西友吉祥寺店で2階と4階が売り尽くしセール

 用事で吉祥寺に出かけた。高齢者向けの服を探していたのだが、いつも頼りにしている北口すぐの格安洋品店「マーブル」は、今回ちょっとアウト。きれいな服ばかりだったのだ。調達希望は「地味な服で、季節外れの長袖」だったため、マーブルは対象外に。

(マーブルは、長袖はあったが、きれいで、夏向けだった)

 いちおう西友吉祥寺店に出かけると、そこでびっくり。2階のファッションフロアが限りなく空っぽ。まったく何もない。少し若向きの肌着があったようだが、それ以外はまったく何もなくて、床と壁がよく見える。
 帰ろうかと思ったら柱の陰に(あきらかに地味すぎて売れ残った)商品があり、その10枚くらいしかない服が、頼まれていた「地味で季節外れで長袖」中心だったので、ありがたく2枚ほど購入してきた。5割引セールだった。

 帰宅してからネットで見ると、どうも2階の服飾売り場と4階の生活用品を閉じるらしい。その後は何がはいるのだろうか。

 わたしは西友吉祥寺店にはほんとうに世話になり、荻窪の西友が広いと気づくまでは、いつも服をそこに買いに行っていた。その後に「多少は狭いけれど阿佐ヶ谷の西友でもいいか」と横着してあまり吉祥寺に出かけなくなり、ごくたまにしか寄らなくなったが、服や靴の買い物が苦手で「誰にも見られたくない——着られるもの、履けるものを引っつかんですぐ買える店は西友くらいだ」という思いがあったため、若いころはほんとうに、西友さまさまだった。

 そうこうするうちに、ほかの店で堂々と買えるようになったわけではなく、服や靴を買わなくなってしまったのだが(どうしてものときは通販で格安スニーカーを買う)、こういう人間が増えたから、通販に押されてしまったのだろうか。

 通販の客が増えたからなのか理由はわからないが、それにしても、売り場がなくなってしまうのがあのころだったら、わたしの生活に、どれほど衝撃だっただろう。

 西友吉祥寺店、いままでありがとう。

伊勢丹Doorの初回お試しが安すぎる

 送料、バウムクーヘン(ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベ)、あの伊勢丹柄のエコバッグ——それだけでも1980円くらいかかりそうなものだが、野菜、惣菜など高そうなものがけっこうはいっていた。これはぜったい赤字どころではないはずだが、伊勢丹はもうこれをしばらくやっている。

 しかも「しばり」がなくて、初回限定のこれを買ったからといって今後ずっと定期便を買えと言われるわけではない。だが、ここまでお得だと、メールを読んだりしてもいいかなとか、いろいろ考えているうちに抵抗感がなくなり、定期購入する人も増えてくるのかもしれない。

 食材はオイシックスと提携している。

伊勢丹Doorお試しセット

 商品も丁寧に選ばれているとは思うが、たとえば段ボールひとつ見ても「さすがデパート」である。上部を開けると、内蓋が引っ張れるようになっていて、ただ軽く引っ張るだけで立体感のある箱になり、なにやらおしゃれ。段ボールはすぐ壊してしまう人も多いかとは思うが、ちょっとしたこの遊び心というか、気持ちに余裕のある作りは、殺伐としたことの多い世の中で「まだ、暮らしにこういう余裕を感じさせてくれることってあるんだ」と、ちょっとうれしかった。

このご時世に、付け替えがない

 今年の1月下旬ころから「激落ちくん」という商品で浴室の壁を洗っているのだが、化繊のブラシ部分がだいぶ減ってきたので、そこだけ買えるのかと思って検索してみたところ、Yodobashiのコメントらんに「ない」と書かれていた。けっこうショックである。柄まで一緒に買えと? しかも(掃除の頻度にもよるだろうが)数ヶ月で必要になるのに、柄まで買えと?

(画像は楽天のマツキヨから)

 先端部分のブラシだけ変えられるようにすると、他者の市販品と互換性が出来てしまうとでも考えているのだろうか。馬鹿げている。柄まで買い直したらゴミが増える。

 というわけで、今回はとりあえず急いでいたためショートタイプを買い直ししたが、今後については柄を買わずに済む他社製品に乗り換えてもいい。せっかく使いよかったと思うが、残念だ。