iPhoneの音声入力で、カスタマイズ

 わたしはつねに「私」ではなく「わたし」を使う。だからiPhoneの音声入力で、自分の発音した「わたし」を勝手に「私」にされたあげくに範囲指定して変換し直しする候補に「わたくし」しか出してもらえないというのは、iPhoneからのちょっとした仕打ちである。その部分をすべて手で打ち直しになって、非常に困る。

 状況によっては、音声入力における「わたし」の出現回数は半端ない。そのたびに、手で打ち直す。範囲指定しても変換候補が「わたくし」だけとは、勝手に漢字に変換しておいて失礼ではないか…と、騒いでみても仕方ない。今日はさすがに対策をすることにした。

 目的は、音声入力で「わたし」が「私」にされてしまったあと、カーソルを当てて再変換する候補に「わたし」が出ることである。本当は最初から漢字に変換しないでほしいのだが、それはおそらく無理かもしれない。日本語話者の大多数が、わたしとは違って漢字の私を使っている。だからわたしは目標をひとつ下げて「再変換の候補に平仮名が出るようにする」と決め、辞書登録を試みた。

iPhoneの音声入力で、辞書を鍛える

 辞書登録の方法。
 iPhoneで「メモ」などの文章作成アプリを立ち上げ、音声入力をする。「わたし」が「私」に変換されるので、そこにカーソルを当てて範囲指定し、メニューから「ユーザ辞書」を選んで、「私」の読みを「わたし」に登録。
 その後、音声入力で「わたし」と言っては「私」にされる状態をくり返しつつ、カーソルを当てて再変換を試みることを重ねるうち、何度目かに、ひらがなの「わたし」が候補に出てくるようになる。1回や2回やっただけではなかなか出てこないが、急いでいれば本体をリセットするのもいいだろうし、急いでいなければときどきこの作業をくり返すことで、iPhoneが平仮名に馴染んでくるようだ。ようやく「私」の出てくるところで「わたし」と変換候補を出してくれるようになった。

 これからも、他の文字で気になるものは、根気よく辞書登録していくことにしよう。

 ちなみに、読み上げのときに音声が読みを間違える(または専門的には別の読み方がある)ような場合には、この方法を使うのではなく、設定の「アクセシビリティ」の中にある「読み上げコンテンツ」から「読みかた」を選んで辞書登録をするとよいかもしれない。
 今回の問題については、おそらく上記のユーザ辞書のほうのみで対応できると思われる。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Leave a comment