⌘キーの読み方

 Macのキーボードでは、commandと書かれたキーの上に⌘のマークがある。どうも位置からしてfnキーなどを同時に押したときにその⌘の意味合いになるものと考えていたのだが、そもそも⌘はなんと読むのか。

 検索したところ、これはコマンドキーを表す記号のようである。つまりcommand keyが⌘とイコールらしい。わたしが勝手に「⌘というのはcommand keyとfnキーを一緒に押したときに使える機能だろう」と考えたのは勘違いで、ただ「ここがコマンドキーですよ」という模様であるらしい…あれこれ読んできたが、どうもそういうことのようだ。

 なぜこんなことを考えたかというと、あるソフトウェアで「最近のバージョンでは、コマンドキーとNを押しても新規ファイルが作れなくなりましたね」と作者さんにメールを差し上げたところ、現在でも対応しているはずだとのお返事をいただいたことによる。おかしい、自分だけだろうかと、あれこれ実験のために、コマンドキーと一緒にシフトを推したりシフト+optionを押すなどを試していたら、fnキーと一緒の場合には新規ファイルが作成されることがわかった。その場所に書かれていたのが⌘キーであったため「これはなんと読むのだろう」と思ったのが、きっかけである。

 けっきょく、わたしのキーボードの問題なのか、OSの問題なのか、それはわからなかったが、fnキーを押せば使えることがわかっただけでも収穫だ。

 それにしてもこの文章、音読は困難だ。⌘とcommandとコマンドがすべて読みが一緒ということになる。Macで音読させたらどうなるか、あとでやってみよう。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.