座椅子が到着: 畳文化と「ほっこり」

 先日こちらに書いたAmazonから棚ぼたでゲットした4000円分のポイントだが、座椅子を買った。アイリスオーヤマのもので、どの通販サイトもだいたい4000円前後で売っている。Amazonのポイントを使って370円前後で購入できた。

 色は各種あるようだが、白以外は在庫切れまたは完売らしい。(画像はAmazonから)

 注文翌日に発送、18日に到着。開封して、ただ広げただけですぐ使える。リクライニングは調節可能。
アイリスオーヤマ もこもこ座椅子 calme

 こういうものがあると、和室でも洋室でも、足を伸ばして薄い毛布でもかければ完璧に「こたつ」状態が楽しめる。広い家ならばこれを数個買ってきてそれぞれ布をかけ、床暖房でもすれば「部屋ごとこたつ」状態だ。

 この先、和室やこたつに慣れていない世代はどうするのかわからないが、昭和後半生まれとしては「いいもの買った〜、楽だ」と、勝手にほっこりしている。

 それにしても、いつか引っ越したいと思いながら不動産サイトを眺めているが、和室がひとつある家に、どうしても惹かれてしまう。こういう「足を投げ出してほっこりする」ことが、わたしの感覚だと「和室」に直結しやすいのだろう。洋室でも完璧に暖房すれば足を投げ出していいはずだが、もう頭の中にすっかり「和室」と「ほっこり」が結びついてしまっているのだ。

rebakeをひさびさに注文したが、冬でよかった

 買い物ブログのほうにも書いたが、年末年始は冷凍の商品を少し多めに買ってあった。そのタイミングで「まだすぐには来ないだろう」と思っていたrebake(パンが余ったときに店から冷凍で配送)をひさびさに注文したところ…なんと、数日で到着してしまい、大あわて。

 直後に冷凍できなかったものがあり、食事計画を変更して、ライスや麺ではなくパンを多めに食べることになった。なんとか2日以内くらいに減らしたい。

リベイクのパン rebake.me

 これは北海道のパン屋さんのもので、東京までの送料を入れても3270円。いつもこの量なのか、お客さんが来られないほど天候が悪くてパンが余ったのかは不明。前者であったらお得すぎる。特別に多かった場合には店名を出すとご迷惑になるので、出さない。

 冬でよかった。夏に「冷凍庫にはいらないっ」だったならば、たいへんなことになっていた。

 それにしても、買い足した冷凍庫は100Lだったような気がするが、それでも入れられないって、いったい何がはいっているのだ、うちの冷凍庫は(注: 食品だけではなく、急な発熱など体調不良にそなえた冷却剤なども冷凍しているのだ!)…。

 パンは自分でも頻繁に焼くので、しばらくrebakeからは遠ざかっていたが、自分で焼くと同じ種類のものが大量にできてしまい、いろいろな種類を少しだけというわけにはいかない。だからこそrebakeが重宝していたのだが、う〜む、タイミングが難しい。

2日目は、恒例の阿佐ヶ谷へ

 この数年は、正月に阿佐ヶ谷に出かけることにしている。

 ○ まずは高円寺の「おかしのまちおか」で福袋を狙い(←もしや今年は販売していなかったのだろうか。午前11時前で、まだありそうな時間帯だったのに福袋が見あたらず)

 ○ 電車で1駅を移動して阿佐ヶ谷まで。ビーンズ阿佐ヶ谷の高円寺寄りの一画にある「おなかすいた」で福袋を購入。この店は「中味はぜんぶ違います」と断言しているので、手に持ったり、隙間から見たりしながら選んだ。店員さんからも、中味を覗いてくれてかまわないとのお達し。
 去年があまりにもお得だったのだが(1080円なのに1000円以上する瓶入りギーがはいっていた)、今年は普通にお得で、漬物(たくあん)やら、浅漬けの素やら、さんまのフレーク瓶詰めなど、5品目程度。

 ○ 今年はとりわけ高かったので購入を迷ったのだが、駅近くにある和菓子店「鉢の木」の花びら餅も。以前は2個入りで800円弱だったように思うが、記憶違いだっただろうか。今年は970円前後。正直、迷った。だが正月の早い時期に確実に買える店はここしか知らず、購入。
 だが正月にこだわらなければ、1月中くらいで売られている和菓子店はほかにもあるので、来年からはちょっと検討しようかと。鉢の木さんはちゃんとしたお店だが、正月は財布がすかすかになってしまいがちなので、懐にやさしいほうがいい。

