記憶の風化とは恐ろしいもので

 昼過ぎだったかFacebookでのこと。載せた人にとってはあたりまえすぎる内容だったのだろうが、ご自身の言葉もほとんど添えられていない状態(おそらく「忘れない」という言葉があったのみ)で、外国の都市の画像が流れてきた。ニューヨークかなと、ちらりと考えた。

 そのときわたしは、一瞬とはいえ「いったい何の画像だろう」と思ってしまった。

 そうだ。あの「きゅーいちいち」、米国での同時多発テロである。2001年に発生で、あれから19年になる。それをわたしは「何の写真だろう」と考えてしまったのだ。Wikipedia: アメリカ同時多発テロ事件

 あの事件から、いろいろなことが変わった。アメリカ人の行動様式や考え方を含め、流れが変わった。そして残念ながら、世の争いや、家を失う人々は増えた。

 忘れるべきでないことが、世の中にはあるはずだ。
 このところいろいろと注意力が散漫になってきているとはいえ、それにしても今日は、自分に対して驚いた。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Leave a comment