西友吉祥寺店で2階と4階が売り尽くしセール

 用事で吉祥寺に出かけた。高齢者向けの服を探していたのだが、いつも頼りにしている北口すぐの格安洋品店「マーブル」は、今回ちょっとアウト。きれいな服ばかりだったのだ。調達希望は「地味な服で、季節外れの長袖」だったため、マーブルは対象外に。

(マーブルは、長袖はあったが、きれいで、夏向けだった)

 いちおう西友吉祥寺店に出かけると、そこでびっくり。2階のファッションフロアが限りなく空っぽ。まったく何もない。少し若向きの肌着があったようだが、それ以外はまったく何もなくて、床と壁がよく見える。
 帰ろうかと思ったら柱の陰に(あきらかに地味すぎて売れ残った)商品があり、その10枚くらいしかない服が、頼まれていた「地味で季節外れで長袖」中心だったので、ありがたく2枚ほど購入してきた。5割引セールだった。

 帰宅してからネットで見ると、どうも2階の服飾売り場と4階の生活用品を閉じるらしい。その後は何がはいるのだろうか。

 わたしは西友吉祥寺店にはほんとうに世話になり、荻窪の西友が広いと気づくまでは、いつも服をそこに買いに行っていた。その後に「多少は狭いけれど阿佐ヶ谷の西友でもいいか」と横着してあまり吉祥寺に出かけなくなり、ごくたまにしか寄らなくなったが、服や靴の買い物が苦手で「誰にも見られたくない——着られるもの、履けるものを引っつかんですぐ買える店は西友くらいだ」という思いがあったため、若いころはほんとうに、西友さまさまだった。

 そうこうするうちに、ほかの店で堂々と買えるようになったわけではなく、服や靴を買わなくなってしまったのだが(どうしてものときは通販で格安スニーカーを買う)、こういう人間が増えたから、通販に押されてしまったのだろうか。

 通販の客が増えたからなのか理由はわからないが、それにしても、売り場がなくなってしまうのがあのころだったら、わたしの生活に、どれほど衝撃だっただろう。

 西友吉祥寺店、いままでありがとう。

伊勢丹Doorの初回お試しが安すぎる

 送料、バウムクーヘン(ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベ)、あの伊勢丹柄のエコバッグ——それだけでも1980円くらいかかりそうなものだが、野菜、惣菜など高そうなものがけっこうはいっていた。これはぜったい赤字どころではないはずだが、伊勢丹はもうこれをしばらくやっている。

 しかも「しばり」がなくて、初回限定のこれを買ったからといって今後ずっと定期便を買えと言われるわけではない。だが、ここまでお得だと、メールを読んだりしてもいいかなとか、いろいろ考えているうちに抵抗感がなくなり、定期購入する人も増えてくるのかもしれない。

 食材はオイシックスと提携している。

伊勢丹Doorお試しセット

 商品も丁寧に選ばれているとは思うが、たとえば段ボールひとつ見ても「さすがデパート」である。上部を開けると、内蓋が引っ張れるようになっていて、ただ軽く引っ張るだけで立体感のある箱になり、なにやらおしゃれ。段ボールはすぐ壊してしまう人も多いかとは思うが、ちょっとしたこの遊び心というか、気持ちに余裕のある作りは、殺伐としたことの多い世の中で「まだ、暮らしにこういう余裕を感じさせてくれることってあるんだ」と、ちょっとうれしかった。

このご時世に、付け替えがない

 今年の1月下旬ころから「激落ちくん」という商品で浴室の壁を洗っているのだが、化繊のブラシ部分がだいぶ減ってきたので、そこだけ買えるのかと思って検索してみたところ、Yodobashiのコメントらんに「ない」と書かれていた。けっこうショックである。柄まで一緒に買えと? しかも(掃除の頻度にもよるだろうが)数ヶ月で必要になるのに、柄まで買えと?

(画像は楽天のマツキヨから)

 先端部分のブラシだけ変えられるようにすると、他者の市販品と互換性が出来てしまうとでも考えているのだろうか。馬鹿げている。柄まで買い直したらゴミが増える。

 というわけで、今回はとりあえず急いでいたためショートタイプを買い直ししたが、今後については柄を買わずに済む他社製品に乗り換えてもいい。せっかく使いよかったと思うが、残念だ。

楽したいときの、キッチン家電

 この半年くらい、おりにふれて「あるといいな」と思ってきたのは食洗機だが、置き場所の関係ですぐには決断できずにいる。だがそれよりも先に、たった1日の決断で思いがけず仲間入りしたのが、ハンディミキサーにニーダーのアタッチメントが付いたもの。Braunの商品で、販売はデロンギジャパン。

ハンドミキサー (ニーダーのアタッチメントも付属)

(画像はAmazonから)

