ラテン語、はじめました

 おなじみDuolingoの話題だが、数日前からラテン語もやってみることにした。英語とフランス語がある程度わかる場合はラテン語は想像がつきやすく、あまり難しくないだろうとの考えで選択したのだが、やってみるとなかなかおもしろい。

 ラテン語といえば中世のころヨーロッパの共通語のように使われていた歴史のある言葉だが、現代の日常生活でそれを話す人がいるわけではなく、あくまで学習することで知識を得られる古い言語だ。よって学習する単語の事例に、現代の語彙は含まれていない。英語に訳しなさいという問題で、本来なら the US (アメリカ合衆国)であるところ、Duolingoのラテン語の学習ではすべて「アメリカ」になっている。もちろんアメリカ大陸ではなく、合衆国である。

 まだ開始して数日なので、この先どんな例文が用意されているのかは不明だが、スマホやノートパソコンが出てこないことは確実だろう。先が楽しみだ。

 ウクライナ語とロシア語は、少しずつ学習が進んでいる。苦手なのは格変化だ。なんと名詞が格変化する。日本語では格助詞がついて変化をするが名詞そのものは同じだ。例を挙げれば「リンゴと」だろうと「リンゴを」だろうと、リンゴ部分は同じである。だがウクライナ語もロシア語も、単語の最後のあたりでスペルが変わり(それなのに発音は少ししか違わないことが多い)、名詞が男か女か中性か、単語は複数か単数かで判断しなければならないため、duolingoのフクロウが得意げに「この欄には、どれがはいりますか」と、末尾のスペルが微妙に違う単語を出してくると、何度も間違いながら覚えていくしかないのである。

 ウクライナ語は、やっと数字の表現を覚えた。 6と7と8で間違う日々が長く、そのあとは5と9のスペルがやや似ているので混乱し、30なのか300なのかなどのゼロたちに悩まされ、泣きたくなるほどだった。もうしばらく数字は見たくもない(笑)。

 現在エメラルドリーグなので、このままリーグを上がっていくことができたら、4週間後にダイヤモンドである。ダイヤに到達したら、経験値を稼いで競うことよりも、気楽にあれこれと楽しもうと思っている。
 

Duolingo沼で船に乗る

 昨日で参加から連続50日になったDuolingoだが、50日を記念し、無料で3日間のお試しメニューが使えることになった。これだと高得点が出やすいレジェンド挑戦クイズが何回でも試せるのだ。らくちん、らくちん。沼で手こぎのタライに浮いていたのが、船に乗せてもらったようなものである。

 通常、レジェンドになるためのクイズは、lingotというサイト内通貨のようなものを貯めないと挑戦できない。貯めるのはいくつもの問題を解いたときなので、レジェンドのクイズを受けられる回数は少ない。だがお試し3日間では、それが通貨を気にせず何回でも挑戦できる。おかげで今日は、これまでの平均で考えて倍の経験値を稼いでしまった。

 ただ、いくら経験値が得やすくなるといっても、画面に向かって複数の外国語を学んでいると心と指が疲れ、目もしょぼしょぼになり、凡ミスをするようになる。やはりこのお試し期間のあいだだけやってみるのがよいかもしれない。ちなみに今回は50回のご褒美だったが、誰でも2週間のお試しはできる。ただし2週間もこの状態がつづいたら、飽きるか、廃人への道を歩んでしまいそうなので、よほどのことがないかぎり、2週間無料お試しは申し込まないつもりだ。

 現在、リーグは「ルビー」。このあとにいくつかリーグがあり、最後はダイヤモンドだそうである。

 もっとも力を入れている学習言語はウクライナ語、その次がロシア語だが、経験値を稼ぐためならば、基礎的なことまではわかっているフランス語もたくさん挑戦するので、経験値順としてはウクライナ、フランス、ロシアである。そのあとを中国語、アラビア語が追う。

