ペシャワール会の中村哲氏

 あまりにも残念すぎる。長年アフガニスタン(それ以前はパキスタン)で医療や用水路の普及に尽力されてきた医師の中村哲氏が、凶弾に倒れた。待ち伏せされたとのことで、身辺警護ほかスタッフの同乗者もお亡くなりに。

 20年以上前になるが、ペシャワール会に賛同していた間接的な知人から、リーフレットをいただいた。小額でもよいので寄付を頼めないかとのことだった。寄付に協力したのかどうかは思い出せないが、それ以来ずっと、ペシャワール会のことは気になっていた。

 現地に災いをなしに出かけたわけでもなく、むしろその逆で、たいへん貴重な活動をされていた方である。

 残念でならない。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Leave a comment