カントリーマアムっぽい菓子

 数日前のことだが、二番生地を丸めただけで形が悪く仕上がるだろうと考えていたため撮影もせず食べてしまったものの、思いがけず美味なものができた。カントリーマアムっぽい菓子というのはこう作ればいいのかと、食べてから考えた。

 洋梨とアーモンドクリーム(チョコ風味)のタルトを作ったのだが、生地が余った。いつもたいてい忘れて古くしてしまうので、翌日のうちにタルト生地を薄くのばして、余っていたチョコ風味のアーモンドクリームを塗りつけ、ゆったりと折るように重ねてオーブンに入れた。

 焼き上がったものをナイフで適当に切り分けたとき「あ、カントリーマアムっぽい」と。次に食べたくなったら自分で焼けると気づいた。

 わたしはクッキーの道具もけっこう持っているのだが、何種類ものクッキーを少しずつ並べて食べるのが好きなので、自分ではあまり焼かない。1種類だけ大量にできてしまうのが嫌なのだが、かといって何種類も一度に焼くほど集中力がない。
 人によってはクッキーの素(焼く前の状態)を種類別にたくさん作って冷凍しておけば、必要な分だけ解凍して焼き、いろいろな味を楽しめるというご意見もあるようだ。だがその方法は、絞り袋を使うタイプのクッキーには不向きだろう。絞り袋ごと冷凍しておいて一部だけ解凍というわけにもいくまい。

 ひとまず、今回作ったカントリーマアムっぽいものであれば、素を作っておいて冷凍することは可能なので、似たようなものを何種類か作り置きしてみようかと思う。