再開発は、周辺部にも変化を起こす

 このところ、界隈に大規模な工事が多い。とくにこの5年くらいは、家のすぐ近くまでもが建て替えなどで騒がしい。

 最初は東京オリンピック云々と関連があると思っていた。同時に、一時期よく耳にした住宅エコポイントなるもの(住宅の再建築や大規模リフォームで防火に対応、太陽光発電に対応すると補助金が出るとか出ないとか)と関係あるのかとか、あれこれ考えていたのだが、最近つくづく思うことがある。

 大規模工事や、界隈の建築がつづくと、これだけ好きだった自分の居場所(借家だが快適)から、引っ越ししたく思うことが増えた。気分を変えたい。生活を変えたい。切実に思う。
 そして1年ほどネットで住宅の中古物件、新築物件を見ていて思うのは、もしやみんな同じなのかも、ということである。騒音や再開発が原因で、家を手放している人が多いのではと思うのだ。

 たとえば不動産サイトで「この家は価格がおトクだし間取りも日当たりもいいが、道を挟んで隣で何年も工事やってるから、耐えられなかったんだろうな」、「ああこの家は線路からすぐだ」、「それにしても小学校の真横物件は多いな」とか…けっこう、そういうのがわかってくる。

 工事が終わったころに何も知らずに引っ越してくる人には、よいかもしれない。また小学校だろうと中学校だろうと、平日の昼間に家にいないならあまり関係がない(ただし週末には地元の行事に貸し出すことはあるが)。線路は曜日や時間を選ばないが、真夜中だけは止まる。夜だけ家にいる人ならば、耐えられるかもしれない。

 だが持ち家を好むのは若い共働き夫婦とはかぎらず、高齢な人たちもいる。今後の自分もそうだ。ほかよりやや安いからといって学校の真横や線路のすぐ近くに住めるかといったら、それはまた違う話だ。

 中野駅周辺が再開発の真っ最中で地価が上がり、中野駅からバス利用の距離であるわが家周辺にも「中野駅が便利になるかも」と、人がやってきている。新しい人たちが急激に増えることへの戸惑い、そしていままでの人たちが高齢化などの事情で家を手放して、そこがさらに新築工事となって騒音を生み——さらに新しい人たちがやってくる。

 変わらない街はない。変わらない場所もない。だが、いったん「再開発」ということになると、見えているものだけが変わるのではなく、人も変わっていくのだなと、この数年はほんとうに実感している。

5月12日、電車内の変わった表示

 その日は通院の予約があったため、めずらしく通勤時間帯の電車に乗った。といっても高円寺から一駅の各駅停車だったので、激混みということはなかった。

 ふと、車内の案内を見ると「丸ノ内線は乗務員トラブルのため遅れています」の表示が。
 あまりにも変わった表示だったので、朝の車内でなければ撮影しておきたいところだったが、さすがにそれはできなかった。

 これまで見たものでは、東京の西のほうで「鹿と衝突」というのがあった。JR用語では衝突ではなくて、なにか違った表現だったはずだが、いまは思い出せない。とにかくその表現で「えっ」と思ったし、ネットでも話題になっていたように記憶している。

 さて、すっかりその「乗務員トラブル」を忘れていたが、その日の晩に、ネットに話題がのぼっていた。乗っていた人たちが聞いた車内放送によると、乗務員が体調不良で、めまいがしたために、代わりの人がタクシーで駅に向かってから発車になったのだという。

 Twitterのリプライには、乗務員を気遣う人たちもいた。めまいは深刻な状況につながるが、本人がきちんと申告できたこと(問題になると考え、倒れるまで乗務するようなことがなく)、ほんとうによかった。

日本語における「呼び捨て」

 昨日こちらに書いた「呼び方」の話で、思い出したことがある。

 数十年前、わたしの子供時代のことだ。学校の先生が「呼び捨てはいけません、呼び捨てをされたことがある人は、した人の名前を、先生(←つまりしゃべっている教師)に教えてください」と、授業中に言った。

