PayPalで支払を受ける場合のメモ

 個人的な用事で、かつ小額であれば、Amazonギフト券Eメールタイプで受けとるのがとても便利だと思っている。だが今後、もし正式な入金として自サイト上での決済を考えた場合、クレジットカードのサービスと契約するのはとても面倒で料金がかかるという印象なので、PayPalではどうだろうと、検索してみた。

 あくまで本日現在の情報だが、PayPalの公式サイトでの説明( → PayPalアカウントの手数料とは何ですか。)によると、PayPalに溜まった金額を指定の銀行口座に移すのに250円(移動が5万円以上であれば無料)、さらに受けとる金額の3.6%と40円の手数料(日本国内の場合)が、かかるらしい。つまり日本国内から5000円の支払いを受けた場合、180+40円で220円の手数料なのだろう。おそらく、クレジットカード決済をどこかの会社と契約するよりは、安いのではないだろうか。

 わたしの場合は自サイト上にリンクを設置してそこからポチッと支払をしてもらう場合について考えているが、実際に対面販売で支払を受ける場合であれば、電子マネーとクレジットカードの多くを網羅する楽天ペイなどのシステムも、候補としてよいかもしれない。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Leave a comment