Google Documentを使った音声の文字起こし

 すごい体験をしてしまった。正直、驚いた。

 Google Documentを使った文字起こし方法があると聞いていたのだが、その正確さがすごい。期待以上である。

 下準備と手順(わたしはMacユーザなので、事例はMac)
=====
 ○ 音声の入出力を変更し、マイクからではなくファイルからの音声を認識させる → Macでの録画方法
 ○ ブラウザはChromeを使って、Google Documentにアクセス。そして新規ファイルを作成。
(Safariだと音声入力ボタンが出現しないので、Chromeから)
 ○ 新規ファイルを作成したら、ツールの欄から「音声入力」を押す。マイクの絵が出る。
 ○ あらかじめ録音しておいた音声ファイルを、いつでも再生できるように呼び出しておき、スタートボタンを押した直後に、ドキュメントのマイクの絵を押す。
=====

 その方法で、文字起こしをしたのが、わたしが以前に朗読の練習できれいに雑音をとっておいた昔話「瓜子姫子」である。

 そのままの状態が、こちら。
Google Documentで文字起こしテスト 1

 誤変換や聞き取り間違いを、赤で示したのがこちら。このほかは句読点や文字の表記を統一させるだけで、かなり使える。
Google Documentで文字起こしテスト 2

 これで無料というのは、ほんとうに、驚愕の技術だ。
 有料でソフトウェアを開発されている企業も多いとは思うが、現状でこれを見るかぎり、わたしはとりあえずGoogleを使ってしまう可能性が高い。