日本人客お断りのラーメン店(沖縄)

 わざわざリンクを張るまでもないかと思うので、ご関心のある方は「日本人客お断りのラーメン店」で検索していただければ幸いである。

 沖縄だそうだが、8席しかないラーメン店に、1席余分にとったり、貼り紙をしておいても幼児連れでやってきたり(当然のこと席が幼児で塞がれても売り上げには結びつかない)、店が注意しても威圧的に言い返す客がいて、アルバイトがいなくなってしまった店があるのだそうだ。店主は自分ひとりになったのを機に、7月から3ヶ月間「日本人客お断り」の方針にしたそうである。10月からのことはまだ決めていないらしい。

 この件の大きな問題は、国籍による乱暴な制限はもちろんだが、日本人で存在したであろう現地の常連さんを、切ってしまったことである。沖縄といえど、客は旅行者ばかりではないはずだ。おそらくそれまで複数回は通っていた現地の客もいたはずで、それらの方々は、腹を立てたに違いない。

 客は現在のところ激減で、1日に2組しか来なかった日もあるのだそうだ。

 なんとか、よい道を見つけてもらいたい。さらに言うならば、国籍による制限は、時代の流れに大きく逆行している。
 

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.