飲食業、接客業、寒中見舞い

 たとえば親しくもない人から職業を聞かれたり、アンケート等の職業欄に「三丁目のハンバーガーショップで調理」と答える人はまずいないだろうし、多くの場合は飲食店勤務であるとか、飲食業と答えるだろう。

 尋ねる側にとってそれがよほど重大な要件であれば、接客業と書いた人に「具体的にはどんな業種ですか」と細かく尋ね返すこともあるかもしれないが、だいたいの場合は、聞く方も聞かれるほうも、適度に流して差し支えないような用件と思う。要は「聞いたことにスムーズに答えた、やりとりが成立した」という、なんとなくの達成感が大事なのではないだろうか。

 接客業といってもホテルなど業種全体としての接客を指すこともあれば、飲食業と重なる部分もあるし、また総合玄関があるような大企業では受付で接客を専門とするスタッフも置いているだろう。そしてもちろん水商売も接客業に含まれる。
 職業を尋ねられても、たいした用件ではないと思えば「接客業」と答えることもあるだろうし、あるいは水商売のニュアンスを少しでも排除しておきたいならば、もう少し狭い意味の言葉に代えることも考えられる。

 なぜこのようなことを書いているかというと、広い意味の単語を使って「あとはなんとなく察して」ということは、日本語以外では通じにくいように感じることがあるからだ。広い意味の言葉に多少の説明を加えるとき「そもそもなぜそんなに広い言葉を使うのか」と不思議がられ、ツッコミがはいることがある。

 これまで、飲食業、接客業などの広い言葉のほか「年賀状を出せなかった場合など(喪中などなんらかの事情があった等)は、寒中見舞いとして葉書を出すことがある」と説明した外国人から「わたしは日本人の知り合いにそういう表現(winter greetingなどの言葉を使って)で葉書を書いてしまったが、自分が喪中と勘違いされたり、何か失礼にあたった可能性はあるか、と聞かれたことがあった。

 何かを察してもらえるだろうと曖昧に「寒中見舞い」とすることが、言葉を英語に置き換えてseasonal greetings / winter greetings とすることにより、相手には狭く伝わってしまう——では「その言葉=喪中なのか」という疑問を生じさせる展開になるというわけだ。

 接客業には水商売も含まれるため、その表現のあとに「水商売の人もいるから」と例として紹介したつもりが、接客業は水商売を指すのか指さないのかと、より具体的にするようツッコミをいただいたこともある。飲食業もだいたい同じような展開だった。

 かといって、どうせ突っこまれてしまうからと最初から意味の狭い言葉で説明してしまうと、それもまた問題だ。元の言葉が広い以上は、いったんは広く訳さないといけないはず(時間が許せばだが)。それを考えれば同時通訳という仕事は臨機応変な取捨選択がたいへんだろうなと、心から思う。
 

炎に、三万札

 昨日だが、ネット上で読んだ新聞記事に、成田山で護摩のお焚き上げがおこなわれたというものがあった。最初に読んだものがどの社の記事か忘れてしまったが、見出しの最後には「炎に三万札」とあった。

 そそっかしいわたしは「なんと、炎に三万円札を!!」(←そんな紙幣は存在しないがとっさに驚いた)
 よく読んだら「さつ」ではなくて「ふだ」で、護摩札の三万枚という意味だったらしい。だが普通の暮らしをしていると、フダよりサツを先に連想してしまうものではないだろうか。

 もしやと思い、家族を手招きして画面を見せた。すると、同じ読み間違いをして「うっ!!」と絶句している。そこで「フダだよ」と言ってみたところ、落ちついた。

 それはそうと、空(そら)がけっこう困る。「空いている(あいている)」のか「空いている(すいている)」のか、「空っぽ(からっぽ)」なのか。こういうことがある文字では、ルビを振るか、最初からひらがなにしてしまうということも、必要になるのだろう。
 ちなみによく聞く話では、中国語では日本の企業の略称「全日空」は、一日中ガラガラという意味になるのだそうだ。
 

「ガス抜き」で、何を思い浮かべるか

 人前でパン生地の話をしていて「ガス抜き」という言葉を使い、使ってしまってから「文字通りパン生地のガスをいったん抜いて最終発酵に持っていくという意味なんだけれど」と、蛇足なことを告げた。

 そのあとで、Googleで「ガス抜き」と打ってみると

 多い順
 ○ 体内のガス(運動で腸の中のガスを排出する)
 ○ 缶に残留したガスを排出する器具
(このふたつが、圧倒的。とくに体内のガス抜き)