 もう少し言語を増やそうと思っていたが、いまのところこれらの5言語で手一杯だ。

Duolingo沼: ゴールドリーグ進出

 日本時間の日曜日夕方がリーグの締め時間らしく、今週もシルバーリーグからゴールドリーグへ無事に昇格。日々のDuolingo時間が確実に増えてきている。

 学ぶ柱はウクライナ語とロシア語だが、フランス語は学習者も多いようでほかの言語にないメニュー(ストーリーを音で聞いて話の流れに合致した選択肢を選ぶなどのクイズ)があり、リーグ進出のための点数稼ぎに役立っている。
 フランス語は基本だけは高校のころからずっと独学し、若いうちに基礎があったため現在もこうして点数が稼げるが、もう少しレベルが上がると、どの程度の戦力になるかは未知数。

 今後の一時的な点数稼ぎに使えそうなのは中国語だが(これも基礎だけ何年か断続的にやったことがあるが、繁体字なら想像ができても簡体字が読めないので遠ざかった)、もっと強力な裏技は日本語学習だ。これなら点数はきっと稼げるだろうが、ネイティブが点数稼ぎのためにそれをやっていいのかという、モラルの問題もある。

 ウクライナ語、ロシア語は似ているので、ずっと継続していったら、相乗効果でどちらも忘れないのではないかと淡い期待があるが、どうだろうか。

 世の中には優秀なオンライン翻訳ツールがあるため、それに頼って自分で学ぶのをあきらめてしまったドイツ語や、それ以外に東欧語も興味がある。

Duolingo沼の順位維持のため

 毎日ある程度の活動をしないと経験値が下がり、せっかく上がったリーグから落ちてしまうとわかったため、今日は裏技を使ってみた。いや、最初からそうなるとわかっていたのではなく、結果として経験値が稼げた。

 それは大昔に独学中心で学んだフランス語(習得はとっくにあきらめている)のおかげだ。フランス語を学習メニューに組み込み、最初からやるか(Basic1から開始するか)、それ以外か(フレーズをテストしてみるか)の選択で、ほんとうに何気なく「それ以外」を押してみたところ、こちらがどの程度の理解ができているかの問題が出たのだ。

 最初は簡単で少しずつ難しくなっていくクイズだった。答えているうちに「もう少し難しいのを出す」と表示されていく。だが途中で2か所ほど打ち間違いをしてしまったため、難しい問題が引っこめられて中くらいになり、最後にまた少し難しくなりかけたところで、テストが終了した。

 それが終わってみると、基礎的なところはできているということで、レッスンの途中から開始できると表示された。経験値もそこまでやったものとして加算!!

 あ〜、こういうことだったのか。ときおりランキングで「この人はいったいどうしたら数日でここまで上がるのか」と思う人がいたが、すでに慣れていてDuolingoで学ばなくてもいい言語をメニューに加えれば、経験値は稼げるのだ。
 もっとも、この手はそうそう使えない。わたしはドイツ語ほか、かじりかけてやめた言語は多いが、フランス語ほどは語彙も多くないので、おそらくこの手が使えるのも最初で最後だろう。

 もっとも、ウクライナ語、ロシア語にくらべたらフランス語のほうがまだわかるので、どうしても学習する時間がなく経験値だけ増やす必要がある日は、フランス語の問題を少しやっておくという「ズル」ができるのもたしかだ。

Duolingoの沼にはまる

 ウクライナ語の学習になれてきたところで、パソコン画面の隅に自分が参加するリーグとランキングを見つけてしまい、いつもより多めに問題を解くようにしていたところ、日本時間の日曜日夕方の締め日で、ブロンズリーグからシルバーリーグに上がった。これからもある程度の数の問題を解かないかぎり、翌週にはランキングが下がってブロンズに逆戻りらしいので、気が抜けない。

 ロシア語も開始してみた。日々の問題で得られる経験値はどの言語を学んでも合算のようで、ロシア語の問題に挑戦したらランキングの点数に加算された。いかん、この調子で東欧語などを片っ端からやってしまったら、Duolingo廃人になってしまうかもしれない。

