このところつづく「好評につき出荷停止」の疑問

 予想を大幅に上回る販売量となりそうなので、出荷を一時とりやめるという商品が、つづいている。業界全体でごくたまにならいいのだが、あまりにつづくと、何やら企業の宣伝に使われているような気がしてならない。

 たとえばこれ、おかしいぞ(^^;?
 東京新聞 2015.04.01 レモンジーナ、売れすぎ販売休止 サントリー「安定供給できない」

 > 年間の販売目標が100万ケースだったが、3月31日から4月1日までに、125万ケース出荷したという。

 …どこがおかしいかというと、サントリーのサイトによると賞味期限は半年なのに、1年間の販売目標が100万ケースだったところを、たった二日の分として125万ケース「納品できる在庫の用意があった」、というところ。

 年間100万ケースということは、賞味期限の半年までに50万ケースの目標だったという解釈で、いいのだろうな? そうすると、75万ケースは「捨て」になってしまった危険性もあるのに、あえて在庫していた、と。ありえん〜?

 つまり、販売目標が100万なんていうのは嘘っぱちか、あるいは東京新聞に伝えるときにサントリーが数字を間違えたのだろう。賞味期限が1年なら、別にいい。1年分の売り上げ目標の分、すでに作ってあったということになるわけだ。

 なんだか、こういう話題は宣伝として流されている気がしてならないのだが、考えすぎだろうか?

投稿者: mikimaru

2021年現在「バウムの書」、「お菓子屋さん応援サイトmikimarche」などのサイト運営に、力を入れています。 かつててのひら怪談というシリーズに参加していたアマチュア物書き、いちおう製菓衛生師の資格を持っています。 バウムクーヘン関連や、昔からの知人には、「ちぇり」もしくは 「ちぇり/mikimaru」を名乗っています。