 ○ 駅のカルディで、食品福袋4000円(公式アプリで抽選予約してあった)を購入。

 ○ 駅前のヨークフーズで、日清の冷凍スパ王4種類セットが格安だったので購入。さらにハーゲンダッツが4種で正月っぽいパッケージにはいっていたため、購入。

 ○ 昼食にするため、駅前で天丼を購入して、帰宅。

 食品系の福袋や、正月の前後に購入したものは、のちほどまとめて買い物用の別ブログに掲載予定。

 夕方、牛乳を買い忘れていたので近所のスーパーまで2度目の外出。さすがに連日あちこちに買い物に出ていると気ぜわしい。明日くらいは、軽い散歩のみにしようかと思う。

洗濯機を買い替えた

 容量は小さめ、置き場を選ばない洗濯機を探していた。ちょうどよいものが近所で売られていたので、配送を申し込んだのが先週。本日午前の雨が激しい時間帯に、配達と設置、旧洗濯機のひきとりに来ていただいた。申し訳ないやら、ありがたいやら。

洗濯機を新調

 これまで使っていた日立と、ほぼ同じサイズ。あちらは 最大が45リットルで5kgまでと書いてあったが、こちらは最大が45リットルで、4.5キロまでという表示。

 驚いたのは、液体洗剤の投入口がないことだった。わたしはあまり関係がないのだが(粉末またはジェルボールを愛用)、液体洗剤を使う人は多いはずだ。液体の場合は水が落ちるあたりに入れましょうということらしいが、それだと予約洗いはできないだろう(洗濯物にしみこんでしまうため)。わたしは予約洗いもしないし粉末またはジェルなので関係ない話だが、液体洗剤で予約洗いに慣れている人は、こういうこともあるので、買う前にチェックをしたほうがよいかと思う。

 代わりに、謎の「液体漂白剤投入口」があった。ほかには通常ある液体柔軟剤投入口。

 …液体漂白剤の投入口って、え、それ、どんなものだ。いつどのタイミングで使うのだろう。わたしは使わない。酸素系漂白剤(粉末)を、気休めに少し洗濯時に混ぜておくが、液体…。洗濯開始時に混ぜておくものなのだろうか。ならば液体洗剤と同じ扱いで、そこに液体洗剤も一緒に入れてはいけないのか。(←どのみち使わない機能や製品について悩んでも仕方ないが)

 ともあれ、15年以上使っていた製品に別れを告げた理由(ときおり大きめの音が発生)が改善されたので、これで今後も変わらずに洗濯ができるのがありがたい。

 お買い得品で、設置、ひきとり料金を入れて、3万円台だった。

○ 同じ商品を楽天ビックで

12月の物流

 この2年で中食(なかしょく)が増えたことや、外で宴会するよりも自宅にお取り寄せという人が増えたことで、宅配業界がすごそうな状況だとは予想していたが、今年はとにかくすさまじい。

 通常ならば何曜日だろうと時間指定せずに荷物を待っていれば、午後3時くらいまでには到着することが多かった。よほどの用事があれば別だがわたしは午後3時過ぎから近所を歩くことが多いし、家族も家にいるので、時間指定をする日のほうが少なかったのだ。

 数日前も、重いものだからドライバーも早く持ってくるだろう(そのほうがガソリンの節約になる)と予想していたところ、佐川急便が夜の8時半過ぎに荷物を持ってやってきた。荷物は朝のうちに配達の営業所を出たことになっていたが、もしや「予定」として表示させただけで、車に積んだのはその後という可能性もあるということか。

 そして今日は月曜日。どちらかが家にいるのだからと時間指定せずにクロネコの荷物を待っていた。出荷が昼ころで、日付が変わったすぐに埼玉を通過した入力あと、いっこうに情報が更新されないまま夕方6時半になっていた。もしすぐ近所の配送店にまで荷物が来ていて担当者が配達もれに気づいた場合に、夜の8時だ9時だに持ってこられても困るので、自分から翌日午前でと指定しなおした。
 その前後に、ねんのためクロネコの問い合わせ電話番号にもかけたが、自動応答で「混雑しているのでAIチャットサービス以外の方は“電話をお切りになり、かけ直してください”」と言われて唖然。0120なので、そのまま待たれては自分たちの負担になるということだろうが、以前は「お待ちくださいのまま」と待たされたものだった。お切りになってから再度〜とは、なかなか斬新だが、そうとでもしないと手に負える量ではないのだろう。

