不織布マスクは口が渇く?

 近所を歩くときは洗える薄いマスクをすることが多い。
 ただ研究結果などによれば、風邪などを含めて体調不良の人が誰かに会う場合、不織布マスクのほうが周囲に対し安全(飛ぶ飛沫が少ない)と聞いていることもあり、より接触時間が長い相手がいる場所では、不織布マスクを選ぶことがある。

 金曜日は自分が主催したバウムクーヘンの集まりだった。SHARPの不織布マスクで出かけた。帰り道で口の周囲に固まりかけた粘液のようなものを感じ、驚いた。歩きながらなので自分の顔は見ていないが、「もしやバリバリにひび割れているのでは」と思うほどの乾燥だった。そこで自販機で買った飲み物を少し飲んだ。

 そして今日、火曜日午前は病院だった。院内で検査のあいだはマスク着用と言われていたため、ふたたびSHARPマスクで出かけた。検査台に横になっていた時間と、ふらつかないよう休憩してから帰宅とされた待機時間(両方を合わせて1時間弱)で、口の中がほんとうにつらかった。誰かを呼び止めて「口に水をスプレーして」と叫びたいほど、バリバリに乾いていた。

 検査後に使う更衣室に洗面台が併設されていて、わたしより先に帰宅になった人が、かなり長いこと水を使っていた。ああ、うがいしているんだな、わたしだけではないんだなと、実感。

 人と長時間会うことをしてこなかったので、いつも洗えるマスクを使っていた。不織布でなくても時間が長ければ同じ結果になるのかは、わからない。

 今後こうした機会があったら、スプレーできるミニボトルに水を入れて持ち歩こうかと、真面目に考えている。

投稿者: mikimaru

2021年現在「バウムの書」、「お菓子屋さん応援サイトmikimarche」などのサイト運営に、力を入れています。 かつててのひら怪談というシリーズに参加していたアマチュア物書き、いちおう製菓衛生師の資格を持っています。 バウムクーヘン関連や、昔からの知人には、「ちぇり」もしくは 「ちぇり/mikimaru」を名乗っています。