Archive for 4月 1st, 2019

新元号への率直な思い

 新元号の令和は、冷たい印象がある。無機質で、ぬくもりを感じない。提案者や選んだ人の意図にはあれこれあるのだろうが、現代日本語における率直な連想としては、命令、号令、律令の「令」であり、とても固さのある言葉だ。そしてその […]