めまいを起こしそうになる模様

 以前から人に話しているし、このブログでも書いたことがあるかもしれないが、最近よく、めまいを起こしそうになる。実際に起こすわけではないのだが、目の前にある床の模様などで、錯視のようなものを起こしやすい。よろけそうになる寸前で踏みとどまるのだが、新蔵によくない。

 今日は、その事例の写真が撮れたので、載せてみることにした。
(同じような体質の人は、あまり拡大して見ない方がよろしいかと思う)

ある部屋の壁(錯視に注意)

 今日はある場所でこれが壁に貼られていた。防音なのか防湿なのか用途は不明だが、壁の上半分にこれが広範囲に張りめぐらされており、わたしはその手前で人と話をしていて視線を壁に移した途端、くらっと。

 こういったものが目の前に現れる回数が増えたわけではないのだろうから、以前より、自分の耐性がなくなっているということかもしれない。視力は子供時代にずっとよかったので現在も裸眼で通しているが、たしか左右どちらかの視力は、下がってきている。次に眼科に出かける際に、めがねが必要かどうか相談したほうがいいだろうか。ちょうど行く用事があるのだが…。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Leave a comment