阿佐ヶ谷のカフェラカム閉店(2018/10/31)

 焼き菓子をときどき買っていた阿佐ヶ谷駅の洋菓子店カフェラカムだが、散歩がてらに駅に出かけて売り場を見たところ、明日で閉店の文字が。そのせいか一部を除いて焼き菓子を安売りしていたのだが、駅の店をたたむだけだろうと思い、いざとなれば本店に寄ればいいのだからと、通過してしまった。

 さきほどホームページを見にいくと、本店ともども閉店らしい。残念 → http://www.vinet.or.jp/~kam/ (終了直後からサイトもアクセス不可)

 洋菓子業界には厳しい事情があるのだろうが、焼き菓子ひとつとっても確かな原材料と見た目の美しさがあり、ときどきではあるが楽しみに買い物していた。

 このブログで書いていたところによると、2012年の1月に、駅ビルにカフェラカムという店があるらしいと聞いて、わたしは買いに行こうとしたらしい → 当ブログ内: 阿佐ヶ谷って
 ところがそのときは阿佐ヶ谷ダイヤ街(現: ビーンズ阿佐ヶ谷)の2階が改装していた。その後まもなく、別の機会に1階で焼き菓子だけ営業していたカフェラカムを見つけて、買い物したのだったと思う。
 2階の改装が終わってからも阿佐ヶ谷の駅ビルは数年おきにリニューアル工事をしている。2階と1階の何割かの区画を止めては改装工事をし、駅ビル全体として考えれば部分営業ばかりをしてきた。それがようやく終わったかと思ったら、先日から改札前の区画(ビーンズぷらす)の店舗大部分を閉じて、春まで工事だそうだ。

 ビーンズ阿佐ヶ谷という名前に名称変更する少し前からの改装工事で、カフェラカムは2階にあったカフェスペース付き店舗を閉じて、1階の隅にショーケースを置いて営業していた。あくまでも臨時売り場の扱いで、ときどき場所を移していたが、やっと定位置に落ち着いたかと思える広めの場所で営業をしていたところ、この夏の豪雨で駅ビルの雨漏りなどがあったらしく、また狭い臨時売り場に移動になっていた。なんだか不運がつづくな、また広い場所にもどれるとよいのにと思っていたところの、閉店案内だった。

 好きだったお店がなくなるのは、残念でたまらない。「阿佐ヶ谷たまご」というひとくちサイズの焼き菓子(2個入りで1パック)があったのだが、あれだけでもどこかで販売をつづけたら、阿佐ヶ谷の人たちには喜ばれるのではないだろうか。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Leave a comment