 12月の上旬でもこれなら、中旬以降はさぞかしたいへんなことだろう。できるだけそのころは余裕を持った日時指定をしておくこととしよう(店の事情で出荷が決まってしまうこともあるけれど)。

 

高齢者向けの衣類通販

 田舎の親がひとりで服を買いに行けなくなり(←高齢であることや、交通手段の問題で)、カタログ通販がしたいと去年から相談を受けていた。去年はたまたま見つけた店を紹介したが、やはり時代によるものかカタログよりもネット通販に力を入れたい店のほうが多く、使い勝手もいまひとつらしい。そこで、今年はどうしたものかと考えていた。

 今年も、たまたま見かけた店を親に紹介してみた → Care Fashion Online

 わたしがネットで親の住所を入力すると、カタログはすぐに発送してくれたそうだ。さらに、カタログとネットに載っている商品種類に差がないようなのもうれしい。親が「これを買いたい」と言っていた商品名を試しにネットでも見てみたところ、色柄などの種類が、カタログに載っているものと同じだった。ネットで買ったほうが種類が選べる店もあるが、これはありがたい。

 家族にパソコンやスマホを使える人がいれば、高齢者でもネットから注文ができるし、そうした手伝いをしてくれる人がいなければ、電話でも注文ができる。
 こういう店は、ほんとうにたすかる。

楽天西友ネットスーパーを使ってみて

 家に葉書が届いて、初めての人は2000円以上の買い物で1000円引きにしてくれるというので、楽天西友ネットスーパーを利用してみた。

 楽天スーパー、西友ネットスーパーは、それぞれ利用したことがあるのだが、一緒になってからは一度も買っていなかったので、葉書が届いたらしい。ちなみに家族は以前に誕生月クーポンというので1回利用していたので、クーポンは違うものが届いた(6000円以上で500円引きだったか…?)。そこで今回は、わたしが利用してみることに。

 ペットボトル飲料など、常温で売られるものは安いが数本でまとめ買いが必要。たとえばアクエリアスは500mlで税抜き88円だが3本以上の購入、などだ。
 冷蔵物でもパウチの惣菜などは豊富だが、いわゆるお弁当的な、店頭でその日のうちに売られるような商品の掲載は多くない。そのあたりを期待するならば、本格的なスーパーが店頭在庫から品を取るような店(イトーヨーカドーなど)のほうがよいかと思う。

 楽天西友ネットスーパーは、配送元が普通の店舗ではなく、配送センターのようになっているのではないかと推測。それならば惣菜や弁当などの種類を制限してパウチ品、冷凍品などを多めに扱うのも納得できる。

 イトーヨーカドーのネットスーパーには概ね満足しているが、送料を220円にするためには数日以上前に注文をしておかねばならない緊張感がある。楽天西友ネットスーパーは、前日夜(日付が変わる直前まで)追加や変更ができて送料330円なので、急いでいるものがあるときは、利用してみるのもよいかもしれない。

 今後も、適度に使い分けていこうと思う。

2022年の福袋

 食品系の福袋で、何らかのものが買えないとさみしいため、ひとつくらいは予約するようにしている。だがかなりの年数を買ってきた高島屋の食品総合福袋が、なぜか5000円の分が「在庫なし」の表示。
 10年くらい前は3000円のものでもそこそこ楽しかったのだが、バイヤーさんの方針が変わったのか、内容に少しずつ変化が生じてきて、このところ5000円にしてみたり、去年のように変わった福袋(東京の味)を試したりと、毎年迷っていた。だが今年は、その5000円が「在庫なし」なのである。「完売しました」とはどう違うのか、よくわからない。