 これまでどれほど生地が冷たかろうと、手の調子がいまひとつだろうと、パンは手ごねしてきた。
 押し入れに15年以上前に買ったホームベーカリーがあるのだが、わざわざその重いものを出してきて生地をこねさせるわけにはいかない。音と振動があるほか、もしかするとわたしが手ごねしているような分量より、対応の容量が小さいかもしれないのだ。

 いざというときは、生地をある程度まで混ぜたらポリ袋に入れ、別作業のあいまに手で揉む方法もあるのだが、それよりもミキサーに頼ったほうが短時間である。

 製菓用品店のオンラインショップでは「クイジナート」の商品も人気だが、こちらのほうは、最安でも今回のAmazonより倍くらいの値段だった。

(こちらの画像も、Amazonから)

Yahoo!ショッピングの「ここがやだ」2回目

 何年か前に、このブログのどこかで「Yahoo!ショッピングは、情報の新しい順という並べ替えボタンがない」と書いたと思う。たとえば「○○円くらいで、バターという単語がはいっているバウムクーヘン」を検索したとき、新しいものに並べ替えするボタンがないので、毎日同じものを見させられるのだ。楽天ならば新しいもの順にするボタンがある。

 さて、今回は2回目。かなり腹が立っている。

 Yahoo!ショッピングは、そんなこともあって、平均すると年に2回くらいしか買わない。楽天は月に2回くらい買っているので、その差は歴然だ。
 しかも、いつも買い物時に、「Enjoyパックを申し込んでこの商品を買う」と「Enjoyパックを申し込まずにこの商品を買う」というボタンが出てきて、前者のほうがカラーで目立つようになっている。それは要らないので、いつも気をつけて後者をクリックしている。

 昨日「あと数日くらいしてから注文しようか」と、いったん買うのをやめて、買い物かごから商品を削除した。
 だがその数時間後「少し商品を入れ替えて、やはり今日注文しよう」と、画面にもどった。買い物商品を入れ直して、ポチッ…そのとき、商品名と数量を「さっきはこれとこれ1個ずつだったが、いまはこれとあれに変更して数量も変更済みだな、よしよし」と確認して、ポチッ…
 すぐさま「Enjoyパック申し込みありがとうございます」と表示。

 たしか会費は月額550円と書いてあったようだが、すぐさま解約した。5分も経過していなかったはずだが、おそらく550円はとられるのだろう。
 いつも、毎回きちんと、引っかからないように「Enjoyパックを申し込まずに商品を買う」をクリックしてきたのに、今回はうっかりした。悔しい。

 それにしても、こういう引っかけクリックで料金をとるというのは、ほんとうに腹が立つ。
 今後もできるだけYahoo!では買わない。

来冬は、電気毛布がほしい

 今年はもうあと半月も我慢すればなんとかなるだろうが、来冬は電気毛布を買おうかと思う。布団に敷くタイプではなくて、膝掛け、肩掛けになる程度でいい。

(最下部に、翌日の追記あり)

 今年もほしかったのだ。ただ、USB対応でそういったサイズのものだと、図で見るかぎりでは温熱部分が小さく、「これならタオルケットを羽織り、自分で内側に使い捨てカイロを貼ったほうが安いかも」と思えるものもあって、迷っているうちにこんな時期になってしまったのだ。
 サイズと、モバイルバッテリー対応という点では、気にはなるのだが…

(商品画像は楽天から)

 布団に敷くタイプは、別に要らないと思ってきたのであまり見ていなかったが、2枚セットで「洗濯機で洗える」というのもあるらしい。ああ、それで数千円なら、大きめとはいえそれを買って体に巻いてみてもよかったかなと思ってみたり。

(商品画像は楽天から)

 とにかく寒いとろくなことがない。立ちくらみや、歩いていて体がふわっとして不安になるのも、冬に多い気がする。体を冷やさないことが大切だ。

翌日追記:
 まだ寒いのだから買いましょうと励ましの声をいただき、Amazonでこちらをポチッとした。

芳香剤がわりに活用

 意図して使っているわけではないのだが、数日前に到着した商品の香りがあまりに強く、驚いている。室内に入れるよりも玄関においておくことにしたら、本物の玄関用芳香剤のような役割を果たすことに。それが花のような甘い香りなので、なかなか芳香剤として役に立っている。いつかは匂いも薄くなるだろうし、商品そのものを使ってしまう日もやってくる。それまで、このままにしておこう。

 その商品というのが、洗濯のときに洗剤の代わりに入れるセスキの一種。石けん百貨というオンライン通販で買ったのだが、この半年くらいでパッケージが一新されたらしく、以前とは異なる見た目になっていた。匂いを通しやすいのか、もともとその商品の香りが強いのかはわからないが、あるひとつの商品が「やたらと強く匂う」のだ。荷物が到着したときに段ボールの上からでもわかるほどだったので、そのときは「げっ、何かひとつくらい商品が破れるか、漏れている?」と警戒したが、そうではなかった。

