「だがね」と言えば

 名古屋のお菓子屋さんがTwitterに「ビスキュイ ダガネ」と名づけた商品の写真を載せていた。もしかして名古屋でそういう方言があるのかもしれないが、「だがね」は足利の言葉であって、それはわたしとしては譲れないので「関東にも、だがね地方はあります」とコメントを差し上げておいた。

 だがねといえば、普通は足利だがね? 他の場所でもいうんかいね?

 最近、考えながらでないと、高校生まで過ごした土地の言葉が出てこない。田舎の母と電話をするときは自然に出てくるのだが、もはやほかの誰とも付き合いがないので、母との月数回の通話だけでは忘れるばかりだ。
 もう足利弁の話が出るときには常連の、有名な「〜り」などは、考えながら使ったとしても、わざとらしくなってしまう。説明の事例で適切なものが出てこない。

 語彙や表現だけでなく、普段のちょっとしたイントネーションが(ひとつの単語のどこに強弱があったかも含めて)、あのころといまは違っていると思うことがある。ただ、比較元の言葉について記憶が薄れているので、どこまで正確にそれを説明できるかはわからないが——最近ちょっと日本語のイントネーションについて考える機会が増えているので、いつかもう少しまとまった文章を書きたいと思っている。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.