夜間もエアコンを切らない設定にした

 暑い時期もエアコンや扇風機を就寝後の1時間程度つけておいて、明け方に寝苦しいと感じればふたたびスイッチを入れるようにする日が多かったが、今年に関していえば、二日ほど前からエアコンをつけたまま寝ることにした。おかげで夜中に目覚めることがほとんどなくなった。

 以前にも夏のほんとうに暑い数日間ではそうすることもあったが、今年の場合は7月いっぱいまで気温があまり高くなく、梅雨明けが遅れてじめじめしてはいたものの、高温ではない日が多かった。ところが梅雨明けしてすぐ、とくにこの数日といえば、気温の落差が大きくて体が持たない。

 ベランダの遮光ネットもエアコンの室外機の周辺のみ、小さなネットを買い足して補強した。室外機の周囲が暑いと異音に近い「うぃんうぃん」という機械音がすることがあり、今日の昼間は驚いたものだったが、日差しが移動すると音が消えたので、小さな遮光ネットを100円ショップまで買い足しに行ったのだ。明日以降は大丈夫であると信じたい。この時期にエアコンの不調というのは考えたくもないし、電器屋さんにしてもお盆に暑いベランダでの修理など、たいへんなことだろう。

 この夏も、なんとか、乗り切りたい。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Leave a comment