 実はポーランド語、ノルウェー語にも興味がある。ノルウェー語については、以前にわずかながらもカネをかけて教材を買ったデンマーク語やスウェーデン語があるので(もちろんどちらも身についていないが)、それを差し置いてノルウェー語を先にやっていいのかという気もするが——まあ、いざとなったらやってみたいと思っている。理由はもちろんNetflixのドラマだ。東欧、北欧のドラマもけっこう配信されていて、言葉がわかるといいなと思いながら見ている。

 

Duolingoでウクライナ語

 3週間くらい、やってみただろうか。Duolingoという無料サービスでウクライナ語を学んでいる。

 最低でも毎日15問の問いに答えれば出席と見なされ「連続○○日」となるが、時間があるときはそれ以上の挑戦も可能。過去にやったレッスン内から、復習のためのより高度な問題に挑戦できる。

 イメージとしては
=====
 レッスン1 を 4回学ぶ → レッスン2 が解錠される → それを4回やると次のレッスンが解錠され、だんだんと学ぶ単語の分野が自分で選べるようになる
(たとえば家族に関する単語を覚えたい人、フレーズを覚えたい人など、自分で「学ぶ順番」を選べる)

 次々に解錠していってもいいし、復習もできる。ひとつのレッスンの中にもレベルが存在するので、基礎を重点的にレベル上げしてもいいし、好きな分野の単語ばかり何度でも挑戦することができる。

 それぞれの学習をおこなうと xp という(経験値?)単位が増えていく。そして解錠した分野が多い人は、冠のマークが画面に累計で表示されていく。それからLingotsというものも毎日もらえるのだが、これはDuolingoサイト上で使えるポイントのようなものらしい。

問題は文法を理解しての「並べ替え」や、ウクライナ語を聞いて「聞こえたとおりに単語を並べていく」などの、聞こえた音とスペルの関係(候補の単語をクリックすると発音してもらえるのでわかりやすい)、そして単語の意味を理解しているかどうかのチェックが中心。
=====

 けっこうよくできている。これで学べることは意外に多そうで、書く(スペリングを自分で手で書く)以外ならば、いつかは習得できるかもしれない。つまり「読む、聞く、話す」は、もしかしたら身につく。

 ちなみに、日本語のメニューを利用すると、学べる言語数はかなり少ない。
 ウクライナ語は特例でベータ版が使えるようだが、英語があまり苦でない人は、ぜひ英語メニューでやってみてもらいたい。学べる言語数がまったく違う。よく知らない言語が学べるチャンス。

通訳の人気が高まるか

 ウクライナのゼレンスキー大統領が日本の国会で演説した。同時通訳を担当されたのはウクライナ大使館の職員だという。日本語のネイティブではないものの、ウクライナ語を熟知している日本人、まして通訳技術までを持っている人材が少ない以上、まさに適材である。さぞ緊張されたと思うが、多くの人が注目するこの貴重な機会に活躍していただき、通訳に憧れて東京に出てきた人間としては、胸が熱くなる思いがした。

 昨日からDuolingoでウクライナ語をはじめた。少しでも多くの言語にふれたい。

 Duolingoはイラストを参考に単語を選びつつ発音を聞いて学ぶなど、ゲーム感覚の語学アプリだが、これまで日本語のメニューを利用すると英語ほか数カ国語しか学べなかった。だがウクライナ語もそこに加わったのだという(わたしは英語メニューで参加しているので、たくさんの言語から学習対象を選べる)。

 ウクライナ語の学習者が広告を利用すると、その広告費はウクライナ支援に行くのだそうだ。

 Duolingoの公式Twitterアカウントは、こちら。

 これを気に、語学学習や通訳業の人気が高まるとうれしい。

夜の喫茶店でoxygenの発音を教えた話

 30年くらい前になるが、間接的な知り合いに英単語をいくつか教えてくれと頼まれたことがある。用途は、とてもシンプルな単語をいくつか、名刺の隅にメッセージとして刷りたいと上司が言っている、というものだった。

