東京駅は、人がいっぱい

 短時間の用事で東京駅へ。長年の習性から食品売り場(とくに甘いもの系)はざっと見たし、東京駅すぐの大丸にも寄った(こちらも食品売り場のみ)。それにしても、なんでもない普通の金曜のはずだが、やたらと人がいた。

 急に気温が上昇して感じられ、汗ばんできたため(わたしはときおり空腹時などにこれが起こり、運が悪いと体調不良になる)、休もうかと考えた。ひとりでも気安く入店できるのは知っている店だなと…東京駅一番街の「みはし」に寄ろうと思ったところ、通路にまで10人ほど立っている。なぜだ、どうした。普通の金曜日ではないのか。

 それならばと、いそいで駅にもどって中央線ホームに移動し、始発の電車で空席に座った。高円寺にさっさと帰ってしまえば、電車の中ならばたとえ具合が悪くなっても「降りたら高円寺」なのだから、気合いでなんとかなるだろう…という作戦だ。ところが電車内でうとうととしているうちに、体調がよくなった。新宿を過ぎたあたりからは問題なく、高円寺に着いてからも「これなら買い物をしてから家に帰れるぞ」というほど元気に。

 駅の横の東急ストアで食品を仕入れる。

 東京駅界隈ではどれほどめずらしい、もしくは高級な菓子類があろうと、気分がいまひとつだったことや「高いな〜」という印象で買おうと考えなかったのに、元気になると違う。東急には普段はないのになぜか今日は置いてあった六花亭のイチゴチョコ(フリーズドライのイチゴにチョココーティング)やら、九州の菊家の「あんバタまん」やら、カゴにどんどん入れていく。うっかりカスドースまで入れそうになって買いすぎと気づき、思いとどまった。そのほかにミニサイズの弁当も。

 帰宅し、水分を補給。そして汗ばんで冷たくなった服を急いで着替えて、ホットミルクとミニ弁当である。生き返った。

 もうまもなく12月。そして年末である。月日が経つのは、おそろしや。

修学旅行は、京都だった

 北関東某市の公立学校では、中学も高校も修学旅行は京都を中心に選ぶことが多かった。わたしは中学では京都と大阪、高校では吉野の山奥と、京都と…さらにもうひとつくらいどこかに、寄った記憶がある。

 中学校のときの思い出は、自動販売機に350mlくらいの缶飲料があったこと。当時の関東は200ml台の大きさが主流で、それ以上は見たこともなかった。バスのガイドさんが「よく驚く人がいらっしゃいます」とコメントしていた。その後に全国的に500mlの飲料が出まわったとき「ホームサイズ」と呼ばれたものだったが、現在のホームサイズは1.5リットル以上を指すのではないだろうか。

 高校のときの修学旅行には自由行動があり、昼食時に友達と蕎麦屋にはいったのを覚えている。そのとき品書きにいろいろあったのだが、「しっぽく蕎麦とは、なんだろう」と、ずいぶん悩んだ記憶と、実際に食べたものの記憶が混じってしまい、わたしは長いこと、ほんとうに21世紀になるくらいまで、自分が食べた温蕎麦(麺の上に1匹細い魚が素揚げか竜田揚げのようにのっている)を、しっぽく蕎麦と呼ぶのだと勘違いしていた。

 記憶にある見た目は「にしんそば」に似ていたのだが、わたしが当時あの甘辛い物体が麺の上にどんっとおいてあるのを見て、平気で食べたとは思えないので(現在は食べるが、当時はおそらく驚いたはずだ)、なんだったのだろう。記憶では揚げた魚のようだった。

 しっぽく蕎麦というのは、おそらく長崎にある卓袱(しっぽく)料理のように、いくつもの具をカラフルにトッピングする蕎麦なのだろうと思う。20年くらい前だが長崎旅行で卓袱の説明を読んだとき、京都の記憶の「しっぽく」とは音が同じで別の食べ物だと思っていたのだが、いま考えると同じとしか思えない。

 あのころデジカメもスマホもなくて、カメラは現像料金もけっこうかかったので「これ」と決めたときのみ撮影していたが、かえってそのほうが、人の記憶に残りやすいエピソードが多かったのかもしれない。もしあのころ「はい、お昼〜」と、蕎麦をただ撮影していたら、そしてそれをどこかで見ることができたら、わたしは「なんでこれを撮ったんだっけ」と、考えていたことだろう。

