いつも最後まで残るおせちの種類は

 毎年のことなのだが、必ず最後まで残るものが「松前漬け」だ。数の子と一緒につけておくもので、数の子が高いこともあるし無駄にしてよいはずがないのだが、なぜか毎年「ああ、できたできた」と元日に少し食べて寝かしてしまう。今年は作る量を減らしたが、それでも元日以来ほとんど食べていない。

 ほかのものは順調に減っている。今年はなぜか紅白なますがまだ残っているが、さすがに味が落ちてきた(水っぽくなってきた)ので、そろそろ食べきらねば。例年以上によくできた栗きんとんは、まだ残っているものの、これは砂糖の比率が高いので日持ちするはず。それでも、できるだけ早く食べるとしよう。

 今年は思いのほか伊達巻きが絶品だった。これは直後に食べきってしまった。

 

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Leave a comment