芸能人に不祥事があると配信サービスが賑わう

 沢尻エリカの逮捕以降、Netflixなどでかつての出演作がおすすめによく表示される。2年前に小出恵介が話題になったときにも、「仁はもう見られなくなるのか」と書いたら、すぐさま「いまAmazon Primeで絶賛配信中」と、知人からコメントをいただいた。

 地上波などのテレビ番組としては、誰からどんな意見がくるかわからないから、スポンサーも敬遠してしまうのだろうが、NetflixやAmazonなど、会費を払っている人が見ればよい場所では、作品自体に何か大きな問題や不手際でもないかぎりは、関係がないのだろうと思われる。
 テレビでも度胸を出して放送してみたら、意外に数字はとれるのではないだろうか。もっとも、苦情などの対応で人件費がかかるかもしれないが。

 これまでいくつかの作品で、登場人物に不自然なぼかしや黒塗りがはいった状態でレンタルされているものがあると噂に聞いているが、それは作品に対する冒涜だ。共演者やスタッフ、監督にとっては、せっかく世に出したものを汚されているようなもので、耐えられないことだろう。断り書きをした上でレンタルなり放送をすればよいだけのことと思う。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Leave a comment