「推し」という単語

 インターネットはほんとうに勉強になる。新しい言葉を見ていて「これってこういう意味だろうか」と検索をかけるのが楽しい。

 先週くらいにやっとわかってきたのが「推し」。推しのコンサートとか、推しが出る芝居、推しのライブチケット、という具合に使う。ひと昔前の表現をするなら「自分にとってイチオシの○○」である。○○には役者などの仕事や立場を表す単語がはいる。

 何ヶ月か前にわかったのが「草」。笑えるという意味だ。短い文章のあとに「ほんと、草」などと使う。語源は笑いを意味する w を並べる www と、草が生えているようだから。

 方言なのか年代差なのかがわからない表現があって、そういうものを調べるのも楽しい。

 たぶん方言だと思うが、わたしの田舎で親世代が使っていた言葉。「ちったぁ、みしみな」…さて、意味がおわかりだろうか。
 

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.