この時期の通院

 ほぼ2ヶ月に1回ほど、通院している。採血し、そのデータを見ながら医師が確認し、いつもの薬と同じでよいかどうかの判断ののち、処方箋が出る。だいたい5分の診察だが、検査の結果が出るまで院内にいてからの診察なので、だいたい1時間半くらいは、中にいることになる。

 4月の前半の予約がはいっているのだが、これをどうしようかと迷っている。実は最近の状況により、毎回同じような薬をもらっている人ならば、医師との電話相談で診察の代用ができる仕組みが認められたのだそうだ。電話で話し、状況に変化ないとわかれば、処方箋を薬局にFAXしてもらえるという。わたしはおそらくそれに該当する。同じような薬を何年も処方してもらっているし、血も毎回ほとんど変化ない。

 そしてその電話相談の場合は、後日に病院に出かけたときに支払いをすればいいのだという。

 これは安心という気もするのだが、もしこの状況があと何週間、あるいは何ヶ月もつづくのであれば、話は違ってくるかもしれない。
 いまのうちならば病院が空いているとのことで、あまり待たずに処方をしてもらえるかもしれない。だが今後の何週間かで、もし一般病院でも新型コロナの相談や検査ができるように方針変更があったら、病院はどこも混雑する。そして、感染リスクも(4月前半の場合よりは)高まるかと思う。

 いちおう、たまには血の検査をしてもらったほうが安心な気もするし、何回も連続して薬だけもらうわけにはいかない。う〜む、4月前半の予約をどうするか、だ。迷うぞ。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Leave a comment