 そのとき、近くにいた同級生が、ここぞとばかりにわたしを指さした。…おい、またその話か。何週間も根に持つようなことだろうかと、ほんとうに驚いた。

 経緯はこうだ。その数週間前、同級生(仮にK実とする)が、緑っぽい帽子を頭に乗せて、おどけた様子でピョンピョン跳ねていたことがあった。たしかそのときも授業中で、何かのものまねをしてみようということだったのだと思う。わたしはK実がカエルのように跳んでいると思ったので「あっ、K実ガエル!!」と呼びかけた。

 途端にK実が真顔になり、「呼び捨てにした。ねえ、いま呼び捨てにしたよね、したよね」と、ずっと言いつづけた。へぇ、じゃあナニか? K実さんガエルと呼べばよかったのか、K実さまガエルか、アホじゃないか、と。

 この話を、上述の「呼び捨てにされたことがある人」のときに、ふたたび持ち出したのだ。
 教師は得意げに、名前が出た生徒たちを黒板にチョークで書いていく。わたしの周囲に何人か同級生がやってきて、K実とわたしを見くらべながら「ほんとに?」と言う。わたしは答えなかったが、K実は何度も「そうだよ、ねえ? したっていいなさいよ」と。

 数十年経っても思い出す。

 こんな例は山ほどあったが、K実の親がなぜかわたしの親と仲がよかったので、一緒に遊ばされることが多く、離れることができなかった。自分の親には話したが、嫌なことははっきりそのときに言ってしまえばいいと言うばかりで、親同士は仲良くするのをやめないようだった。それでまた一緒に遊ばされた。
 もっとも、K実の親はそれほど嫌な人ではなく、わたしがK実に意地悪されたことにあとから気づいて、K実を叱ったこともあった(←ただしそのときのオチが「謝ってから一緒に遊びなさい」だったので、うれしくなかった)。

 いまの学校教育はどうだかわからないが、呼び捨てした/しないで、黒板に名前をいちいち書かれたあの時代は、ほんとうに子供に対して無神経だったと思う。小中学校時代に嫌なことは多かったが、当時は「そういうものだ」と思って自覚しきれていなかった嫌なことは、思い出すたびにあとから増えていく。

 呼び捨てについて、いまの教育ではどうなのだろうか。そんな「呼び捨てはだめ」の子供時代を送ったせいで、英語圏の人と話すときにも、「さん」などが付いていないと落ち着かないし、自分も相手にそれを付けて呼びたいと考えてしまう。

上皇ご夫妻のメディアでの表記

 以前から気になっていたが、最近のメディアでは「上皇さま」と「上皇陛下」の表現が混じっている。わたしがよく読むメディア(毎日新聞のウェブサイト等)では「さま」であるが、別の場所では「陛下」らしい。

 以前に図書館にこんな質問があり、回答が「レファレンス協同データベース」に掲載されていた → 2015年11月19日 一般的に皇太子には「皇太子さま」というように「さま」をつけるが,なぜ天皇陛下には「さま」をつけないのか。
また,雅子さまについては,「皇太子妃」ではなく「雅子さま」と呼ぶのはなぜか。

 同サイトは、全国から図書館が参加して知識を溜めていく趣旨のデータベースだ。この質問と答えは宮城県図書館によるもの。

 かいつまんで書くと、

 ○ 法的な称号としては、皇室典範に

> 天皇、皇后、太皇太后及び皇太后の敬称は、陛下とする。
 前項の皇族以外の皇族の敬称は、殿下とする。

 …と定められており(つまりこの時点でまだ定めがなかった「上皇」については、太皇太后、皇太后と同様になるはずであり、現在の宮内庁の発表でもそうなっている)

 ○ また、メディア向けのハンドブック(記者がどう書くかについて)では、
 …天皇以外の皇族について、あらたまった場合を除いては「さま」を使う、という各社の取り決めがなされている場合が多い、ということである。リンク先では共同通信社と読売新聞社の案内を紹介している。

