5年間の空白…!?

 数日前、ジュピターコーヒーの店頭にティーバッグが出ていて立ち止まった。わたしは珈琲党なので、お茶類の消費は少ない。だが冬にときおり無性に飲みたくなるのが、チャイ。以前は好きな銘柄もあった。

 その日に店頭にあったチャイはノンカフェインのものばかりで「珈琲も紅茶も、ガツンとカフェインがあって何が悪い」派のわたしは、デカフェ類も買うときは買うのだがこのときはためらい…しばらく悩んだ末に、ひさしぶりに買ってみることにした。

 よしよし、あとで飲もう——そんなことを思いながら、帰宅して棚に置いたとき、ふと頭をよぎったものが。

 ○ 以前に、チャイは好きな銘柄もあって、冬はよく買っていた。
 ○ なんでそれを買わなくなったのか。店がなくなったのか、それとも買う店を変えたのか。
 ○ 買う店を変えたといえば、ティーバッグではなく、珈琲問屋(楽天店)で珈琲と一緒に茶葉で買うことが増えてきたんだった。
 ○ あれ、なんで珈琲問屋で買うのをやめたんだったか。珈琲豆は、回数は減ってもいまも買っているのに?

 …そこまで考えたとき、あれれ、もしや…!?

 棚の見えにくい場所に手を伸ばすと、なんと、5年も前に買って開封していない珈琲問屋のチャイが。そしてその隣には、密封してあったとはいえ飲みかけのチャイが!!

 チャイを買うのをやめたのではなくて、チャイがあるので買わずにいるうちに飲むのを忘れていたのだった。なんたること。

 珈琲は好きなので、もし忘れてしまっても1年以内に発見するし、1年以内くらいなら、まずくなったなと思いながらもなんとか飲むか、あるいはパン酵母にする。
 紅茶で、5年も前のものを…はたして飲めるのか。

 だがものは考えようだ。どうせ紅茶の味に疎いのだから、まず飲んでみて、そのまま飲めそうなら飲めばいい。よし、明日は実験してみよう。

 それにしても、なぜいつも冬に飲んでいたチャイを、5年も忘れていたのだろう。不思議だ。

甘酒と目分量の話

 甘酒は一年を通じて飲むのだが、秋冬は自分で作る。スーパーや食材店で美味そうな酒粕をまとめて買い(だいたいは小林春吉商店のブランドがあればそれを選ぶ)、飲みたい気分になったら鍋に水をだだーっと入れて酒粕を大量に投入。塩を少しと、砂糖や甘味料を入れて火にかけ、加熱しながら泡立て器で酒粕を潰しながら混ぜる。そして沸騰直前に止めて器に盛る。

 だいたいが4杯分になるようにしているが、分量を事前に量ったことはない。

 今日はちょっと驚いたことがあった。

 2杯分をカップに入れて、ふたりで1杯ずつ飲んだ。冷めたあとで、残る分量を容器に入れて冷蔵庫に移動しようと思ったのだが、たまたま手にしたのは目盛り付きの円筒形タッパーだった。入れてみたところ、残りはぴったりと400mlのところを指し示していた。

 最初に飲んだカップもだいたい200mlくらいが適正容量なので(満水時ではなく実際に飲む分量)、わたしは適当に作ってそれが800mlだったということになる。

 味はだいたいいつも同じに仕上がる。好きなものはこうして目分量で作れるものなのだ。

フランス人マダムのアイスティー

 話題になったのは去年らしいのだが、わたしは今年まで知らなかった。そしてもう5回くらい作ってみただろうか。

 元ネタは、こちら → https://dot.asahi.com/dot/photoarticle/2019080800076.html – フランス人マダムに教えてもらった、世界一おいしいアイスティーの作り方 (2019.08.18)

 最初は「量も減らすし、色が濃くなると冷蔵庫で白濁するだろうから、短めで」と、勝手に時間を短くしていたのだが、結論から言うと、21分ぴったりが、やはり美味しい。白濁もしない。

