うっかりミスの三段重ね

 そういえば昨日は眠れなかった。うとうとするたびに目が覚めてしまい、合計では数時間しか寝ていないかもしれない。そのせいか、普段通りにしていたつもりでも、いつもより凡ミスが多い日になった。

 たとえば、ファイル名の話。

 画像にファイル名をつけるときには、だいたい「アルファベット数文字 + 日付 + 特徴を示すアルファベット + 数字」としている。

 たとえば「桜の花を2021年3月29日に撮影して編集した5番目のjpgファイル」ならば sakura_2021-03-29_5a.jpg などの名前にすることが多い。

 ただ、ちょっとした用件で使う場合、あるいは同じフォルダの中にそれほど画像ファイルを入れていないときには、混乱も生じにくいため sakura_5a.jpg でもいいのだが、その後にファイルが増えたらたいへんなことになるので、ねんのために長い名前で入れてしまう。
 今日はたまたま、そういった長い名前形式を使って、画像をフォルダに入れていた。

 ところが、それらのうち4枚の画像に問題が。HTMLファイルからきちんと呼び出しているつもりなのに、表示がなされない。うんともすんとも言わないので困ってしまった。

 なぜなんだろうと、目をこらして見ていたが、ようやくわかった。その4枚は透過ファイルだからpngにしたのを忘れて、jpgとして呼び出していたのが原因だ。いつもjpgで保存しているので、HTMLでもついjpgと書いてしまった。

 そこで、4つのファイルを呼び出す際のファイル名をpngに変更した。めでたしめでたしのはずが、またもや、4つとも表示されない。

 そこでまた、じっと見てみた。
 ようやくわかったのが、ファイル名を付けるときになぜか2020.03.29と、1年前の数字で保存していた。HTMLから呼び出すときの名前は2021.03.29になっていた。

 ばかなことをしたものだと、またファイル名を直して、今度こそと思ったが、4つのファイルのうち3つしか表示されない。

 ファイル名の最後で (filename)_4d.png としたつもりが、d4.png になっていたことに気づくまで、数分かかってしまった。

 ここまでわけがわからないことをやると、自分の疲労度が心配になる。疲労ならいいが老化が本人の認識以上に進んでいるのだとすると、困ってしまう。そうでないことを祈りたい。