予想は、たいてい外れる

 わたしは今回の衆院選で、野党に関し…
 ○ 少し共産が伸びて(外れ)
 ○ 国民民主は横ばいまたは減って(外れ)
 ○ 立憲民主は同じくらいで(外れ)
…そして未知数として、れいわがどうなるかといったあたりが、読めずにいた。

 ところが蓋を開けてみれば、まったく想像もしていなかった維新が躍進。大阪など維新と公明ばかりである。いったいどうしたことだろう。もっとも、便宜的に自公以外を野党としているが、維新はある意味で野党ではない。中味は自公に近い。

 大阪や近畿圏の方々は、維新に何を期待しているのか、現在のところわたしには想像すらできていない。

 そして投票率は、もう少し高いのかと思っていた(これも外れ)が、最低だった前回よりも、少し多いくらいにとどまるようだ。まったく、この国の有権者にはあきれる。