シロアリは、蟻ではない

 あまり深く考えたことがなかったが、シロアリと蟻は分類も別で、普通の蟻が白くなったものがシロアリというわけではない。だがやはり、同じ言葉を含むということで、頭の中では似たものとして分類されてしまいがちだ。

 先日の「昆虫の森」で、放置してあった材木のあたりだったか、知人の息子さんが”Termites!”と叫んでいた。わたしはとっさに(白だろうと黒だろうと、あんな感じのものを同じグループと考えて)「アリね〜」と言ってしまった。知人親子は日本語もある程度わかるので、英語で「そうじゃなくて、木とか食べたりするあれ」と、言ってくるが、わたしがなおかつ「シロアリでしょ」と返事。するとまた英語で、蟻じゃないと言う。
 その数秒後、スマホでtermitesを確認したふたりは、「ほんとだ、シロアリっていうんだ」と、納得していたようだった。

 おもしろいと思ったのは、水辺からウシガエルらしきおおきな鳴き声(あれは鳴き声と書いていいのだろうか)が聞こえてきたとき、bullfrogと言っていたこと。ほぼ同時にわたしが「日本語ではウシガエル。牛はcow(雄ならbull)だよ」と話しかけたので、日本語でも英語でも、発想は同じ(牛みたいな鳴き声)ということなんだなと、妙に納得した。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.