クレジットカード支払で暗証番号を入力

 中野のカルディで、2100円前後の支払でカードを出したら暗証番号を入力してくれと言われた。あぁ、そういえばカルディは、新宿などの店舗でも、小額でサインさせるものだったか…? つい最近ICチップのカードに交換になったばかりなので、サインではなく暗証番号と言われたのかもしれない。
 あまりびっくりしたので、4桁の番号を入れたあと「実行」というボタンを押すのを知らずに待っていたら「お客様、実行を押してください」と声がかかった(笑)。けっこう恥ずかしい。

 クレジットカードでの支払はどういう仕組みなのか、わからないことがある。たとえば同じスーパーで同じような金額を使っても、サインをさせられたりそのまま通過してよい場合があると聞いた。どこの店がそうかの具体例を書くことはしないが、1軒そういう店を確実に知っている。レジの機種に差があるのかもしれないし、係員の主義なのかもしれないし、あるいはもしや、購入内容が惣菜か、酒がはいっているかなどで分けているのだろうか。何度か見聞きしていて、いまだに謎である。

 今後はICチップのクレジットカードも増えると思われるが、いきなり暗証番号と言われてドキドキするあまりに、打ち間違いをしたらたいへんだ。少なくとも銀行のカードでは、ATMで数回連続で間違えると係員が飛んでくるらしい。いったん取り上げられるらしいと聞いたことがある。クレジットカードは何回まで大丈夫なのかわからないが、間違わないに越したことはない。

 外国から日本に旅行に来る人も増えているが、みなさん暗証番号は大丈夫なのだろうか。外国でカードを取り上げられるのは、あまりにも衝撃的だ。もっとも外国にいる場合には身分証明(パスポート)を肌身離さず持っている場合も多いだろうから、誤解もすぐ解けると信じたい。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.