新宿へ: 2022バウム博と、京王百貨店新宿店の印象

 京王百貨店新宿店でバウムクーヘン博が開催されているため、散歩がてら出かけてきた。

 新型コロナで催し物が開催しづらくなっていた時期だが、その間も主催のユーハイムは休むことなく、AIに焼成方法を学ばせてバウムを焼くTHEO(テオ)を開発し、その機材やノウハウを導入希望の企業に提供するなど、バウムクーヘンを焼く文化や地方の菓子店を守るという世の中への貢献をめざし、素晴らしい活躍を遂げてきた。

 ユーハイムの理念には感銘を受けるし、企業努力と方向性も一貫して感じられる。ただ、従来の「やや地味」、「でもたしかな美味しさ」といったものを愛してきた自分としては、ときおり変化についていけず、置いてきぼりに感じることがある。
 アンバサダー制度の影響だろうが、知人らが同じ時期に同じ商品を同じような売り文句で流しはじめると、Instagramのフィードを見ているのがつらくなるのだ。

 さて、バウム博に話をもどそう。京王百貨店の催事場はかなりスペースがあり、展示の間隔も広くて、平日の午後であったことも手伝って快適に見てまわることができた。

 こうした催事でなければ手に入れるのが困難な逸品もあり、まだ知られていないのかそれらが売り切れないままに残っているのを見ると、宣伝したくなってしまう。
 自分としては店頭に並んだら瞬殺レベルと思う島根の「ヒダカ」さんがまだ残っていたのは、他店よりもお高めな価格の影響だろうか(だがダントツ美味である…)。福岡の「カワグチ」さんは近年まで、一般向けとしては大きめサイズの販売をしていなかったが、今回はホールが出品されていた。冷蔵棚だから目立たなかったのか…? 以前なら拝むことも難しかった商品が目の前に…。だが人間の財布と胃袋は限られている。そんなには買えない。
 通販している気配がない「シュトラウス金進堂」さん、大昔に電話をして通販を依頼した「ローゼの花瓶」さんもあった。ほかにも、懐かしい面々が。

 いっぽう、棚の減り具合などから、売れていたと推測できる商品の傾向としては「小袋の詰め合わせ」とか、見た目が「小さい」ものであったように感じる。こうしたものはまとめて買っていって誰かと分け合うのも簡単だし、自分ひとりでホールサイズを何種類も食べられるわけではないが味見をしたい、といった思いの表れではないかと想像する。

 けっきょく、わたしがそのフロアで購入したのは、2品。これはあとでバウムの掲示板のほうにでも、原材料と一緒に載せておくことにする → https://baum.daynight.jp/

 47都道府県のコーナーで会計の際、ほかのお客さんが「あちらの福引きみたいなもの(ガラポン)は、ここで買っただけではだめなのか」と質問していたようで、店員さんの話が聞こえてきた。以下、金額は聞き間違えているかもしれないが——「バウム博の入り口近くにあるユーハイムさんの売り場で、商品を1860(?)円以上買うと、福引きができるそうです」とのこと。2品で2700円と少しだったし、ユーハイム売り場ではないのでわたしは関係ないのだなと、そのまま地下のユーハイム催事に出かけることにした。

 ちなみに催事のフロアでは好きなバウムの投票や、募金して返礼にバウムをもらう「シェアザバウム」もあったようだが、わたしは47都道府県のコーナーしか見ていない。ユーハイムの売り場は行列が長かったので、じっくり見ることはできなかった。バウム以外の商品もあったようで、わたしの好きなフランクフルタークランツや、生ケーキらしきものも見えた。

(バウムを何種類か食べることができる喫茶のコーナーも設置されていたが、いつもそれには寄らないので、今回も通過)

 上の階の富澤商店を見て、ユーハイム催事の地階へ。ここではミニサイズのころっとしたバウムクーヘンが、チョコがけで販売されていた。2個入り、4個入りがあったが、4個入りを購入。賞味期限は翌日までだそうだ。
 すると、会計の際「これを持って催事場にもどると、福引きができます」という紙をいただいた。え、1080円しか買っていないが、いいのか。さっきの1860円というのは、1080円と聞き間違えたとか? 謎である。
 とりあえず催事場にもどると、福引きができた。3等で、バウム試供品とユーハイムのハンカチがもらえた。

