誤変換の話

 あるKindle本で、誤変換がひどいものに当たってしまい、すっかり読む気がなくなったのだが「目的を誤変換探しということに変更して流し読みしよう」と決意。もう少しで読み終わるが、著者本人が見直しで発見できるはずの低レベルなものも多く「本人すら見直ししていない本」の様相を呈している。

 わたしはKindle Unlimitedで定額料だからよいのだが、もし買ったら数百円の本のようだ。ただしダウンロード時にAmazonのほうで(読者らの指摘により、誤変換などが多いため)修正するよう連絡したという表示があった。そこまでAmazonに書かせる本というものはどれほどかと、見てみたら想像よりもひどかった。

 たとえばだが
 ○○さんによれば → ○○産
 渋滞に引っかかった → 重体

 さらに、同音の言葉の変換ミス多数(ただし直前直後には正しい変換のものも混じる)、妙な改行挿入、句点が2個あるなど。
 個人ブログであっても、もっと真面目に書ける人はたくさんいる。

 さて今日は、わたしが印刷して提出する寸前だった誤変換「以下の通り、誤請求いたします」を紹介して終わりにしよう。これは試し刷りするまで気づかなかった。間に合ってよかった。

 それから、音としては同じだろうと思うのだが、聞き手は漢字を判断しにくいと思われる事例が「あなたは知らないかもしれないけれどゼンニンの○○さん」という表現。——前任か、善人か、知らない人についてはその段階では判断ができない場合もある。

マグカップ、デミタスカップの「カップ」

 マグカップというカタカナをそのまま英語圏の人に言ってしまうと、驚かれるという。実際にわたしの知人が知らずにそれを使い、相手がきょとんとした現場を見てしまったこともあった。なぜ驚かれるかというと、mug には、大きなカップという意味までが含まれているのだ。

 デミタスカップ demitasse も、タスがカップで、デミが半量なので「半分量くらいの小さめカップ」である。英語で話すときにカップ部分は不要。

 また、長ネギを英語で言う場合に、いろいろな言い方があるものの、long onion (長いタマネギ)と言えばけっこう通じる。これは日本語とは逆だなと、つくづく考える。
 日本語では「ねぎ」という概念が先にあって、その前に「たま」つかなければ、普通は長ネギを意味する。例語ではonionという概念があって、上に伸びているかどうかで考えるのだろう。

魚醤と、魚醤油(うおしょうゆ)

 英語版のWikipediaで醤油の欄に、関連事項としてアルファベットで「うおしょうゆ」と書いてあった。かなり驚いた。魚醤(ぎょしょう)はあるが魚醤油(うおしょうゆ)とは呼ばないと考えたのだ。だが日本語版Wikipediaでは、魚醤の欄に「魚醤油(うおしょうゆ)、塩汁(しょっつる)とも呼ばれる」と書いてあった。
 知り合いが目の前でしゃべったり書いたりしたものならば、うっかりとその直後に「正しくは魚醤(ぎょしょう)だよ」と口走ってしまっていたかもしれないが、知らない人であったおかげでこうして調べることができたし、思いがけず魚醤の欄を読むきっかけにもなった。

 だがこれがまったくの知らない人ではなく、知り合いの知り合いであるとか、知り合いがいる場所での誰かの読み間違いであると、どうしたものかと頭をかかえてしまうことがある。

 だいぶ前だが、知り合い(アメリカ人)と大勢で参加していた英語の掲示板で、戸主(こしゅ)をアルファベットでわざわざ Toshu と読み間違いしつつ解説している人がいた。それも何度も書いたので、打ち間違いではなく本気で読み間違えていたようだ。
 個人的に知らない人であり、メールアドレスなど連絡の代替手段もなかった。コメントを追加するには、掲示板上でその読みの違いもセットで指摘せねばならなくなる。それがおっくうで、読むのをやめてしまった。

 読み間違いはあっても日本の家制度には詳しい人であり、それだけの知識があるところで読み間違いを指摘されれば、おそらくは怒ってしまうことだろう、と。
 日本語を少し理解するアメリカの知人ら本人に対しても気を遣うのに、赤の他人に「Koshuですよ」などと書くリスクを負うほどには、当時のわたしは度胸がなかったのだ。

 わたしも、偉そうなことばかり書ける立場ではない。
 もう25年くらい前だが、うっかりしたミスに気づくことがないまま、ひとさまに文章を出してしまったことがある。似たスペルだが意味は違う単語を、せっせとそのまま「この単語表でやろうと思っています」と、表まで提出したのだ。先方が驚いたのは書くまでもない。
 返事の文章からは「こいつってこの程度を読み間違えるのか」的な衝撃波が、隠そうとはしていたのだろうがその甲斐なく、こちらの目に突き刺さってきた。いまにして思えば、そんなうっかりミスにも気づかない程度の熱意しか持っていないわたしに、先方はあきれたのだろう。もう少しできる人間だと思ってもらっていたということだ。