 そこで、早々と高島屋に見切りをつけ、Kaldiの食品福袋を狙うことにした。2021年の正月初売りでは、買うつもりもなかったのに(買えるわけがないと思っていたため)、昼間にのんびり出かけた阿佐ヶ谷駅のカルディに現物が残っていて、購入できた。ただし重かった。
 今年(2022年の初売り分)は、公式オンラインサイトでの抽選申し込みが11月7日まで、店舗で予約する分は11月24日から公式アプリ経由でできるという。つまり、運んでもらえるオンラインサイトのほうで抽選に外れたとわかった段階で、公式アプリから店舗に抽選が申し込めるわけだ。
 オンラインサイトで会員になり、カルディの公式アプリでも会員になることで(なんとこの会員IDは共通ではないらしく別々に入力)、なんとかカルディ分は、入手できるのではないかと思っている。

 ほかに、よく正月の初売りで買っているのは、パン屋のヴィドフランスの福袋、おかしのまちおか、食材店「おなかすいた」のもの、などである。2021年はヴィドフランス、おかしのまちおか、どちらも買い逃したが、通りかかったカルディで福袋が買えたというわけだ。「おなかすいた」はギーが1瓶はいっていて(ギーだけで1000円超え)とてもお得だった。

 あとは楽天あたりで何かちょっとしたものを予約するとしよう。

参考リンク:
楽天市場で、2022年の食品福袋(2800円〜4320円)を見る

デッキブラシ購入(大きさと値段は比例せず)

 デッキ掃除用の長いブラシを買った。なぜかというと、外出時に自宅の階段(道から玄関まで)が小雨で濡れているのを見て「掃除をするなら今日だ」と思ったことによる。晴れていて乾いた状態では、ホウキで掃くにもあまり掃除した感じがしない。

 近所の用事はすぐに終わり、その先にあったホームセンターまで。
 デッキ掃除用のブラシを買ったことがなく、あまりに柄が長いので「こんなに長いものは数千円もするに違いない、掃除しにくいにしても柄が短ければ安いだろうに、ああ、どうしたものか」と、値札を見る前から、おろおろ。出費は抑えたいところだ。

 すると、値札が目にはいった。
 税込みで520円くらいだ。

 …あ!? そんな安いの!?

 ちなみにこんな感じの商品。よく似ているが、まったく同じかどうかは不明。楽天では700円前後からある。

 これを持ち帰り、小雨の中でペットボトルの水を撒きながら擦り、洗い流して、また擦り…。途中から、温水で溶かした過炭酸ナトリウム(いわゆる酸素系漂白剤)も少し撒くなどして擦り、また洗い流して…。

 過炭酸ナトリウム(楽天)。わたしはキロ単位で買っているが、お試しなら50gくらいが最適。

 気づいたら、45分くらい階段を掃除していた。柄が長いおかげで、さほど体の負担はなかったが、寒い日で厚着をしていたことと、髪にまで発汗があったことなどで、全身が熱くなり汗疹のようなかぶれまで出現しかけて、掃除終了。

 完全にきれいになったわけではないので、次の小雨の日に、またやってみようと思う。

デンタルフロスを購入

 ときどきヨドバシで石鹸やキッチン用品を買うのだが、今回はこれも入れてみた。

 クリニカのデンタルフロス。ひとつは初心者用、もうひとつは、スポンジタイプ。

デンタルフロス

 わたしは歯と歯のあいだがとても詰まっている場所が多く、市販の糸ようじ(プラスチックのあいだに糸が張ってある商品)では、もしそのきつい場所に糸が引っかかってしまった場合に、動かなくなることがある。一度は動かなくなった糸を無理に動かして、詰め物がかけてしまった。それ以来、使いたくない。

 だが歯科の検診で歯科衛生士さんに「糸を使ってないんですか? 歯間ブラシでは(わたしの歯の隙間は)無理かもしれませんが、糸を使っていれば、もうちょっとなんとかなっているはずで…」と言われることがあり、まさか「詰め物がとれるのが嫌だ」とは言えず。

 そこで、歯科医院でやってもらうように、糸だけを通せばいいんだ(きつければ反対側から糸を抜けばいい)と考え、これを買ってみた。

 まずは初心者でも楽にできると書かれていた商品で、試してみた。

 か・い・て・き!!
 こんなに快適になるならば、これからもやってみたい。

 スポンジタイプは入れると膨らむと書いてあるので、使えるかどうかわからないが、いちおう買ってみた。あとで試してみようと思う。

参考リンク:
Amazonにもあった。ちなみにAmazonでもヨドバシでも、色は選べないようだ。