AXNで、70年代のアメリカのドラマを連続放送

 今日、なんとなくつけたままにしていたテレビ(チャンネルはAXN)で、夕方にチャーリーズ・エンジェルを連続でやっていて驚いた。ひと昔前にドリュー・バリモアがプロデュースした映画版ではないし、もちろん最近のクリステン・スチュワート主演版でもない。70年代にジャクリーン・スミスやらシェリル・ラッドが出ていたあれである。

(下記の画像は英語版のWikipediaからリンク)
Charlies Angels cast 1976

 おまけに今日は、最初のシーズンで去ってしまったファラ・フォーセットがゲスト出演している回だった。
 なんとも懐かしいことだ。あの方が、亡くなってしまったというのは、ほんとうに悲しい。

 そして、この放送が終わったら、次はなんと「バイオニック・ジェミー」だという。3シーズンぜんぶ放送だそうだ。録画することにしたが、二カ国語というのは普通に録画してもあとから選べるんだっただろうか。心配で数分ほどチャーリーズ・エンジェルを録画してみたら、どちらの音声でも聞けることがわかった。さらに最近のドラマで文字の放送に対応している作品ならばだが、録画後に字幕も表示できるようだ。

 いつも字幕版の時間を選んで録画していたが、バイオニック・ジェミーは古すぎて字幕があるはずもないから、二カ国語で楽しむことにしよう。

 さらに、ブロード・チャーチの第3シーズンを二カ国語で録画してあるのだが(なぜか第2シーズンを見るチャンスがなくてそのままハードディスクの肥やしにしてある)、いつか見ることができたら、それも英語で見られるし、運がよければ字幕も対応しているかも。

 ああ、よい世の中になったものだ。