マイクを買った話

 いま、音声の録音に凝っている。
 マイクが3000円前後で買えるなどと知らなかった人間としては「1年の遅れをこれから取り返すぞ」の気分である。

 以前から何度か書いているかと思うが、去年の4月か5月ころに、童話など著作権切れの話を朗読して、ネットに載せようかと考えた。
 そのとき…

  •  雑音除去の問題で引っかかったこと(音声ファイル形式やソフトの問題、そして音のいいマイクは高いから買えないと思いこんでいたハードの問題ともに)
  •  当時わたしが利用を考えていた音声配信のプラットフォームが、録音のインポート機能なし(つまりその配信サイトのメニューで録音を開始し、生でしゃべったものを簡単な編集をして配信する)だったので「そんなんいくらなんでも無理っしょ〜」と思ったこと
  •  …で、結果として、話が塩漬けになってしまった。

     ところが、つい先日マイクの話をFacebookで書くと、20年以上も前から知り合いの知人が「安いのもあるんだよね」と話をはじめた。安いマイクを比較している動画もあるからYouTube見てみれば、と。
     動画を見て、改めてマイクを検索すると、たしかに3000円台から買えるらしい。しかもWi-Fiのヘッドセットではなくて置き型タイプでも、それくらいからあるのだ。

     そして、マイクが音を一方向から拾うものであれば、多くの問題が解決する。周囲の覆いを以前より強固な段ボールで作れば、雑音除去のソフトについて心配しなくても、なんとかなるような気がしてきた。さらに、最初に考えていたものと別の配信サービスを使えば、作っておいた音声ファイルをそのサイトにインポートできることもわかった。

     すっかりやる気になって、たった半日の検討後、Amazonでポチッ。そして翌日これが家にやってきた。

     到着後、ただ広げてみたところ。これがすべて付属で2980円。
    Amazon限定品のマイク(マランツ)

     組み立ててみたところ。
    Amazon限定品のマイク(マランツ)

     ここには付属していないが、アダプタに接続するイヤホンまたはヘッドフォンは、あったほうがいい。挿す穴の数はその分だけ余裕がある。
     イヤホンは家に余っていたので、ほとんど何も買わずに使用を開始することができた。

     なお、付属のアダプタケーブルは、type-cのパソコンやタブレットにつなげるものなので、それ以外のものにつなげたい場合は、買いに行く必要があるかもしれない。

     数日ほど実験してみて、いまのところ問題なし。音声はクリア。よほどのこと——たとえば家の前を石焼き芋屋でも通らないかぎりは、なんとかなりそうな気がする。ほとんど雑音除去のソフトにもお世話になっていない。

     今回購入したのは…

     Amazonの、この商品。
     なお、よく似た名前で6000円のものもあるので、注意。

     というわけで、現在のところ音声のテスト中である。目指せ、朗読。 

    (それにしても、その知人とはずっといろいろな話をしてきたつもりだが、なぜ20年以上ものあいだ安いマイクの話が出なかったのか、その謎は残る…)