 さて、京王百貨店のことを少し。

 京王百貨店の新宿店は、エレベーターが色分けされており、車椅子や体の不自由な人、高齢者や子供が一緒の人向けに「優先」と書かれたピンクっぽい色合いのものと、その隣にブルーっぽい一般向けがあった。ところが、ほんの少しだけ待っていればいいのに、誰もが「来たほう」に乗ってしまうので、驚いた。

 最初に上階に上がるときはわたしたちと一緒に車椅子の方々が付き添いも含めてたくさん乗り(もっとも、優先のほうが一般人で満杯だったとか、あるいは外国人だったので日本語が読めなかった可能性もある)、降りるときは「優先」のほうに元気そうな一般人が「わたしもーっ」と声をかけ、待ってもらってまで乗りこんでいた。
 わたしは意地が悪いため、その人たちに聞こえるように「あ、こっちは優先エレベーターだ(隣に乗ろう)」と言ってやった。すぐ隣で空っぽの「一般用」が来ていたので、そちらに乗ったら、わたしたちだけだった。せっかくよい色分けシステムなのに、これはないよなぁと、思ったものだ。

 京王百貨店で、好印象だったこともある。

 食品売り場でとても気になることがあり、帰宅してから問い合わせメールフォームに入力してみた。名前と電話番号とメルアドが必須だったので正直に書くと、なんと、1時間もしないうちに電話がかかってきた。その内容は丁寧であり、こちらは別に大きな被害があったわけではなくねんのために連絡しただけだったのだが、きちんとした説明と、お詫びがあった(詫びてもらうのも恐縮だが、お話はありがたく聞いた)。

 接客というのは大事で、あれほど大きな企業であっても、1時間以内に電話してくるというのはたいへんなことだろうと思うが、わたしの中で京王百貨店への好感度が上がった。

 外出は3時間くらい、ピクミン・ブルームの歩数計によると7800歩の外出だった。 

阿佐ヶ谷まで散歩

 馬橋公園でピクミン・ブルームをしようかと歩き出したのだが、早稲田通りを挟んで北側にある蓮華寺にポケストップが増えていたため、そのあたりを歩いているうちに「あ、そうだ阿佐ヶ谷まで歩こう」という話に。

 阿佐ヶ谷では西友で靴、服を見て、食品売り場でインスタントコーヒーを購入し、夕暮れも迫っていたので寄り道をせず駅ビルのカルディへ。

 なんと、かなりひさしぶりに「レーズンジャム」があったので購入。最近は足利市のココファームのものを買っているが、カルディのものは人気が高い。一度は食べたいと思っていたのに、何ヶ月も見かけない状態がつづいていたのだ。

 その後、バスで帰宅。

 バスがまもなく発車というときに、とても若い男女(おそらく姉と弟)が、ふたりで自撮りをしてから楽しそうに乗ってきた。弟さんは背丈は高いが表情に子供らしさがあり、お姉さんとおぼしき女性は、若いのだろうがしっかりしている雰囲気だった。微笑ましかった。
 あんなに普通で、楽しそうにしている若い人たちが、ずっと笑顔でいられる国であってもらいたいものだが…おっと、ついつい、愚痴を言いたくなってしまう。

 円安の地獄は、なんとかならんのか——いや、なんとかする気があるのか、この国は。

今日は、東京駅へ

 今年の10月後半は、いろいろな予定があったのだが、次々に変更になった。今日は本来ならわたしが人を見送るため東京駅に行く日だったが、その見送る予定がなくなった。することがないがどうしようかと思ったものの「そうか、別に誰かを見送らないでいいのだから、ただ東京駅に行こう」と。

 駅に到着し、グランスタや京葉ストリートなどをちらりと見て、いったん改札を出て東京駅一番街や大丸を見て、また改札内にもどる(←エキナカでだけ買い物をして改札を出ずに元の駅にもどれば、見つかったときに問題になる)。
 そして東京駅構内で少しだけ買い物をして、そのままJR高円寺駅にもどってきた。

 3時間弱の外出だったが、ポケモンgoもピクミン・ブルームもそこそこできたし、ひさびさに東京駅を歩けて楽しかった。

 駅弁を買おうかと思ったのだが、買いたいと思うものもなく、そして淡路屋の「引っぱりだこ飯」が記憶よりも高価になっていたことで手が出ず、普段から東京駅で買っていたいなり寿司や、神戸牛ミートパイなどを買った。

