長崎市の私道封鎖問題

 ご高齢の住人も多いであろうに、どうしてこんな風に話がこじれてしまったのだろう。もう封鎖から1か月くらいになるそうだ。

 西日本新聞 2019.10.04 業者が私道封鎖、通行料要求 住民側は差し止め申請 長崎市の住宅団地

 いくつかの記事を読んだかぎりでは…
○ 複数の私道(まとめると700mくらいある)は、50年ほど前から100軒程度の家が利用してきた。それらの多くは持ち家であり、ご高齢の方がお住まいなので車の利用は必須。
○ 私道の持ち主が代わり、最近になって管理をするようになった不動産会社が、最初は市に道を寄贈して使ってもらおうかと考えた。
○ どうも市は、その道の状態では市の道としては受けとれないので、基準に合うように改修してから寄贈してほしいと言ったらしい(←マジかっ ^^;?)
○ 管理会社、ムッとしてしまった模様
○ 住民たちに料金負担をしてもらおうとするが、住民たちも寝耳に水で、折り合いが付かず
○ 管理会社、私道を封鎖(住民たちは家の近くまでタクシーを呼ぶことや自宅の車が使えなくなり、私道の外まで徒歩で移動しているらしい)
○ 市が、補助金の制度を使って道を補修し、それから寄贈してはどうかと提案(←マジかっ ^^;?)
○ 業者、やはりへそを曲げたまま…

…これ、市がもうちょっと柔軟に対応すべきだろう。杓子定規な対応ばかりしていないで、住民たちのことを第一に考えるべきだ。問題の解決に頭をかかえるのは、その後でいい。

 住民のみなさんがお気の毒である。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.