 というわけで、上記を踏まえた場合、上皇ご夫妻もしくは上皇は「さま、ではなく陛下を使おう」としているメディアがあるならば、ほかの皇室の方々も全員「さま、を使わずに殿下にしよう」と決めているのかもしれず、あるいは上皇については天皇と同じ「陛下」にすると決めているのかもしれない。いずれにせよ、その社内では共通する新たな取り決めが生じているものと思われる。

ダニング=クルーガー効果と、インポスター症候群

 天候が変わりがちな季節、こちらにお越しのみなさまは、いかがお過ごしのことだろう。

 天候などの影響かもしれないが、わたしは気持ちが不安定になることがある。去年は8月〜9月のころがひどかった。寝つけない、眠れないなどで、あれこれ試した。その後にヤクルト1000を飲むようになり、だいぶ改善されたのだが、この半月くらいまた寝られない日がある。ヤクルト1000の貯金が切れたのか、あるいは飲んでいなかったらもっとひどくなていたのかは、いまのところわからない。なんとなく早めにこの時期が過ぎ去ってくれることを祈るのみだ。

 ときおりだが、気分が落ちこむと「自分なんか運がよかったから無事に生きているようもので、世の中にはたいへんな暮らしをしたり、生活そのものが安全ではない状況の人もいる、自分なんか、たまたま運がよくて…」というループにはいってしまいそうになる。

 そこまで深く考えるのはたまにだが、漠然と「すごい人間でもないのに、無事にのらりくらりと生きている」というのは、つい頭をよぎる。楽しいことをしていると「楽しいことをして過ごしてしまった」と、考えることもある。
 疲れているのだろう。それは自覚している。

 ところで(わたしと違って)実際にすごくがんばった人物が、適切に評価を受けているのに「自分は運がよかっただけ、ほかにもっとすごい人もいるのに、なぜ自分が評価されたのか」と考えてしまうのを、インポスター症候群と呼ぶと聞いている。勉強家、努力家で知られる、世界に名だたる有名人らも、こうした考えで罪悪感をいだいた経験があるとのこと。

 先ほどこの言葉をど忘れしてしまい、曖昧な表現で検索したところ、インポスターより先に「ダニング=クルーガー効果」の説明が出てきて面くらった。こちらは、ただ状況に慣れているだけで努力もしていないし、能力も高いわけではないのだが、「自分はできる」と思って成長の必要性を感じずにいる人たちのこと。

 あー…。これは、身近にいたら迷惑だ。だが何を提案しても却下しそうな人物(自分のほうがよくわかっているから、話を聞くまでもないというそぶりを見せる)は、割合として高いかどうかはともかく、遭遇したことがある気がする。だが改善案を蹴るわりには、自分でなにかすごいことをしてくれるわけではない。よけいに周囲はイライラする、という流れだ。

 日常的には誰かと会話しなくなって、まるで引きこもっているかのような日々が長くつづくと、やはり心身のバランスを欠き、よくないものかもしれない。これからもできるだけ毎日散歩に出ようと思う。

鷺ノ宮のオーケーストアが、マジで安い

 連休前にも書いたが、オーケーストアは安い。鷺ノ宮には2軒オーケーストアがあり、駅から北上して中杉通り沿いの店舗と、駅から川沿いに下井草駅方向に歩いた住宅街の店舗がある。中杉の店には入店したことがないのだが、鷺ノ宮店(住宅街のほう)は、今回で2度目。

 安い。
 しかもスマホ決済対応。会員登録して現金で払うと安いのだそうだが、そういうことを抜きにしても、お手頃価格。
 今回もふたりで入店してけっこう買ったのだが、会計が3000円に届かなかった。

 JR高円寺駅すぐに高円寺店もあるが、店内の通路が狭くて混雑していると動きがとれず、もう何年も買ったことがない。だがこちらの鷺ノ宮店は店内も歩きやすい。

 商品の安さも魅力だが、淡路島のプリンなどが置いてあるのを見ると「ぐっ」とくる。それから、これはおそらくだが、いろいろなスーパーがイオンの系列または提携関係になっていく中、ここは無関係なのではないだろうか。どこのスーパーに入店してもトップバリュー商品があることに慣れてしまい、こういう店が斬新に思えてくる。