 わたしは1400mlでティーバッグ2個、熱々の湯にティーバッグを放り込んで21分後に取り出し、粗熱が取れるまで鍋に入れておいて、冷水筒に入れて冷蔵庫でひと晩。

 紅茶ティーバッグがなかなか減らないだけでなく、各種のお茶類が山ほど賞味期限切れを迎えているこの家で、紅茶だけとはいえ順調に減りはじめたのは、それだけでめでたいことだ。

遠い日の、バブルの残り香

 スーパーに、ティッシュペーパーを買いに行くという、夢のない用事で入店すると、店内アナウンスが「ボジョレーヌーボー発売日です」とのこと。

 わたしは80年代後半から、おそらく合計で7年くらいは会社勤めをしていたが、それはバブルまっ盛りから、急激にしぼんだ日々を肌で実感できた時期にあたる。人は夜中にボジョレーがどうのと(当時は「ボージョレーヌーボー」と、いまより長い発音が主流だったが)、集まっては騒いだ。ワインそのものや宴席の予約などはあたりまえのことで、酒屋は早くから色めき立っていたものだ。

 スーパーの店内アナウンスがなかったら、ワインが出ていることにも気づかなかったと思う。言われたからといって立ち止まって買ったというわけでもないが、あの当時の賑わいを覚えているだけに、世の中の扱いには隔世の感がある。いまの若い世代は、戦後しばらくはバナナが高額だったこと、たたき売りをショーのように見ながら値段が下がるまで待って買ったなどとは信じられないわたしと同じような感覚で、ボジョレーの当時の賑わいを聞くのだろう。

 当時から、やりすぎ、騒ぎすぎと言う人は大勢いたが、それでも雰囲気に飲まれたい人がたくさんいたのがバブルだった。

そのものズバリの「ハブ入りハブ酒」、「イカスミサイダー」

 地方の新聞社がすすめる地元の名物を集めた通販サイト「47club」が毎年おこなっている「こんなのあるんだ! 大賞」を見ていたら、ページの最下部にあった九州・沖縄ブロックに目がとまった。

 > ハブ入りハブ酒
 > イカスミサイダー

 はて、なんの例えだろうと思って商品名をクリックしたら、例えではなかった!!
 ハブがはいっているから、ハブ入りハブ酒。いまどきの若い世代がこれを見たら卒倒するのではないだろうか。通販の途中で瓶が割れて中身が〜なんてことを想像して恐怖するのではないだろうか…わたしは、自分は飲まないが、見る分には平気である。田舎の年寄りには自宅の押し入れにこんな瓶を入れている人もいた。だから目にすることに免疫はある。ただし酒を飲み終わったあとにその物体をどうするのか、そこまでは考えたくない(苦笑)、想像はつくけれども。
 
 そしてイカスミサイダー。こちらもそのまんまである。ただ、匂いがしないようにフリーズドライ加工したイカスミを使用しているということで、そう考えると、味もしないのだろうか。1本くらいなら飲んでみてもいいが、都内で1本だけ買えることがあったら、試してみよう。

自家焙煎のコーヒー豆

 何回か、通販で途中までローストしてあるコーヒー豆を買った。自分でフライパンで仕上げる。慣れてくるとなかなか楽しい。

 ↓ これはわたしが写真ACに登録した画像。ガラス蓋を付けたフライパンで、弱火〜やや中火で、20分くらい、たまに振りながらローストしたもの。よくできたときは色艶もよい。

 購入しているお店のサイトによると、生豆を軽くローストする段階で選別もおこなっているため、最初から自分ですべてをおこなう(選別と除去)よりも、手間が省ける商品だそうだ。20分かかるとはいえ、仕上がり品を豆で買うより、値段は格段に安い。
 この商品の画像 (楽天から) ↓

