ニュージーランドとアイルランドの共通点

 共通点!? …名前にランドが付いていること?(ぶっぶーっ)

 実は、どちらも蛇がいないのだそうだ。もちろん動物園や爬虫類園というものがあればそこにはいるだろうが、野生には存在しないとのこと。

 アイルランドは以前に聞いて知っていたが、今回はニュージーランドもそうだったと知り、理由は気温だけではないのだと気づいた。

 ではなぜ蛇の話を書いているのかというと、先ほど家のどこかでカサカサと音がした。気温が高すぎるとゴキは出ないので、おそらく何らかの虫か、あるいはエアコンの風で、あたりに積んでいるものが動いたのだろうか。

 そして、ゴキについて考えたとき、パリのアパートに出るゴキは日本人のように死に物狂いでたたく人が少ないせいかのんびりしているという話や、北海道にはいないらしいというのを思い出したのだ。もっとも本州から引っ越しした人の場合は荷物にまぎれて新居にゴキも移動という説もあるようだが、おそらく気温のせいで長生きできないのかもしれない。

 気温が35℃くらいあるような時期には、あれは出ない。だが9月や10月になったら、出てくる可能性がある。気をつけておかねば。

 おっと、タイトルの外国話から、だいぶ乖離してしまった。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Leave a comment