 将来このあたりによい物件が見つかったら、オーケーストアのためだけに引っ越しするのも、ありかもしれない(←おいっ)。

中野区立歴史民俗資料館へ

 江古田(中野区の地名は「えごた」、練馬区の駅名は「えこだ」)にある、歴史民俗資料館へ。期間限定の展示でいつも工夫があり、おひな様の展示時期にも出かけたかったのだが都合が合わず、今回は端午の節句の時期に初訪問。

 出かける前に地図を見ていたら、家から徒歩で出かけられることがわかった。駅では西部新宿線の沼袋駅が近く、新青梅街道沿いなので中野駅や豊島区方向からバスのアクセスもよく、地図を見るまでは「何で出かけようか」と思っていたのだが、距離はわたしたちが普段歩いているものだとわかったのだ。

 家から徒歩で、まずは西部新宿線の野方駅まで。そこから商店街を北上して新青梅街道を東へひたすら歩く。それだけだ。

 大通り沿いなのに静かな場所で、無料なのに人は少なく、庭園の片隅にある山崎家の茶室と書院も特別公開中で、よいことづくしだった。

中野区の歴史民俗資料館 館内

 館内は、写真撮影が可能だった。撮影できないものにはそう書いてあるので、それ以外の場所を撮影。
 歴史民俗というからには、漠然と、江戸や明治以降の展示が最古かと思っていたら、それ以前のものもあった。

中野区立歴史民俗資料館(山崎家の書院と茶室)

 もともとは山崎家という名家の土地を譲り受けた資料館とのこと。ビデオ説明が見られる1階の広い部屋からは、庭園が臨め、その山崎家が貴賓のもてなしに使っていた別館が見られる。5月8日まではその別館も公開され(外側から内部が)見られるとわかったので、さっそく庭にもおじゃました。

 資料館も庭も無料だが、庭は夕方4時まで。

 帰りは沼袋駅まで歩き、西部新宿線で都立家政の駅で下車し、徒歩で帰宅した。帰りの買い物も含めて9500歩の散歩だった。

下落合駅から高田馬場駅まで歩いた

 今日は西武新宿線の下落合駅から、隣の高田馬場駅まで歩いてみた。地下鉄東西線の落合駅と高田馬場駅を歩いたことはあったが(30年くらい前の話)、そちらは早稲田通り沿いをひたすら歩くだけなので道に迷うことはなかった。

 今回は、このためだけに降りた下落合駅から「馬場まで簡単に歩けるルートがない」という事実に衝撃を受けつつ、iPhoneで地図を確認しながら歩いた。だいたい今日になって歩くことを決める直前まで「え、西武新宿線の高田馬場の次って中井駅じゃなかったっけ」というほど下落合に無知で、失礼な人間であった。

 駅前はおとといの中井駅よりも広く、バスも通れるような場所だった。そこからは公園や川、そして民家なのか公共施設なのかわからないが緑がたくさんある場所を縫って歩く。住宅街では細い道にも迷いこみそうになったが、早稲田通りが近くなると、急な上り坂が登場して、何やらテンションが上がった。神楽坂のあたりもそうなのだが、早稲田通りの北側というのは位置的に低くなっていることが多く、今日も「あー、神楽坂みたいだ」と、雰囲気を満喫。

 高田馬場の駅に到着した。

 東京に出てきてすぐに通った学校が馬場と早稲田の中間地点にあり、その後は早稲田で2年ほど学生をしていたため、馬場周辺は思い出深く、懐かしい土地である。ビッグボックス(いまはエミオなのかもしれないが建物にビッグボックスという文字が残っていた)、芳林堂書店があるF1ビル(最近は1階にドンキがはいっている)などをちらちら持て、地下鉄東西線直通の電車でJR高円寺駅に到着。そこからは徒歩で帰宅。

