悲しい事件

 埼玉県の病院での事件 → 2019.05.15 朝日新聞 病院トイレで死産の胎児、清掃員が誤って流す

 胎児の心肺停止により入院中であった妊婦さんが、分娩の前に(←すでに死産であっただろうけれども記事には分娩のためとあった)トイレを使用したところ、そこで胎児が死産された。ところが、ご本人が待機していたあいだに、清掃係がトイレの水洗レバーを押してしまった、とのこと。

 これは、ほんとうに、つらい話だ。誰を責められるものでもないが、ご本人にしてみれば、生まれてくるはずだったお子さんが死産だったというだけでなく、思い出も形見もなくなってしまった。どれだけつらいことだろう。

 病院の清掃の方は、普段から一般的ではないもの(血液)などを見慣れてしまっているのかもしれず、とくに事前の注意や指示がなければ、事務的にレバーを引いてしまったのは、無理からぬことだったのかもしれない。

 こんな悲しい事件が、くり返されないことを、祈っている。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.