「店内でお召し上がりですか」

 カフェスペースのあるパン屋で買い物をした。だがレジに向かおうとした瞬間に、店員さんが別の用事でカウンターを離れてしまった。その店員Aを目で追うのか、あるいは別の店員BまたはCさんがやってくるまで待つのか、さてどうしようか…とキョロキョロしていると、いったん去ってサイフォンのあたりで何かをしていたAさんと、ガラス越しに目が合った。

 店員Aさんは周囲を見て「自分か、自分しかいないのだな、よしこの客の会計を担当しよう」という面持ちで(そこまで大げさではないが)やってきた。客を待たせたことで少し動揺したのか、わたしのトレイを受けとりながら言った——「店内でお召し上がりですか」、と。

 トレイには厚切り食パン3枚入りの袋と、クロワッサン1個、そして塩豚まんが中にはいったパン(?)のような、詳細は忘れたがそんな名前のもの1個があった。これを店内で珈琲1杯をおともに食べる人は、まずいないことだろう。だがわたしはそう聞かれた。そこで静かに「あ、いいえ、持ち帰ります」と返事した。

 パン売り場は客が少ない時間帯で種類も多く残っており、カフェスペースもいつになく空いていた。たいていは利用客が多く忙しそうな店内だったが、今日はなにやら、のんびりしていて、静かだった。
 せっかくなので珈琲の1杯くらい飲んでもよかったかもしれないが、予定外のことであり、自分だけくつろぐわけにもいかない。また今度ということにしよう。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.