 それにしても、駅弁というのは味が濃くできているはずなので(数時間〜半日以上も常温で販売したり持ち歩いたりするのが前提のため)、よく考えたら高齢に片足を突っこみつつある年代としては、あまり大量または頻繁に食べるののではない。ひとつを分割しておかずのようにしながら、何か味の薄いものと一緒に食べたほうがいいだろうと思う。

 同じような具材で冷蔵または冷凍商品にして販売したほうが、味を濃くしなくても少し長持ちするし、健康的にもいいのではないだろうかと、情緒のないことを考えてみる。

とんかつを買いに

 数日前からとんかつが食べたかったのだが、揚げるだけの冷凍商品が多く普及しているコロッケ程度ならまだしも、とんかつとなると、肉を買ってきて自分で揚げるのはたいへんである。

 以前は高円寺駅北口方向(早稲田通りにつきあたる少し前)に「新宿さぼてん」があったのだが、閉店してしまった。あの店は好きだったし、便利だったので残念だ。

 さらにもっと時代を遡ると、やはり北口の、現在ココカラファインがはいっている建物の上には、こぢんまりした喫茶店や、有名な「とんき」があった。ときおり食べに出かけた。

 阿佐ヶ谷の駅ビルには以前「和幸」売店があったが、これもだいぶ前に、リニューアル工事の際に閉店。

 現在は中野マルイの上に「さぼてん」があるのだが、これは気軽に持ち帰る売店スタイルではなくて飲食店である(持ち帰りはできるだろうがレストランのフロアに出かけて持ち帰りというのも面倒だ)。

 つまり「気軽にとんかつが買えない」と思ったのだが…よく考えたら西武新宿線の鷺ノ宮駅北口に、さぼてんがあったことを思い出した。持ち帰りのみの売店スタイルだがメニューは豊富だったような記憶。隣の唐揚げ屋(福のから)はよく買うが、さぼてんは初めてかもしれない。

 さっそく散歩がてら鷺宮へ。昼食時なら弁当または丼を買ってもよかったが、夕方である。わが家は夜は弁当類などのガッツリ系を食べないので、カツのみを買って帰った。

 さぼてんの弁当はどれも好きだし、さらにはひれかつ丼などの、卵でとじたものも好きである。今度はそういうものを買ってみよう。

 帰りは新青梅街道から都立家政駅に出て、その周辺でまた買い物をして帰宅。ピクミンブルームもけっこうな歩数となり、花植えも進んだ。

鷺ノ宮を歩き、スギ薬局で買い物

 鷺ノ宮駅の南口方向に用事があった。その後どうしようかと考えたのだが、ひさしぶりに北口を北上して新青梅街道に出てまもなくのスギ薬局へ。数年前にできたばかりで(それ以前はTSUTAYA)、けっこう広いのだ。調剤のほかに日用品や食品もある。

 少し買い物してから、どうしようかとさらに迷って新青梅を東へ。都立家政の駅から延びる商店街へと移動し、そのまま南下して帰宅した。

 鷺ノ宮駅北口すぐにあって春に閉店した「銀座に志かわ」は、借り手がまだ付いていないようだが、内装を撤去作業中であるとのお知らせが貼られていた。駅からあれほど近い場所を寝かせておいたのはもったいないことだが、同業種が入店するなら厨房を居抜きでと考えていたらしく(←そういう不動産広告を見た)、待っていた可能性もある。

 閉店発表の前後から見ていた不動産情報サイトによれば、下の店舗と厨房、2階の事務所をセットで借りろという条件だったようだ。食品に関係ない業種が入店することになったのなら、設備は撤去しなければならないだろう。さて、次には何がはいるのか…!?

 ところで中野区の大和町(早稲田通りを挟んで杉並区高円寺と隣接)、西武新宿線の野方駅界隈、都立家政駅近くが含まれる中野区若宮、そして鷺ノ宮駅の南方向(関東バスのロータリーのように見える駐車場があるあたり)は、小さなバスでつなぐ計画があり、10月中旬から来年3月まで、実験的に定員10名で運行を開始するらしい。

 たしかに、わたしのように歩くのが苦ではない人間なら今日のような散歩も7800歩でできるが、もう少し上の年代の方や、スーパーなどの買い物だけでも自力で出かけたいという足腰が弱い方々には、必要な交通手段になるかもしれない。

