かつて am/pm にあったフローズン弁当

 フランスから輸入した食品を販売するPicard(ピカール)という店が店舗を増やしていると知って、かつて am/pm にあった、フローズン弁当を思い出した。

 店頭で注文を受けた段階で、コンビニ側が加熱仕上げをして客に渡す弁当(冷凍食品)だった。配送ルートや店舗で適切に冷凍が保たれる前提であるならば、商品は長持ちするため廃棄にまわる危険性も低い、なんともエコな商品だったと思う——それにまつわる電力の消費がエコかどうかはさておいて、だ。廃棄される食品の量が減る意味では、環境に優しかった。

 商品の味はどうしても濃いめになり、顧客層から考えても洋食に向いていたように思うが、なんとかああいうものを増やして、食品廃棄を減らすことはできないのだろうか。

 日本は大量の食品を廃棄している。少しでも減らす努力を、そして1日でも早い実践をしなければならない。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.