大型台風でつらいのは、雨よりも風よりも…

 夜の11時近くまで、風の音が激しかったように思う。正確に書けば夜10時過ぎから1時間半ほどうたた寝をしたので、何時まで音が大きかったのかはわからないが。

 大型台風でつらいのは、雨より、風より、わたしの場合は湿気と閉塞感だった。窓が開けられないこと、家の南側は1階も2階も雨戸を使っていたことで昼間から室内が暗かったこと、そしてエアコンの除湿を早朝からずっとかけていたことでの、かすかな体調不良。

 昼前に北関東の親が「風が強いね」と電話をしてきたときには、雨が多い程度で風を感じておらず、実感がなかった。都内の知人らのコメントをSNSで見ていても、湾岸か多摩川近くにお住まいの人は午前からかなり雨風が強いと書かれていたし、海抜ゼロメートル地帯の方々が避難所に移動しているらしいという話も早い時間帯からあったが、新宿、中野、杉並などの範囲で考えれば、深刻度は低かったように思う。

 夜の8時半ころから「ああ、風が強い、音が大きい」と感じたが、今回はその2時間くらいを耐えただけで、大きな恐怖はなかった。早朝から深夜までの閉塞感で体調を崩しかけ、最後のほうは、もしかしたら気分の問題もあったのか、もう少しで蕁麻疹も出そうな予感があったが、仮眠をとったことで持ち直したように思う。

 明日の朝になったら、雨戸を開けて庭を見てみよう。とにかく、窓を開けたい。
 それにしても、サイズも規模も大きな台風だった。いまは福島や宮城にあるのだろうか。早く温帯低気圧になってもらいたいと、心から思う。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.