墨と米が、なぜ「め」なのか

 ややこしいタイトルになってしまったが、墨西哥(めきしこ)の墨が「め」であることと、亜米利加(あめりか)の米が「め」であることの謎を考えてみた。考えたり調べたりしながら書いてみたのだが、最後のほうで、不完全ながらもいちおう結論にたどり着いた。

 まずは、調べていたリンクの順序を追って、書いてみる。

 亜米利加も、19世紀中頃までの日本では墨西哥と同じく墨を使い、亜墨利加と書くことが一般的だったようだ( → 国際基督教大学レポジトリ内、1999年 アメリカの漢字表記「米国」の成立をめぐって)。その後、米の字の使用例が増えていくという。

 大きなファイルなので、ここで冒頭のみ読んでから、ほかの検索も開始。以下はその経緯。

 こちらのサイト(レファレンス協同データベース https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000014416)にも、使いはじめた年代はわかるが語源はわからないとある。

 いや、しかし、墨も米も、そもそも「め」の音が、あったのだろうか。
 メートルや平米などには現在も米が使われていて、これも音から由来の「め」なのだろうと推測するが、手近な辞書やオンライン解説を読んだでは、墨にも米にも「め」の読みはなかった。意味としての米国を紹介するものはあったが、それは「意味」であり、きっかけになったはずの「音」ではない。

(参考: goo 辞書 – 日本漢字検定協会 漢字ペディア「」、「」)

 日常生活に深く根ざした漢字であるのに、使われ出したきっかけがよくわからないのは、不思議である……

 あっ…
 待てよ!?

 どうやら墨西哥(メキシコ)は、中国語でそのままの漢字を使うようだ。つまり音ではなくて漢字で輸入したということなのか。では、「米」もそうなのか…!?

 …と思ったのだが、中国語では米は「ミ」らしい。広東語では「マイ」だが、ほかの中国語でも、多くが「ミ」のようだ。

 ちなみに現在の中国語では、米国はメイクォ(美国)である。それについても「なんでよりによって美国なんだろ」というのは、やはり話題になるらしい。英語で検索してみたところ、 medium.com に記事があった → 2015.01.20 Why do Chinese translate America as “The Beautiful Country?”

 …これをあとで読んで、今日は終わりにしようか…と思ったら、この文章の後半に日本での「米国」のヒントが!?

 魏源(ぎげん Wei Yuan)や、徐継畬(じょけいよ Xú Jìyú)の書が、ペリー来航のころ、すでに日本で出まわっていたため、亜米利加が使われるようになった、との表現を発見。

 これを拝見したかぎりでは、当時の人が「米」を「め」と日本語で読んでいたのではなく、中国の書籍からはいってきた、と考えるのが、自然のようだ。

 ここであらためて、冒頭に紹介した国際基督教大学レポジトリのPDFファイルにもどり、「魏源」で検索をかけてみた。すると、魏源の著した「海国図志」について解説があった。

 毎度のことだが、長い資料をぜんぶ読まずにとっつきやすいところだけ読んだのちネットを検索しに出かけ、最後に同じ資料をふたたび読むところが、いかにもズボラなわたしらしい行動である——。とりあえず、黒船以降に「亜米利加」の使用例が増えたのは、魏源の影響と考えてよさそうだ。

 それにしてもこのPDFファイルは、まだ半分も残っている。読み終えていない。だが自分の目的「いつから日本ではコメが使われているか」は、上記の「海国図志」について書かれた場所からまもなくの位置にあったので、それを紹介して今日はひとまず終わりにしよう。

 ジョン万次郎のことと思われるが、漂流民から聞きとったアメリカの事情をまとめた記録が、「憂天生」という人物の手により残されているという。そこには現在の「米」に相当する言葉を使った、米人や米英という言葉が多く記されているそうだ。

 この記録や、海国図志の影響で「米」の字の使用が広まり、一般的になっていった、と考えてよさそうだ。また発見があった場合には、追加編集をさせていただこう。

投稿者: mikimaru

2021年現在「バウムの書」、「お菓子屋さん応援サイトmikimarche」などのサイト運営に、力を入れています。 かつててのひら怪談というシリーズに参加していたアマチュア物書き、いちおう製菓衛生師の資格を持っています。 バウムクーヘン関連や、昔からの知人には、「ちぇり」もしくは 「ちぇり/mikimaru」を名乗っています。

コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください