人工孵化のウナギ、実用化への道

 朝日新聞によれば、日本の研究室で生まれたシラスウナギを育てて、蒲焼きにするなどの実験が、21日に水産庁などにより発表されたらしい。
 2019.06.21 人工孵化ウナギ実用化「光見えた」 食卓にうな重戻るか

 東京・霞が関の農林水産省内に設けられた会場。関係者らに提供されたうな重には、厚さ1センチ近いかば焼きが載っていた。口当たりは柔らかく、甘みが広がる。くさみや癖もまったくないこのかば焼きは、「おそらく世界初」(水産庁研究指導課の担当者)の一品だという。

 いや、うな重がもどるも何も、誰か遠慮して食べなかった時期など、あるのだろうか。わたしの記憶がたしかなら、コンビニなどでウナギが大量に消費されるようになったのは、ウナギの絶滅を危ぶむ声が聞かれはじめてからである。もし誰かが食べない時期があったとしたら、それは絶滅を危ぶむからよりも国産商品が貴重になり、値段が高くなったからだろう。

 5年くらいみんなで取り決めをして、ウナギを食べるのをやめたらいいのにと、ほんとうに思う。それで多少は人の意識が変われば、その後の消費量は落ちついていくのではないだろうか。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.