言葉(とくに日本語)

「誤った事実」という表現

 ネットで毎日新聞を見ていたところ、誤った事実という表現があった。その記事を紹介した社員さんがたまたまそう書いたのかと思ったが、記事の本文中にもその表現が使われていた → 2020.03.09 「部費横領」誤情報で強制退 […]

「羊は飼えませんよ」の話

 日本語のイントネーションについて考えてみた。おそらく関東または標準語ではこのアクセントの話は成り立つと思うが、ほかの地方ではわからまい。  買える、飼えるは、アクセントの位置が違う。 「羊は買えます」だと、羊肉をスーパ […]

「いいお値段ですね」

 ふと思ったのだが、いいお値段という表現は、仮に日本語ネイティブであっても自分の財布からカネを出すくらいの年齢にならないと覚えない言い回しではないだろうか。文字だけ見れば「高い」とか「値が張る」ニュアンスがない。  ちな […]

「推し」という単語

 インターネットはほんとうに勉強になる。新しい言葉を見ていて「これってこういう意味だろうか」と検索をかけるのが楽しい。  先週くらいにやっとわかってきたのが「推し」。推しのコンサートとか、推しが出る芝居、推しのライブチケ […]

蒸発に夜逃げは含まれるのか

 結論から書いてしまうと、わたしは含まれないと考えている。蒸発は動機もいなくなった経緯もわからないときに使うもので、あきらかに事情があっての夜逃げと推測される場合には、少なくとも日時や理由の推測ぐらいはできる。夜逃げの手 […]

募っているが募集ではない件

 今日は2回くらい時間をあけてTwitterで話題の大喜利「募ってはいるが募集してない」を読んでいた。みなさん才能がありすぎる。  桜を見る会の名簿は、廃棄したが捨ててはいないというのもあった。  そしてついに、三省堂国 […]

なぜパスポートの数え方が「一通」?

 書類や手紙は一通だが、パスポートはページがいくつもあるのだから「冊」でいいのではないかと思うのだが、新聞社はゴーン被告の件でパスポートを「通」と数えているようだ。  冊のほうが自然ではないだろうか。不思議だ。  それに […]

特別職、特別食、それとも…

 昨日だったと思うが、玄関のインターホンが鳴ったときに、うっかりと聞き逃してしまった。それでも気配を感じてインターホンをとったが、すでに家族が玄関を開けていたようで、会話だけが聞こえてきた。  ダスキンのモップ交換のよう […]

The Moon Ultra Parking

 新国立競技場のお披露目で、館内案内等での英語表記におかしい点があったらしく、海外メディアの特派員らがそれを紹介しているという記事を読んだ。  それを聞いて思い出した。去年だったか日本のどこかの駐車場で、月極駐車場に T […]

「ないものは、ない」とは

 何でもありますという意味でも使えそうな「ないものは、ない」。  そして、おらおらカネよこせ〜と言われて「ないものは、ない」。  困ったことに、このふたつはイントネーションまで同じである。ちなみにこの言葉をGoogle翻 […]