ハプスブルク展、10月に上野で

 ハプスブルク家に関しては、何冊の本を読んだかわからないほどだ。だが最近よく読んだものを忘れるので、あれほどの量を読んでも少ししか頭にはいっていないのだが——。
 その大好きなハプスブルク家の展覧会が、上野で開かれるということで、前売りを買っておいた。https://habsburg2019.jp/

 13世紀のハプスブルク家は、家柄としてはさほど目立たない存在だった。いまで言う「名ばかり管理職」と書いては失礼かもしれないが、誰がローマ王(神聖ローマ帝国の君主)がいいだろうという話になったとき、お鉢がまわってきたらしい。周囲はもしかしたら、その後は話し合いで持ち回りをしながらローマ王を決めていけると思っていたのかもしれないが、そうはならなかった。ハプスブルク家は子供たちを積極的な婚姻外交のため諸国に送り出し、またたくまに力を付けていった。そして19世紀までの約600年間にわたり、ヨーロッパで権勢を誇った。

 逸話としてだけでなく、絵画や建築物、食文化など、ハプスブルク家の繁栄の中で生まれ、引き継がれてきたものは数多い。

 ちなみにこの絵画の作者ベラスケスはとっくにお亡くなりなので、著作権が切れている画像がネットでよく検索できる。幼少から少女時代まで数多くの絵画に登場している「マルガリータ・テレサ・デ・エスパーニャ」さんである。Wikigalleryからダウンロードした。

少女時代の「マルガリータ・テレサ・デ・エスパーニャ」 by ベラスケス

 いつも美術館では、展示の最後に位置している土産コーナーをほとんど見ないが、こればかりは、きっと何か買ってしまいそうな予感がある。10月が楽しみだ。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.