 その方とは、それが原因ではないのだが、すっかり疎遠になって久しい。

 何歳になっても謙虚に、新しいことを学び、吸収していける人間でありたいと、無難な終わり方で今日の記事を終了。

外来語の最後にある濁点(例: ベッド)の話

 かつて中高年(現在の高齢者)らの会話でよく感じていたし、古い本や雑誌などでもあったと思うが、ベッドをベットにしたり、グッド、バッド、の意味ではないかと思われるところでグット、バットと使っている事例が多々あったように思う。おそらく日本語の会話では、最後が濁点という名詞が多くなかったのか、つられて濁点をとってしまったのかなという想像をしているが、実際のところはわからない。

 ところが、ほぼ同じくらいなのか、あるいはもう少しあとなのか、逆も出てきた。濁点がないものに濁点をつけるか、もしくは混乱して確認しないまま、付けたり付けなかったりする例なのだ。現在はそんなことはないだろうが、かつては「人間ドック」を「人間ドッグ」という人が、いたそうである。実際に今日はネットで、人間ドック関連の情報サイトにひとつドッグが紛れこんでいるのに気づいた。かなり目立つ場所だが関係者は気づいていないようだ。

 意味やスペリングを確認せずに耳から情報を得てしまうと、文字にするときに混乱するというのは、たしかにあるかもしれない。

 外来語としてバ行の表現で問題ないのに、ヴァ行にしてしまう人をたまにお見かけする。この例はわりと新しいが、おそらく誰かに「日本人はカタカナでバ行にしてしまう人が多いが、ほんとはヴァなんだよ」と言われて、確認せず本気にしてしまった可能性もあるのだろうか。同様に、ハ行でいいのにファ行にしてしまう事例もある。

 そうこうするうちに、スペリングを知った上で発音をそこから想像し、そのままカタカナに当てはめる時代になってきた。かなり定着してしまっている事例としては… baked cheesecake がある。英語の発音をカタカナで表現するならベイクトであり、ベイクドではないのだが、ベイクドチーズケーキと書いている店やグルメ記事が大半だ。客がベイクドで検索をかけてくるところに自分がベイクトと書いて売り上げを落とすよりも、ベイクドにしてしまうといった事情もあるのかもしれないが、これからベイクトが主流になることは、まずないだろう。

 濁点の話ではないが、カタカナ人名などにおける「チ」が「ティ」になるのは、だいぶ定着してきた。わたしが子供のころに、マーチン・シーン、トニー・カーチスと書かれていた彼らは、現在「マーティン」であり「カーティス」である。チの表記をほとんどお見かけしない。それにGoogleもこちらの入力文字が「チ」であっても、問答無用で「ティ」扱いをしてくれる場合がほとんど。

 こういう話をもう少し専門的に整理されている方の文章があったら読んでみたいものだが、今日のところは、とりとめもなく。

「いかめしい」を漢字で書くと

 厳めしい顔、厳めしさなど「いかめしい」を漢字にした歳には「め」がはいると考えているが、最近は「め」を省いた「厳しい顔」などの表記があり、けっこう考えてしまう。

 これは普通に読むと「きびしい顔」ではないかと思うが、きびしい制度、きびしいしつけ、などの「きびしさ」とか異なり「きびしい顔」とはなんなのか、考えてしまう。やはり「いかめしい顔」と書きたくて「め」を抜いてしまったのではないか、あるいは最近では「きびしい顔」というのは「きびしい表情」という意味で使われている言葉なのか、さらには別のニュアンスがあるのかと迷ったりするが…

 いつもならば「め、を入れ忘れたのだろうな」と思うのだが、有名な人の著書で、出版社も編集さんも優秀そうな場合は「め、を抜いたのだから、きびしいと読ませるのか、そうなのか」と、しばらく考えてしまった。

 まあ、素人が書いた文章でも高名な人のものでも、だからといって書き間違い云々を考慮に入れるのはよくないのだが…これは、読み上げソフトを使わせたら、ほぼ間違いなく「きびしい」にされて、それを聞いた人は「きびしい」で認識するのだろうなと、推測する。

 きびしい表情ではなくて、きびしい顔。ありといえばあり、なのか。ずっと考えていると、自信がなくなってくる。

湯湯婆の読み方

 湯婆婆ならば夏木マリを連想するところだが、湯湯婆とはなんだろうと、しばらく考えてしまった。ゆたんぽ、だそうだ。へぇ。

 出典はこちら 2021.06.02 →
これってどう読むんだっけ…?読めそうで読めない漢字たち≪名詞編≫

 ほかに、甘蕉(かんしょう、意味はバナナ)と、地車は、読めなかった。

「アハモ」の意味…!?

