Chromeのシェアが高くて困る

 なぜこんなタイトルの話を書いているかというと、先ほど自分の昔の記事を、たまたまChromeで読んでいて驚いたためだ。普段はSafariやFirefoxなどでネットを見ることが多いため、気づかなかったが、自分のブログ内に貼っている自分の画像がChromeでは表示されない場合がある。

 最初はぽかんとした。自分は間違えて消した記憶もないし、普通にSafariやFirefox等のブラウザで見えているので、Chromeでなぜ…と。まったく想定外だった。

 この原因は、わたしが2年前から使っているmikimarulog.meのドメインと、それ以前から使っている本来のロリポップ内URLが、表記に混在していることによる。mikimarulog.meのURLで呼び出した記事の内部でも、古い記事であれば、内部から呼び出す画像URLがSSLに対応していないからと、Chromeが画像をブロックしてしまう(←だが実際には転送指定があって画像もSSL対応なのだが、Chromeはそこまで理解してくれず、呼び出しの “http に s が付いていない” ことを問題視している)。
 ドメイン取得後に書いた新しい記事であれば、記事と画像のドメインが一致しているので、セキュリティ的に問題ではなく、画像も普通に表示するらしい。

 参った。これはかなり気が滅入る。

 わたしはこのブログを10年以上やっているが、8年分の画像URLをすべてChromeのために書き直すつもりはさらさらない。だがChromeは、世の中の6割か7割の人が使っているらしい。

 Chromeでこのブログの古い記事を見に来た人は「画像がぜんぜんないじゃん」と、帰ってしまうかもしれないが、さて、どうしたらいのだろうか。

=====
翌日追加編集: 記事を調べてみたところ、2012年3月ころを境に、Chromeでも見えるものが増えてきた。考えられることはふたつで、そのころのWordPressのサムネイル表示がChromeにとって非推奨なのか、あるいはたんに、古いファイルすぎてあまりアクセスがないためで、呼び出しが増えれば見えるようになるのか…。おそらく前者だろうか?