 ○ それにつづいて、少し出てくるのが「パン生地のガス抜き」
 ○ そのさらにあとに「ストレスがたまりすぎないように、はけ口を用意するという意味でのガス抜き」であった。

 わたしが実生活で使う頻度が高いガス抜きは、最後の「ストレスがたまりすぎないよう…」であったため、それがトップに来るのかと思っていたら、まるきり予想がはずれた。体内のガスは年に1回の大腸検査で医師に「ガスを抜きましょうか、自然排出にしますか」と聞かれるときで、缶のガス抜きは最後の最後まで手でガスを出してからゴミに出すので、器具を買ったことがなかった。
 パンのガス抜きは、人に話すことがめったにないので「意味が通じないかも」と考えたのだが、よく考えたらそれ以外に言いようがないので、今後の心配せずに使おうと思う。

 

人の感じ方はそれぞれというが

 Twitterの人気タグとして「Twitter終了」が出ていたので、ときどき読んでいた。数時間で消えてしまうことが多い人気タグの欄だが、まる1日以上も出ているのではないだろうか。中にはおもしろいものもあり、ざっと読んでいたのだが…

 驚いたことに、まじめに「終了」だと考えて反応している人が、けっこういるようだ。終了するはずがないと強めの文体で書く人もいた。
 日常会話などで、もう詰まってしまって先がないとき「はい、終了〜」という言葉を使う経験は、ないのだろうか。あるいはわざわざ人気タグとして紹介されているのだから、そういう軽い意味ではなく事実なのだという先入観で、読んでしまうのか。

 大勢の人がいる場所でも、うっかり安易に(自分なら間違わないという感覚で)強めの言葉を使ってしまうことは誰しもあるのではと思うが、まさか今回の「Twitter終了」でそれを実感することになるとは。

 ちなみに今回の「終了」は、サービスとして終了ではなく、いままでのようなTwitterではなくなるという意味をこめて「終わったー」の感覚で使っている人が多めではある。ただ、真面目に考えた人が「デマを流すなんて」と書いている事例もあった。

 いずれにせよ、何か自分が没頭しているサービスが終了してしまう場合にそなえて、いくつも場所を作っておくに越したことはない。いまさらmixiに帰る人もなかなかいないだろうが、選択肢のひとつとして紹介している人もいた。わたしはマストドンを開始したし、もともとブログやウェブサイトも複数持っているので、ひとつのサービスが終了した場合でも、誰かと連絡が取れなくなるということはない。

 Twitter社での強引と聞く人員整理の影響で、サービスがどうなっていくのかは、これからも見つめていきたいと考えている。

カタカナ英語「アダルトチルドレン」

 カタカナで「アダルトチルドレン」というと、子供時代に家庭内で何らかのトラウマを体験して、それを精神的に引きずったまま大人になった人…という意味になるかと思うが、これをもしそのまま英語のスペルにして adult children と表現したら、成人しているが誰かにとっては子供であるので(親世代から見た)成人後の子供たち、という意味にしかならないように思う。

 ちなみに、日本語のWikipediaで該当する欄によると、英語ではACOA(親がアルコール依存の家庭に育った) / または ACOD (家庭内が機能不全の環境で育った)という略称が紹介されているが、ざっと英語で検索してみた範囲では、略称ではほとんど何もヒットしなかった。スペリングできちんと説明しないと通じないのではないかと思われる。とくに後者のACODは、Dを機能不全(dysfunctional)ではなく離婚(divorce)の意味で使う人もいるようなので、略称だけでは混乱が生じるかもしれない。

 日本語のネット上では、アダルトチルドレンという用語そのものは一時期より減った印象を受けるが、代わりに「毒親」やら、意味は多少大きくなるが「親ガチャ」などを、目にする機会が増えてきた。

 狭い社会の中で「周囲に迷惑をかけない」、「はみださずに適度に生きる」を教えられ、目立たないことが無難であるとして横並びに育てられることが多い日本人だが、それだけに「暮らしや進路が選べなかった」という思いをいったん感じてしまったら、それをとことん言葉にして吐き出してしまいたい人がいるのではないか。それゆえ、アダルトチルドレン的な話題を好む(自分は他の人とは違いつらい子供時代を送ったとの思い)は、もしや「わりと日本的」ではないかと、わたしは考えている。

「山河」を考えた半日

 昨日、たまたま日系アメリカ人の方からロサンゼルスの和菓子店「風月堂」について教えてもらい、その和菓子店の話のみならず、100年以上もつづいている日系人の小売店と、アメリカでの日系人社会に関する思いを新たにした。

