新明解国語辞典(アプリ)

 iPhoneアプリとして日本語辞書を買った。新明解か三国(三省堂国語辞典)かを迷っていたが、ファミリー共有で一緒に使える家族が「新明解がいい」と言ったことと、わたし自身も「新明解には音声ファイルがはいっているらしい」という情報を得ていたので、そちらを選ぶことに。

 さっそくインストール。
 動作も軽く、さくさくと快適である。単語の読み上げ音も、たしかに出ている。新しすぎる表現は載っていないような気がするが、それはいつか新語に強いと評判の三省堂国語辞典を買うことがあったら、比較してみるとしよう。

 さて、数年前から使っているファミリー共有については、ちょっと勉強になった。Mac OS(デスクトップ)のApp Storeでは自分のカードを登録しているが、iOSのApp StoreとiTunesでは、もしやわたしはカードを登録していなかったらしい。辞書を買おうとしたらカード番号はこれでよいかと、家族のカードで確認が出た。AppleとApp Store/iTunesは、別会社という扱いで、どちらにもカードを入れておけということか…。

(翌日追記: 最下部に追加)

 たしかに、iOSのApp Storeで無料アプリを落とし、そこからアプリ内課金をした記憶はあるが、それはだいぶ前のことだ。あれはファミリー共有の設定をする前の話だったのかもしれない。

 クラウドの容量追加で自分のカードから料金を払っているのだから、そのために入れているカード番号がiOS用のApp Storeでも使われているのかと思っていた。だが今回の支払をしようとしたところ「ファミリー共有なので、最低でも1枚のカード情報を」と、家族のカードが表示されてしまった。面倒なので今回はそのまま払ってもらった(←悪人)。

 あれこれ考えたが、Mac OSで使うApp Storeや、iPhoneのクラウド増量の料金は、Appleに対して登録してあるカードで、iOS用には別に登録しておかなければいけなかったということなのか…?? 同じApp Storeでも、Mac OSとiOSで、運営会社が別だということなのか。Mac関連で使っているIDはひとつしかないと思うのだが、もしやパソコン用とiOS用で別のIDを使っている——なんてことが、あるはずないな。うぅむ。よくわからない。

 ともあれ、共有設定をした人のアカウントからしかクレジットカードを追加できないようなので、次回のために自分のカードも、入力してもらった。これで次回からはどちらのカードから払うかが選べることになるのだろう。

===
翌日追記:
 やはり、この数年の確認できる範囲では、わたしはどちらのApp Storeにおいても、ダウンロード時に料金がかかるようなものを注文していないようだった。それ以前については、思い出せない。

 月々のクラウド容量追加料金だが…これは家族のほうに請求がいっているらしい。最初からそうだったのだろうか…。
 なにやら政治家の答弁のようなことになってきた。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Leave a comment