 世の中に不可欠で、シンプルな単語をというご希望だったため、教えた単語のうちひとつが、oxygen(酸素)だった。

 しばらくして、上司がお礼を言いたいとのことで珈琲でもいかがかと誘われた。その間接的な知人ですら数回しか会ったことがないのに、その上司といったらさらに話が合わないだろうからと「いくつか単語を教えただけですから、いいです」と固辞。ところがそのことで上司という人が意地にでもなってしまったのか、どうしてもという話に。
 けっきょく、ちょっとした手土産まで持参で、当時わたしが勤めていた会社近くまでふたりがやってくることになった。

 そこで、わたしの知っている店が混んでいたので、まったく知らないカフェバーのようなところに連れていったわけだが…。

 話はいつのまにか「単語を発音してください」になってしまった。oxygen(酸素)がとくに難しかったらしく「もう一回お願いします」とせがまれ、静かなカフェバーで、oxygenを複数回。自分はいったい何をしているのだろうと、不思議な気分になった。

 その日に何か飲食した料金のほか、持参の手土産をもらった。それ以降はふたりにご縁がなかったが、あまりない体験だったと、いまにして思う。

 oxygenは、ほかのたいていの英単語がそうであるように、カタカナではうまく表現できない。オクシジェンでもアクシジェンでもなく、オよりもややアに近い音につづいてクスィジェンのような雰囲気。この冒頭の母音がオなのかアなのかがわからず、発音を何度も確認したかったのだろう。

 それにしても、人間の記憶の引き出しとは、いつどんなときに開くものなのかわからない。

 夜にパソコンの画面を見ていたら急にこのことを思い出した。いったい何が引き金だったのだろうか。不思議なこともあるものだ。

英語の歌の日本語タイトル

 25年ほど前になるとは驚いたが、日本のドラマ「真昼の月」のため Swing Out Sister (スウィング・アウト・シスター)が書き下ろしたという Now you’re not here という曲がとても耳に残りやすく、そのドラマを見ていなかったわたしでも覚えているほど、番宣で頻繁に流れていた。

 そこで、この曲の日本語タイトル「あなたにいてほしい」について、改めて気になったので、書いてみる。

 内容は、だいたいこんな感じだ。

 愛を育んでいた日々には、すべてが自分たちの思うとおりに進められると、たくさんの夢をいだいていた。でもいつしかときは終わりを告げ、自分たちの日々は勝者のないゲームだったのかとすら思うようになってしまった。
 永遠の別れも、涙を流すことも、大きな存在を信じることもないと考えていたのに、わたしたちはそこから逃げてしまった。
 もうあなたはいない。
 逃げ出して、こんな気持ちは何もかも忘れてしまいたい。でも思い出が目の前に現れて、あなたがいないことは現実だと思い知らされる。
 もう、あなたはいない。

 …これ、去っていった恋人に帰ってきてほしいとか、そばにいてほしいというのではなく、もしかしたら亡くなったくらいのレベルで遠くに行ってしまって「会えないことは確定」と、本人も悟っていると、思えるのだ。少なくとも未練は感じない。会えなくなってしまったことを嘆いている。

 感じ方の違いかもしれないし、日本のドラマのために書き下ろしたにしては重厚すぎる解釈だが、少なくとも日本語タイトルの「あなたにいてほしい」よりは重い歌と、わたしは感じている。

声に出してやっとわかるdad joke

 Dad jokeとは、親父ギャグ。文字で笑い話を読んでいると、何がおかしいのかさっぱりわからないことがある。今回も何度も何度も読み直し、家族にも見せ「なんでこれがおかしいんだ」と、ねんのために口に出してみて、やっとわかった。

“Why do the French make omelettes with only one egg?”
なぜフランスでは、卵1個だけでオムレツを作るのか?
“Because in France, one egg is un oeuf.”
フランスでは、卵はoeufだから(フランス語で、卵の意味).

 なぜこれが笑えるのか…!?

 声に出してみると、こうなる。
ビコーズ イン フランス ワン エッグ イズ アヌフ

 要するに、アヌフをイナフ(1個でじゅうぶんだ)に、かけているわけだ。
 いや、これ、わからんわ。しかもアヌフとイナフ、ぜんぜん似てないし。

 冗談を理解するのに時間がかかるというのは、なにやらむなしい。