Netflixのベルギードラマ「警部補ジョアン・ペーテルス」

 邦題が、なにやらダサい。フランス語原題はLa Trêve、英語版はThe Breakで、おそらく「停止、休止」の意味ではないだろうか。
(翌日注: それよりも「休戦」がいいのではとコメントをいただいた)

 さらに、オリジナルのフランス語では、主人公の人名は「ヨアン」であってジョアンではない。字幕で見ればヨアンと呼ばれているし、表示されているスペルもYoann Peetersだ。もしやその人名が英語風になったときJで読まれるということなのだろうが、それにしても奇妙に思う。

 初めてこの作品を見たのは、当ブログの過去記事によれば2020年9月のようだ。2シーズンで計20話だが、休み休み見ていた。

 主人公は都会での任務で問題を起こし(職務上のとっさの判断で、民間人は守ったが警察官が犠牲になった)、奥さんも亡くなり、結果として気持ちを病んでしまったらしく、生まれ故郷の小さな警察署に配属になる。だが人には隠れて強い薬を飲んだりして、けっこう精神が不安定のようだ。
 そこに人種差別が絡んでいるのではと思われる事件が発生。閉鎖的な村で起きた外国人殺害の捜査により、あぶり出される現地の人々の秘密や、入り組んだ人間関係。それらをひとつずつ、荒っぽく大胆に調べる主人公。

 話のあいまに、何度も精神科医との面談が出てくる。話の流れと面談の時系列がよくわからず、都会でのことで精神的にまいってしまった時期のものなのか、それとも別なのかが、わかりにくい。わざと曖昧に描かれるのだろう。第1シーズンも後半になってようやく、主人公は最近のことを何日もかけて精神科医に説明している(それを視聴者は見ている)ということが、わかってくる。

 ようやく話の流れが視聴者と同じ「現在」になったとき、事件は終わる。
 だがそのラストで「この人、やっと立ち直りかけていたけれど、もうだめだな」と、主人公にとってのあまりの結末に、同情を禁じ得ない。

 そして第2シーズン。

 あのラストでは、警察官をつづけられるとはとても思えない(精神面でずたずた)状態だろうと思っていたら、やはり辞めていた。警察にコネはあっても、司法関係(警察学校のような?)で、教師をしている設定になっていたようだが、詳細は描かれていない。

 第1シーズンで自分を担当していた精神科医が、相談にやってくるところから話がはじまる。

 道路建設で山奥の森林を破壊することにはなるが経済的に村が潤うので賛成する推進派、その建設予定地の重要な部分を所有する気ままな初老の婦人、彼女と馬が合うために森林で自由に暮らしている怪しげなグループ(こっそり麻薬なども栽培)など、いろいろな人間がいる。

 そこで殺人事件が起こり、すぐさま、ある若い男が逮捕される。
 その男は最近まで冤罪で9年も刑務所にはいり、出所まもない時期だった。主人公を訪ねてきた精神科医は、その男が冤罪だった可能性について主人公に相談し、冤罪だったのならば、前科者への先入観から警察が彼を逮捕したことを問題視できる、今回の犯罪も無関係として戦う突破口になると考えていた。

 だが、主人公の病みっぷりが、このシーズンも半端ない。

 ところどころ「これは本人が病んでいるので妄想シーンと現実を混ぜているのではないか」と考えるしかないほど、はちゃめちゃな行動をとる。
 前シーズンで亡くなった同僚警察官は、誰もいないとき生きた人間のように普通に話しかけてくる。少しも幽霊っぽくないし、心が乱れた主人公がみずから生んだ幻影とは思えないほど、きっちり意見を言う。

 こんな問題行動をとったら普通はドラマが成り立たないはずだと思うものもあるが、全体の雰囲気や脚本から考えて、このドラマは低レベルとは感じられず——ならばいったいこれはどういうことなのかと、見ながら何度も頭を抱えた。

 最後の最後、第2シーズンの終わりに、第1シーズンで主人公が精神科医に語った言葉が流れる。そこでふと、合点がいった。

 見た人がそれをどう解釈するかは、何通りかあるだろう。

 だが、ひとつわたしが考えついたのは、この人物(主人公)は、話の最初からずっと壊れていて、苦しんでいるということだ。何回も何回も、過去を反芻して、医師に語るように自分のなかで話をくり返してきたのではないかと。
 何度も自分や人に語る話だからこそ、突拍子もないシーンが出る。経験したこと、実際にあったことが元になりつつも、一部は脚色され、歯止めもなく激情のまま行動し、ふと、我に返る。それをくり返しているのでは。

 描かれる世界はもちろんだが、つくづく、主人公の陥った闇の迷路は長く、そして冷たい。