 近々バスの説明が公園でパネル展示されるそうなので、見てこようと思う。

散歩を兼ねて、中野マルイへ

 はたして散歩と呼べるのかどうか疑問だが、夕方は中野マルイへ。いつも中野や阿佐ヶ谷には行きが徒歩、帰りは交通機関を利用なのだが、途中で小雨が降ったので、どちらも交通機関を使ってしまった。まあ、それでも6000歩くらいは歩いただろうか。

 中野マルイは、1階の北側(以前にサーティワンアイスクリームがあった場所)が催事スペースになっていたことに気づかず、先日ぶらりと立ち寄った際に「聞いていたほどには催事の店が多くないな、日付を間違えたかな」と帰ってしまったのだが、今日そこを見たらプレスバターサンドなどのスイーツが来ていた。

 たしか「銀座あけぼの」の隣は、DHCか何か、化粧品があったような気がするのだが、そこも短期間の貸し出しスペースになっているようで、今日は服が出ていたようだ。

 この短期開催イベントや貸し出しスペースが増えたことで、予定が埋まれば客としては賑やかでいいのだが、埋まらないとマルイとしては店内がすかすかに見えてしまうリスクもあるだろう。平均すると月に2回くらいは前を歩くが、ときおり玄関脇の催事スペース(屋外)に何もない日があると、テンションが下がってしまい入店しないことがある。

 以前にボンジュールボンのパンがあったころは、催事がなくてもふらふらと入店したものだったが…。

 2階(カルディ前、太子堂の脇)も、短期のテナントがはいる場所になっており、数ヶ月ほどあったメルカリステーションが9月いっぱいで去るそうだ。そのあとはどうなるのだろう。

 なにかがはいってくれる分には、客は楽しくていいので、ぜひマルイにはがんばっていただきたい。

吉祥寺へ

 富澤商店なら必ず置いている商品だが類似品ならばスーパーにもあるだろうと、この数日あれこれ無駄に過ごしてしまった。あるかないかわからないものを近所で見てまわることがストレスとなり、けっきょくは富澤に出かけることにして、吉祥寺へ。

 以前は荻窪の富澤商店に出かけることが多かったが、荻窪には成城石井がないため、どちらも見たい場合は吉祥寺である。

 吉祥寺ではこの2年ほど東急百貨店の地下食品売り場に富澤がはいっているが、大昔には三越(現在のヨドバシカメラでありその昔は近鉄)の下にあった。その後に京王井の頭線の上(現在のキラリナになってからだったか?)に入居して、その後にアトレ東館にあったCuocaを富澤商店にしたのだが、最後に落ちついたのが東急百貨店。もう引っ越しをしないでくれたらありがたいが、どうなることやら。

 成城石井はローソングループだったと数日前に気づいた。ほぅ、そうだったのか。2014年からローソン子会社だそうだ。商品展開には個性と、ちょっとした高級感があり、わたしはけっこう好きなのだが、すぐ近くにはないので吉祥寺に出かけている。

 土曜日に近所以外の場所へ電車で出かけるのは、人が多くてたいへんである。以前は新宿でデパートの初売りに並んだこともあったが、遠い昔の話となった。いまは人がいない平日の昼間に出かけるようにしている。

 成城石井、富澤商店で買い物をして、往復ともに電車で帰宅。2時間くらいで帰ってこられたと思う。

鷺ノ宮界隈にほしい店

 散歩を兼ねて、旭製菓のかりん糖と、駅隣接の唐揚げ(福のから)を買いに鷺ノ宮まで。道順の選択に失敗し、往路に妙正寺川沿いを選んで夕方の西日を思いっきり浴びてしまった。まだ夕方でも暑い。帰りは鷺ノ宮の北口から都立家政駅方向へと歩いたが、行きと帰りを逆にすればよかった。

 鷺ノ宮駅のあたりを歩くたびに、あるといいなと思うのは、100円ショップと、ややおしゃれ系の食品店。たとえば野方にあるジュピターコーヒー級の、雰囲気が明るく輸入食品が多い店がほしい。
 都立家政駅には100円ショップ1軒があるほかにこじゃれたカフェもあり、野方には100円ショップが3軒くらいあるほかコーヒー焙煎の店やら、パン屋などが多い。鷺ノ宮はそういう「日常に根ざしたわくわく感」に乏しい気がする。

 早稲田通りに近いわが家からは遠くなるが、新青梅街道沿いで、何か店ができないだろうか。TSUTAYAの跡地はスギ薬局になったが、あれほど大げさではなくとも、何かちょっとした店ができてくれたら、もっと楽しくなりそうだ。