オーストラリアの森林火災で

 数日前から、日本語のサイトを経由して義援金を送れるものが見つかったらシェアしようと検索しているのだが、オーストラリアの団体や赤十字が設置している英語サイトしか見当たらない。これだけ長期間に渡るもので、沈静化の見込みが立っていないことから、諸外国の提携団体等にも窓口を設けてオーストラリアに送金できるようにしたほうが、早く資金が集まると思うのだが…。オーストラリア側で何か事情や方針があるのだろうか。

 日本では天災で被災した地域をふるさと納税で応援する際、ほかの自治体が手続きを代行して被災地の自治体の負担にならないように支援することがたびたびある。オーストラリアもその方式で諸外国に提携窓口を設けてくれたら、気軽に支援できる人が増えるはずだ。
 説明を読みながら英語でクレジットカード番号を入力するのは不安という人も多いことだろう。

 それにしても、オーストラリアでは各地で気温が40℃を超えているとか。なんとか、手伝える手段はないのだろうか。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Leave a comment