 日系人には日本に複雑な思いをいだいて暮らしている人も(全員ではないが)いるはずだ。

 たとえば第二次大戦のとき日系人は、子世代ならばとくに生まれが米国であり市民権を持っていたにもかかわらず、家族らとともに強制収容所に入れられた。そうした差別や戦後もつづいた苦労から、日系人という自らの立場を米国社会に希釈させていくかのごとく、日本人や日系人以外と婚姻して家庭を持つ人も多いらしい。
 日本人に混じればアメリカ人と言われ、アメリカの中では日系人として扱われることもあり、落ちつかない気持ちになることもあるはずだが、そういった方法でアメリカ社会内部に溶けこむ(薄まっていく)ことを選んだ人もいるのだろう。

 そんなことを考えていたら「山崎豊子が原作の80年代のドラマ(日系アメリカ人の戦中戦後を中心に描いた作品)は、なぜに『山河燃ゆ』というタイトルだったのか」と、気になってしまった。
 検索してみたが、もともとは原作の通りに「二つの祖国(Wikipedia)」で話が進んでいたようだが、米国の日系人らからタイトルへの不快感や抗議が寄せられたことによる変更であったようだ。

 そこで「山河とは、杜甫の春望に出てくるあの『国破れて山河あり』だろうか」へと、検索対象が飛んだ。春望については、こちらに解説がある → マナペディア: 杜甫 『春望』の書き下し文と現代語 (五言律詩・対句の解説)

 戦によって何もかも失われても、山と川はあった——という五言律詩(5文字 x 8行の詩)である。

 つまり「二つの祖国」に代わって、「戦で何もかもなくなり、山や川すらも燃え尽きて跡形がないほどだ」という意味合いの作品名を選んだということなのだろうか。それともほかに何か参考にすべき表現があるのか。いまのところは思いつかない。

 そんなことを考えながら、ついでに「山崎豊子の本やそれを原作にしたドラマは重厚だな」と思い出していた。そういえば80年代は日系アメリカ人や歴史的に有名な国際結婚を題材にした話が多かったよな、などと、ドラマ「オレゴンから愛」まで思い出しつつ、時間を過ごした。

 すると半日ほどして、今度は別件で、漢詩について質問がやってきた。

 漢字が長く表示されている写真が添付され「これは文章か、詩か」という内容だったが、5文字単位で4行ならば「五言絶句」というんだよと、半日前まで忘れていた内容をさもずっと覚えていたかのごとく、どや顔で返事をした。

 こんな風に、関係のないことを調べていたつもりでも、なぜかすとんと落ちついて1日が終わるようなことが、たまにある。そして何やらよい日だったように感じる。

 明日もいい日でありますように。

短歌が人気らしい

 今日、Facebookで素朴な表現を見つけて、俵万智の「サラダ記念日」を思い出した。わたしにも才能があったらよかったとつくづく思うが、自分が詠みたいことが自然にこみあげてくる場合ならばともかく、短歌を生み出せる人そのものに憧れるというのは、スタート地点からして違うのだろう。

 俳句や短歌を投稿し、閲覧できるアプリも何種類かあって、人気なのだとか。

 高校生のころ、百人一首はすべて暗記したのだが、いまではすべて言葉にできるのは五首程度だろうか。上の句、下の句のどちらかだけを覚えているものがあり、うっかりすると混ぜてしまいそうになる。

 好きであり、すぐに口から出てくるのは、たとえば以下:
 ○ 瀬を早(はや)み 岩にせかるる 滝川(たきがは)の / われても末(すゑ)に 逢はむとぞ思ふ
 ○ 逢ひ見ての のちの心に くらぶれば / 昔はものを 思はざりけり

 こちらはもう、定番中の定番。それに現代にも通じる。
 ○ ひさかたの 光のどけき 春の日に / 静心(しづごころ)なく 花の散るらむ

 さて、気分がつい塞ぎがちになってしまう昨今だが、わたしも何か書きたい気分になったときは、いつでも書き留めておけるように、ゆったり気楽にかまえていたい。

だしじる、おみおつけ

 昨日だったが、だし(日本の料理に広く使われている液体)に「汁」をつけて「だしじる」と呼ぶのはおかしい、漢字にしたら「出汁汁」になってしまう……という意見があると聞いた。

 検索してみたところ、どうも「だし」は「煮出し汁」の略が語源であるらしい。一部の人が「だし」を「出汁」を書くようになったために「だしじるを漢字で書くと出汁汁になってしまっておかしい」という話が出て来たのかもしれないが、煮出し汁の略であるなら、言葉としては自然である。