 幸いなことにこのシリーズの商品は、使う前は強い匂いでも、実際に洗剤として使うと、すすぎのあとはあまりわからない程度に匂いが薄くなる。あくまで「洗っているときに香りがする」程度なのだ。わたしも洗濯物が強く匂うのは困るので、できるだけ匂いの少ないものを選んでいるが、商品によっては「使う前の匂いがすごい」場合がある。今回がその例。

 しかし、運送屋さんもたいへんだな、こういう商品と食品を同じバンで運ぶこともあるのだろうから、積み方に気をつけねば匂い移りがしてしまうことだろう。

中腰の予防に、浴室掃除グッズを導入

 浴室の掃除は力を入れてしまうことが多く、気づくと腰が痛い。力を入れる回数を減らすためには、普段は楽に掃除して、たまに念入りにやる程度がよいだろう。そこで毎月のように日用品を買っているヨドバシで、柄を付けて長くできるブラシを注文してみた。注文の翌日到着。

 水に濡らして、浴室の床や壁などを拭きながら、同時に水もこまめにかける。それだけ。

風呂掃除グッズ

 このブラシ(化繊を撚った糸のようなもの)は水を含んでいる時間が短いので、たっぷり水に濡らして対象物を擦りながら同時に水をかけ、終わったら最後にも水をかけることで、普段のちょっとした汚れならとれるようだ。ちなみに目に見えて汚れていた窓枠部分は、これだけでだいぶきれいになった。
 汚れのつきやすい部分はときおり洗剤をつけたスポンジで洗うほか、普段はこれだけでいいだろう。力を入れる回数を減らさないと、すぐに体に響く年齢になってしまった。

 この1年ほどで、家電を買い足したり、買い替えたりすることが増えたのも「体に楽をさせたい」という思いからだ。無理をする回数を減らしたい。日本人の平均的な寿命を考えると、先はまだ長そうだから。

今回の商品
通販サイトでは1200円前後〜1400円くらいで売られていることが多く、楽天にもあります。
柄を付けない(手で持つだけ)の使い方をする場合は、同じ商品名で「ショート」というものを探すと、200円くらい安いようです。

座椅子が到着: 畳文化と「ほっこり」

 先日こちらに書いたAmazonから棚ぼたでゲットした4000円分のポイントだが、座椅子を買った。アイリスオーヤマのもので、どの通販サイトもだいたい4000円前後で売っている。Amazonのポイントを使って370円前後で購入できた。

 色は各種あるようだが、白以外は在庫切れまたは完売らしい。(画像はAmazonから)

 注文翌日に発送、18日に到着。開封して、ただ広げただけですぐ使える。リクライニングは調節可能。
アイリスオーヤマ もこもこ座椅子 calme

 こういうものがあると、和室でも洋室でも、足を伸ばして薄い毛布でもかければ完璧に「こたつ」状態が楽しめる。広い家ならばこれを数個買ってきてそれぞれ布をかけ、床暖房でもすれば「部屋ごとこたつ」状態だ。

 この先、和室やこたつに慣れていない世代はどうするのかわからないが、昭和後半生まれとしては「いいもの買った〜、楽だ」と、勝手にほっこりしている。

 それにしても、いつか引っ越したいと思いながら不動産サイトを眺めているが、和室がひとつある家に、どうしても惹かれてしまう。こういう「足を投げ出してほっこりする」ことが、わたしの感覚だと「和室」に直結しやすいのだろう。洋室でも完璧に暖房すれば足を投げ出していいはずだが、もう頭の中にすっかり「和室」と「ほっこり」が結びついてしまっているのだ。

rebakeをひさびさに注文したが、冬でよかった

 買い物ブログのほうにも書いたが、年末年始は冷凍の商品を少し多めに買ってあった。そのタイミングで「まだすぐには来ないだろう」と思っていたrebake(パンが余ったときに店から冷凍で配送)をひさびさに注文したところ…なんと、数日で到着してしまい、大あわて。

 直後に冷凍できなかったものがあり、食事計画を変更して、ライスや麺ではなくパンを多めに食べることになった。なんとか2日以内くらいに減らしたい。

リベイクのパン rebake.me

 これは北海道のパン屋さんのもので、東京までの送料を入れても3270円。いつもこの量なのか、お客さんが来られないほど天候が悪くてパンが余ったのかは不明。前者であったらお得すぎる。特別に多かった場合には店名を出すとご迷惑になるので、出さない。

 冬でよかった。夏に「冷凍庫にはいらないっ」だったならば、たいへんなことになっていた。

 それにしても、買い足した冷凍庫は100Lだったような気がするが、それでも入れられないって、いったい何がはいっているのだ、うちの冷凍庫は(注: 食品だけではなく、急な発熱など体調不良にそなえた冷却剤なども冷凍しているのだ!)…。

 パンは自分でも頻繁に焼くので、しばらくrebakeからは遠ざかっていたが、自分で焼くと同じ種類のものが大量にできてしまい、いろいろな種類を少しだけというわけにはいかない。だからこそrebakeが重宝していたのだが、う〜む、タイミングが難しい。