 珈琲がある暮らし。これを楽しみながら日々を過ごせるだけで、ありがたいと思う。

悩ましい飲み物、ふたたび

 このところ、わたしが歩いていて目にするどこのセブンイレブンにも、入り口に「カフェラテ」の文字が、横断幕のように長細くかかっている。東京以外の「○○市でコンビニ強盗」などのテレビニュースにもこの文字が映るので、おそらく全国的にPRしているのだろう。

 飲んでみたいのだが、買うチャンスがない。
 そもそもセブンカフェの普通のコーヒーすら、実は一度しか飲んだことがない。理由は「どこで飲んだらいいのかわからない」からだ。一度だけ飲んだのはイトーヨーカドーのイートインスペースだった。そこならば座って飲めるからだが、カフェラテは中野のイトーヨーカドーでやっていないようだった。
 まさかコンビニの前で立ち飲みするのもどうかと思うし、熱いものを歩きながらは飲めないし、家に持って帰って来てから飲むくらいならば自宅でミルク多めのコーヒーを淹れる。公園など広い場所の近くで買えればよいのだが、だいたいそういう場所では普通に珈琲を出す店があるもので、わざわざセブンイレブンにこだわるのもどうかという気がしてしまう。

 うまいのかどうか不明だが、気になる。いったいいつ買って飲めるのか。困ったものだ。
 ちなみに、普通のセブンカフェの珈琲は、ぜったいに何回も飲みたい味ではなく、普通だった。カフェラテもそうかもしれないが…?

珈琲の自家焙煎

 いつか自家焙煎をしてみたいと思うものの、まだ度胸が出ない。何年かして自分の珈琲の木に実がなることがあったら、そのときまでには自家焙煎を勉強しておきたいという気持ちだけはある。

 ネットで、少しだけ加熱してあるコーヒー豆が売られていることを知った。自宅で仕上げの加熱をすればよいらしい。値段もさほど高くないので注文してみた。お盆明けに郵送で出荷だという。

 緑茶も紅茶も飲まないわけではないが、1日3杯以上飲むのは珈琲だけである。珈琲が飲めなくなる状況が生じたらどうしようと思うことがある。今日も飲めて幸せだと感じることも。米や醤油でそれを思ったことはないのだが、珈琲だけは、なぜか思う。

 お盆明けが楽しみだ。

モクテルなるもの

 ノンアルコールカクテルのことを、イギリスでモクテルというらしい。これは mock (偽物とか、なんちゃっての意味)に、cocktail を組み合わせたもので、要するに「なんちゃってカクテル」らしい。

 いくつかネット上でレシピを見てみたが、ハーブ類にシロップを加えて炭酸水で割ったり、甘さあるミルクシェイクのようなものにナッツを加えたり、あるいは果物をおろして炭酸水で割る…などなど。こうした例を見るかぎりでは、おしゃれに味わいたいということで「モクテル」を名乗っても、実際には以前からある飲み物に近いのかなと、思ったりもする。

 そういえば、今日は阿佐ヶ谷の駅にはいっているゴンチャという店のブラックミルクティーというものを買って、バスに乗りながら飲んでみた。トッピングしてもらった甘いミルクフォームを、飲んでいる途中から混ぜればよかったのだが、あまり混ぜずに最後まで飲んでしまい(笑)、最後が「うっ」と衝撃。あとで蓋を見たらおすすめの飲み方として「途中で混ぜる」とあった。うっかり。

無添加のミルクリリキュール

 さきほどネットでちらっと見た、こちらの商品に目が釘づけ。

 丹波ミルクリキュール – 西山酒造場(兵庫県)
 うたい文句は「世界初! 保存料・着色料・添加物オールフリーのナチュラルミルクリキュール」だそうだ。原材料は「牛乳、醸造アルコール、はちみつ、清酒」で、アルコール分は8%。
 

 

 そのままでも美味だが、イチゴやバナナなどのリキユールと混ぜてもいいとのこと。口当たりがよい分だけ、これは酔いそうだな。でも飲んでみたい(←乳製品が大好きな元のんべぇの本音 ^^;)。