 なお、子供のころに聞いた話だが、味噌汁のように具が多い汁物を指す「おみおつけ」は、「御御御つけ」と書くそうである。「つけ」がご飯に添えられてくるもので、それに「お」をつけているうち、「おつけ」が当然に感じられてまた「お」をつけて〜という具合に「お」が重なったという説があるのだとか。

 おみおつけという言葉自体それほど聞かなくなったが、この話はずっと耳に残っていた。

「訓令式とヘボン式」に思う

 小学校高学年で「国語」としてローマ字を教えるときは、現在でも訓令式らしい。だが世の中での浸透度はヘボン式である 2022.10.01 jiji.com → 「Aiti」より「Aichi」 ローマ字表記、ヘボン式が多数―国語世論調査

 訓令式は、英語圏のアルファベットが日常にも大きく影響している日本の現状から考えて、実際の発音との乖離が多々あると考えられるが(*1)、いっぽうで「なんでもかんでも英語圏の人に読みやすい表記を心がけるより、日本人が日本語を表記するのに関して独自の約束事があってもいいのではないか」というのも、うなずける話である。

(*1) たとえば si という文字を見たら、英語に慣れている人は「スィ」と読むが、訓令式ならば「シ」の音となる。

 中国語の発音を表記する方法である「ピンイン」は、英語的なスペルの感覚で読むと音が違うのだが、全世界で何十億も話者のいる中国語は、英語圏におもねらずこの独自路線をつらぬいている。
 これは最近わたしがDuolingoで学んでいるスラブ諸語やアラブ語にも通じることだ。Duolingoでの学習は、すべて画面に実際の文字を出し、音を聞かせて、あとは覚えろ——である。アルファベットでの読み方などは添えてくれない。

 この方式で考えるなら、日本語を教える側は日本の文字を出してひたすら発音を聞かせ、それでわからないならば誰かわかる人にでもアルファベットで読みを振ってもらってくださいというくらいに、強気に出るのもひとつの手である。

 自分の側にあるものを外に向かってどんどんと見せていくという発想にとぼしく、江戸時代に鎖国を経験して文明開化の波におろおろした日本人は、その後もローマ字を使って「日本語を」、「外部に向けて表現する」必要性を、あまり感じずにいたのではないだろうか。
 訓令式にももちろん歴史はあるが、アメリカ出身のヘボン氏により「ヘボン式」の土台が作られ、さらには第二次大戦後にアメリカに占領されて(アメリカ人に読みやすい)ヘボン式が重用されていくうちに、現在のように表記が混じった状態になってしまった、とわたしは推測する。

 だが多くの人が使ってくれないからという理由で訓令式をやめるというのは国としてありえないので、二種類あって面倒ではあるが、今後もずっと混在はつづくのだろう。

 外国語で姓名を読み上げるときも、中国や韓国は姓名の順を自国内と外部で変えていない。だが日本は外国では姓名を逆にするという方針になっている(——これまで何度か政治家や識者が姓名の順については意見を語っているが、まだ基本的には逆にしている)。なんでそこまで相手に合わせるのかという気持ちをいだく人がいても、無理からぬことだろう。

 こういう「なんとなく開始され、ずっとそうなっている」という曖昧なものが、日本では「様子見」という塩漬けのような情況下に置かれ、だらだらとつづいていくことがある。熟成されるものが美しいか美味かは、わたしにはわからない。さっさと決めてしまえば単純である話も、中にはあるような気がする。

さほど昔ではないのに、古さを感じる言葉

 先日あるブログを読んでいた。その中で、英語と日本語で「待ち受け画面」について書いていたのだが…いや、う〜ん、待ち受けというのは、ガラケー時代の言葉ではないだろうか。かといってスマホ風に何と呼ぶのか、とっさに出てこない。しばらく考えてみたが、iPhoneならばロック画面か? ほかにも何かありそうな気がするが、出てこない。

 そういえばスマホで写真を撮影することを「写メする」という人も、まだそこそこの数いらっしゃるようだ。これもガラケー時代の言葉。写メールという言葉があって、その略だったと思う。

 時代としてはガラケーと同じくらいの古さだが、おそらく現在は通じないのではと思うのが、ソフトウェアを「インストする」、「レジストする」だ。とくにインストするは、検索の上位に出たのはインストゥルメンタルだった。

 とりとめもなく書いているが、こうしたものはいずれも、日本国内にいても使用する立場や年齢で古いかどうかの温度差があるものだ。たとえば10年も外国に住んでいるとか、親が日本語ネイティブだが外国に生まれ育っているといった場合には、この微妙な感覚というのは、なかなか共有が困難なものかもしれない。