夜の音が聞こえる

 何日くらい前からか、詳しくは覚えていない。だがおそらく半月くらいは経つと思う。宵っ張りのわたしが就寝時間(日付が変わって以降)に1階への階段を降りると、玄関近くのどこかから、夜の音が聞こえるようになった。

 なんの音か、その日から毎日ずっと考えている。
 家のどこか…壁の中をさらさらと水が流れる音のような気もするが、蛇口から水漏れはしていない。エアコンをつけている時間帯ならエアコンのパイプを流れる音かという気もするが、涼しくてエアコンを使っていない日にも聞こえる。
 隣家の植木が風にそよいで、葉がこすれる音を立てているのかとも思うが、木々がいつも決まった音を出すような具合に、都合よく風が吹くものだろうか。

 音のかもしだす雰囲気としては、かすかに、スーパーの袋の隅がこすれているような音にも近い。やはりどこからから微風がはいってきて、玄関近くの何かに当たって、音をたてているのかもしれない。

 付近の家が減って更地になり、建て直しなどが進んでいるため、風の流れが変わってきているのは事実だと思うが、就寝が近づいたような時間帯にだけ聞こえてくることが気になる。この界隈は、夜の9時を過ぎたあたりから、たとえば酔っ払いが大声でやってくれば遠くからでもわかるほど静かなのだ。もしや就寝前でなくとも聞こえているのに、わたしの耳があまりそれを認識していないということだろうか。

 この音が何月に気にならなくなるかで、原因がわかるのかもしれない。それまでは考えつづけようと思う。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Leave a comment