ZOHO Notebookをインストール

 この1週間くらいだろうか。モバイルとパソコンなど複数の端末からクラウド経由で同期できるメモ系のアプリを探していた。メモする行為は大切で欠かせないものだが、ソフトによってはクラウドを使いたければ月額料金というものもあるようだ。使えるかどうかがわかる前に月額で料金を払う決断はなかなかできるものでなく、まよっているうちに、なぜか無料のソフトNotebookを見つけた。

 広告もなく、利用制限もなさそうで、それなのにタダである。なぜタダなのかと検索したら、きちんと答えまで用意されていた。よほど頻繁に聞かれるのだろう。これを読むかぎりは、ある日いきなり有料化ということは、まずなさそうである。

 まずはWeb版で雰囲気を確かめてからGoogleのIDでログインすることに決め、iPHoneとAndroidにそれぞれアプリをインストールして、やはりGoogleでログインした。どれかで書けばそれほどの時差もなく各端末にデータが複写される。
 文章だけではなく音声ファイルや画像ファイルなど、いろいろなものが記録できてそれが各端末に同期されるので、アクティブに使う場合は容量を補強したほうがいいかもしれないが、わたしは当面のあいだ文章と、せいぜい写真を使う程度だろうと思う。必要に応じてSDカードなどを使うのもいいかもしれない。
(いま手もとのiPhoneを見てみたら、データはiCloud保存になっていた。Androidでは端末保存になっていた。どちらもわたしはとくに指定していないので、それがデフォルトなのだろう)

 これまでも、すでに有料会員であるEvernoteや、Mac / iOSに標準でついてくる「メモ」などを利用しているが、これらはもう自分の中で何に対してどう使うかの用途がきっちり決まってしまっている。
 たとえばEvernoteは、パソコンからならば、ほぼ間違いなくニュース記事のクリップに使用し、そしてiPhoneからは8割以上が食事の写真記録と、残る2割がニュース記事クリップだ。ネット上での自分の書いた物を自動でコピーしてくることにも使っている。それ以外の用途でも新たに使っていくと、今度はそれらを分類してあとから見つけやすくする手順が、必要になってくる。
 そして「メモ」は、出先で見る必要があるが1日もしたら消してしまってよい単発の用件で使うことが多いほか、ときには菓子やパンを作るときに配合をメモしていく(←わたしは見ながら作るのではなく作りながらメモしていって後日の参考にし、それを何度かくり返して作っては、定番の味にする)——そのふたつの用件が多い。

 今回インストールしたNotebookは、思いついたことをただ単に記録していくことを目的としている。すぐには公開しないがいつかは使うかもしれない写真と簡単なメモ、いわば、ひとまずInstagramに載せるほどでもないかなというようなものを溜めるのもよいかと思う。タイムスタンプ管理なので自分で日付などをいちいち書かずにおいても、勝手に日付順に整理してもらえる。ずぼらでも、なんの気負いもなくつづけられるのが、よさそうだ。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Leave a comment