治安がいいとは、思う

 あれこれ変化も生じてきているが、まだ東京でも「意外に無事だった」と思うことがある。たとえば落とし物。以前に荻窪の西友に出かけ、家族が試着室でスマホを置いたまま移動してしまったが、数分後にもどったら、何事もなくその場にあった。ほっとした。

 今日はわたしが帰宅直前にSuicaを落とした。2枚持っているが、今回落としたほうの東京駅100周年記念Suicaは、スマホケースに入れていたのだ。そのケースのポケットが最近ちょっとゆるいとは思っていたが、まさか落としてしまうとは思わなかった。
 気づいたときには帰宅してから30分ほど経っていた可能性があるが、わたしが室内を探しているあいだ、家族が近所を見てきてくれた。すると数分後、住宅街の中でもそこそこ人通りのある家の前に落ちていたと、電話をくれた。
 残高は見た目でわからないまでも、記念Suicaなのでけっこう人目を引くはずだ。それでもその場に落ちたままでいてくれて、ありがたかった。夕方で薄暗かったことも幸いしたのかもしれない。チャージは2000〜3000円くらいしてあったと思われるが、金額よりも、やはり手もとにもどってきてくれて、ほっとした。
 ポケットがゆるくなったスマホケースに入れるのはやめて、名刺入れに移動した。もう1枚のメインのSuicaは財布の中だ。どちらも落とさないように気をつけよう。

 凶悪事件の話をほとんど聞かない界隈だが、20年以上前に、古い知人から電話がかかってきて「よく東京に住めるね、怖そう」と言われたことがある。おそらく地方の方にしてみれば、東京暮らしの印象は、新宿歌舞伎町か浅草か、あるいは郊外の住宅街なのだろう。いずれでもない、それぞれに違う東京がある。
 わたしは東京が好きで、これからもずっと東京にいたい。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.