 2021年3月からの新プラン「アハモ」について、NTTdocomoによると、その名称にこめた思いは、三つあって…

ahamoには以下の3つの意味を込めています。

(1) 「未知の物事を瞬時に理解すること」を意味する「アハモーメント」
(2) 「なるほど」という相づちの英語表現「Aha」
(3) 「楽しい時にアハハと笑う」感嘆詞としての「アハ」

この新たな料金プランahamoを通して、お客さまに「驚き」、「喜び」そして「楽しさ」を感じていただくことをめざしています。

…とのことなのだが、この1 (aha moment) と、2の aha は、同じではないだろうか。そして1の意味もまた、合点がいった瞬間に口から出る”なるほど”を例にとった、くだけた表現 aha moment であって、未知の物事を瞬時に理解するという日本語表現が、大げさに感じられる。

 物事をプレゼンするときに、基本的に3などの数字が好まれるとは聞いたことがあるため、説明の事例が2で終わりでは迫力がないという思いから3つにした可能性もあるかと思うが、それにしても、1と2は、もう少し吟味してもよかったのではないか。

カタカナ語の切り方で、悩むことがある

 今日、カタカナで「ブックスマート」というタイトルの映画があると知った。内容はわからないので、意味を知るヒントはなかった。

 ブックス マート (本を売っている店)なのか。
 ブック スマート (bookが動詞なのか名詞なのかで意味が違う)なのか。

 英語で出てきた場合はこういうことに悩まずに済むが、カタカナだと頭を抱える。日本人向けに英語を妙なカタカナに表現しなおした可能性もあるためだ。

 だがとりあえずbook smartで検索をしてみたところ、知識はあるお利口さん(ただし実生活で役立つかどうかはわからない)という人を指すらしい。
 すると、以前に耳にしたeggheadと同じような意味なのだろうか。いや、どうだろう、eggheadはけっこう軽蔑の度合いが高かったように記憶している。

 そういえば数年前に、英語のフェイドアウト(自然と消えていく)と、フェイズアウト(段階的に終了させる)を間違えて使う例があって、いまも経済産業省の資料で火力発電などのフェイドアウト(正しくはフェイズアウト)という表現がネットで検索できる。原発をフェイドアウトという内容で本を書いた政治家もいたそうだが、あきらかにフェイズアウト。

 カタカナについては、慎重になりすぎることはないので、気をつけたい。

語順の話

 先ほど東京新聞(ウェブ版)で、現地在住の同社記者が新型コロナウィルスのワクチン接種を受けた記事を読んだのだが( → 2021.03.28 米国在住の本紙記者がワクチン接種 本人確認もなく終了 1カ月以内に16歳以上の住民が対象に

 その記事の最後に

> 自宅のある首都ワシントン近郊のメリーランド州では、

 という表現があった。

 ○ この記者は、首都ワシントンに住んでいて、近郊のメリーランド州の話をしているのか
 ○ 自宅はメリーランド州だが、メリーランド州は首都ワシントンの近くにあると書きたかったのか

 …どちらでも、意味が通ってしまう。

 もちろんこれは英語でも、話し言葉ならば同じ可能性があって、よくわからない。ただ文章を書くときにはどこにカンマを入れるかを明確にしないと駄文になるので、おそらく書く段階で the city where I live 部分がほんとうに必要かどうかを考えると、別に要らないかも、という判断になる可能性もある。

 ところで語順といえば、先日こんなことがあった。わたしが愛用しているGrammarlyが「語順が違うっ」と怒りだしたのが、わたしが入力していた英語にあった “seven little adorable kids” (七匹の子ヤギ)だ。それは “seven adorable little kids” でしょう、と。真っ赤になって(赤の文字で)注意してくる。

 たしかに、英語では名詞の前に形容詞を複数つける場合には「主観」が最初(可愛い adorable )、その次がサイズの大小(この場合は little )という、鉄則があるらしい。その次に「古い、新しい」で、次に「丸いか四角いかなどの形状」…と、つづいていく。

 とてもではないが、覚えていられない。

 どっちだってたいした違いはないっしょ的な思いで作業しているから、とっさに seven little と書いてしまうが、これはAIにしてみれば見逃せない低レベルな間違いなのだろう。

 これを書いているあいだも、ブラウザ上でGrammarlyがチェックしているので、同じ部分(セブンでリトルなのか、アドラブルでリトルなのか)に、反応されそうになった。危ない危ない。
 まあ、これだけしつこくチェックしてくれるので、いつかはわたしも覚えるだろう。

 上に書いた形容詞の順番だが、こちらにまとめ記事があった( → 2015/12/21 英会話コラム 複数の形容詞が名詞を修飾する際の並び順)ので、ご紹介しておこう。

初めて聞いた「ごろた石」

 青空文庫で古い作品を読んでいたら「ごろた石」が出てきた。どうも、そのあたりで拾える石でありながらもそこそこ大きいらしく、玉砂利とは異なるものらしい。

 画像目当てにネットで検索をしてみたところ、玉砂利のように丸いものばかりとは限らず、角ばったものもあった。庭造りなどの話題でその言葉が出てくるほか、通販もされているようだ。

 知らない単語というのは、何歳になっても見つかるものだ。