当事者の意見を聞くのは、基本中の基本

 不覚にも、教えてもらって初めて気づいたのだが、G20の警備のため、東京の駅の一部で女性トイレからサニタリーボックス(使用済み生理用品を収納する箱)が数日間にわたって消えたらしい。


 
 どう考えてもおかしい。当事者がどう思うか、どう困るかも考えていない。たとえば正式な場に出るため最小限の荷物で晴れ着を着ている人に、使用済み生理用品をどうにかして持ち帰れと? しかもトイレから生理用品入れが撤去されたくらいならば、見渡せる範囲にゴミ箱もない。それを自宅まで持ち帰れと? ばかも休み休み言ってもらいたい。

 物事を決めるときは、当事者の意見を聞け。基本中の基本である。女性活躍のための会議に男性ばかりが出ているのが珍しくもない日本だが、ここまで愚かな決定をする会社があるとは、思っていなかった。

 来年のオリンピックをもしほんとうにやるならば、片っ端から市民の意見を聞いて吸いあげ、ひとつひとつの方針を再確認すべきだ。
 正直なところ、来年のオリンピック期間中は近所のスーパーに行く程度にして、家から出ないことも考えている。ろくなことがありそうにない。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.