よほどの有名人でもないかぎり

 いつも慣れている場所にばかりいてはいけないと、FacebookやTwitterだけでなく、いくつかのサイトを覗きに出かけて、たまにはコメントをしたり、自分でもちょっとしたことを書いてみることがある。

 そのときにつくづく感じるのは「よほどの有名人でもないかぎり、自分の内面や幼少時の思い出などを書いてばかりでは、たまたま読んだ人はどう接したらいいのかわからない」という点だ。
 それを書いているのが著名人で、読み手がその人の作品に触れたことがある場合には「へえ、作風と違うことを書くんだなぁ」と、余分なところまで掘り下げて読んでくれるかもしれない。だが一般人がつらつらと文章を書いたとき、その個人的なことの割合が全体のどれくらいを占めるかで、人になかなか読んでもらえないことすらある。

 これは自分が知人らが見ていてくれるFacebookでもたまに感じることで「あ、これ、人が引いたかも」と思う瞬間がある。だがそれと同じようなことを、投稿サイトでせっせと(日記などのジャンルとして)書いている人を見つけると、おそらく書きたいことを書いているだけなのだろうが、それにしてもこれではあまり読まれないだろうなと、残念に感じる場合がある。

 誰にも読まれなくてかまわない、日記なのだからほうっておいてという考えも、もちろんあるだろう。だが誰でも見られる場所に、後悔して書いているのだから、やはり読み手がほしいのではないだろうか。

 まず「近寄りがたい雰囲気」を薄くするために、あまり内面に踏みこんだことを書かず(もちろんそれが日記形式ではなくフィクションとして描かれているのならばよいが)、まずは読み手をリラックスさせることからはじめるといいのではないか。

 もっとも、わたしはいつもこのmikimarulogではぶっきらぼうな文体にしているので、わたしがそれを書いてもあまり説得力はないのだが。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.