 たまには、降りたことのない駅で下車して歩いてみるのも悪くない。

中井駅→東中野駅まで歩いてみた

 西武新宿線といえば、沼袋駅や新井薬師前駅から散歩がてら中野駅まで歩くことはときおりあるが、中井駅から東中野というのは歩いたことがなかった。初めて歩いてみた。

 中井駅は駅前に大きな広場や商業施設があるわけではなく、こぢんまりとした商店街が南北に延びるだけである。バスが通れる道幅ではないため、多くの人は徒歩2分程度にある都営地下鉄大江戸線の中井駅に移動して乗り換えるか、あるいはほんとうに地元住民が徒歩圏内で利用する駅なのではないだろうかと思う。

 わたしも以前に光が丘に遊びに行きたくて大江戸線の乗り換えに使ったとき以来なので、南にずっと歩くことでいろいろな発見があった。

 まず、くり返しになるが、駅前からの道は「商店が多いがそこらへんの住宅街」規模である。新宿区でこれはすごい。だが道沿いには店だけでなく信用金庫やら郵便局など必要な機能は網羅されている。道が狭いのでゆくゆくは再開発という話も出てくるかと思うが、現在のところ、かなり過ごしやすいのではないだろうか。こぎれいな家やら昔ながらの住宅があれこれ楽しく混在している。

 少し歩くと、早稲田通りにつきあたる。そのあたりは地下鉄東西線の「落合」駅だ。そこから大通りを南下してもよいのだが、あえて住宅街を縫うように進む。そのあたりは中野区である。

 東中野駅の手前で、住宅街から大通りに出た。
 北西側の大通りから駅を見ると「都会」である。駅ビルも整っていて、周辺には大型のスーパーもあり、ああ、多くの人が思い浮かべる都会の姿はきっとこうなのだなと感じる。

 駅ビルの成城石井などを少し見たあと、駅の北側の通りを東方向へ歩いてみた。そちら方向に残る昔ながらの東中野は、ひと昔、いや、ふた昔前の佇まいだ。年季のはいった店も多い。ギャップがかなりおもしろい。
 帰りはJRで高円寺駅に行こうということになり、電車に乗ることにした。そもそもその東側にある駅の入り口からして、のぼる手段は階段のみであること、その階段も洒落っけがなく線路が目の前に見える味気なさで、力いっぱい「こっち側は昭和だよ」と叫んでいるように感じられる。

 高円寺駅で降り、そこから徒歩で帰宅。それにしてもJRは混雑していた。みなさんゴールデンウィークは界隈で遊んでいるのだろうか。行きの西武新宿線はそれほど混雑を感じなかったが、帰りのJRは混んでいた。

 遠出をする予定はないので、こんな風に界隈の散歩をしながら連休を過ごそうと思う。

洗濯機の送風機能

 たしか昨年の終わりころ洗濯機を買った。こうした家電は10年に1回も買うものではないので、ひさしぶりだった。

 今度の洗濯機には脱水が終わったあとに空気を通しながら洗濯物を回転させる機能がついていたので、買った直後から使用後にそれを30分ずつ使っている。脱水するだけよりも、干したときに乾きが早い。

 そのおかげかどうかわからないが、以前に悩まされていた洗濯槽裏のカビが発生しなくなった。以前はどれほどきれいに洗ってすすいでも1ヶ月くらいするとまた掃除しなければならなかったのだが、そのために余分に買ってある過炭酸ナトリウムが減らない。買い置きが何キロもあるが、しばらく補充しなくて済みそうだ。

 これは、洗濯槽の内側に風を送るため外側も水滴が残りにくくなるということなのだろうか。あるいはたんに洗濯機が新しいからまだカビが発生しにくいのか。

 いちおう、カビがなさそうでもこの半年で2回ほど過炭酸ナトリウムを入れて洗濯機を回してみた。いまのところ、ついていないようだ。

=====
 過炭酸ナトリウムは、「酸素系漂白剤」などの名前で売られていて、わたしはキロ単位で買っています。
(参考写真は楽天から)